http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 原発安全神話で、法整備もこれから・・・・・
FC2ブログ

原発安全神話で、法整備もこれから・・・・・ 

首相 原発廃炉で新法検討
2011年6月18日 朝刊

 菅直人首相は十七日の参院東日本大震災復興特別委員会で、東京電力福島第一原発事故に関し、事故を起こした原子炉を廃炉とする処理について、国や関係機関の責任や権限などを定める新法制定の検討作業に入ったことを明らかにした。

 首相は「廃炉までは何年単位となり、費用も相当額になる。最後まで責任ある態勢で処理するには、今の法体系では将来に責任を持てないのではないか」と指摘。「第一原発の処理に関する特別な法体系が必要か検討を始めた」と述べた。

 原子炉等規制法や経済産業省令など現行の原子力法制には、事故を起こした場合の廃炉規定がなく、処理を進められない可能性が指摘されていた。

 首相は、福島県内の小中学校などで校庭の表土が汚染されている問題についても「必要な立法措置を検討中だ」と述べた。


日本では原発は絶対に事故を起こさないものと決めて掛かっていた為に、
地震などの時の安全対策費を節約し、事故の時の為のロボットを開発する努力も一切やらず、
したがって、事故後の原子炉を廃炉処理するについての法律もできていなかったということらしい。

原発は事故が起きたら処置なしであるという事を、原子炉を作って運営している人達が、一番良く知っていたはずである。
原発を動かしている者達が「どんな時にも安全なように、あらゆる対策を講じ設備を用意する。」という事に精を出す代わりに、
「絶対安全だから何も用意する必要はない。」という、「安全神話」で対処する、超安上がりな方法を採用してしまったのが、今回の事故の主な原因なのではないだろうか。

不安要因を想定して注意してくる科学者の意見を、心配しすぎと無視して行ったのも、
そんな事をいちいち気にしていたら、お金が掛かって仕方ないからであった。
株式会社と言うものは、株主の為に利益を上げるのが一番大事な命題である。
利益を上げる為には、安全対策費を始末するしか方法がなかったら、安全対策を疎かにしてでも、目先の利潤を上げる。

もし原発を運営するに付いて、総て公序良俗に従っていたら、とても利益が上がる代物ではない。
原発内での作業は、放射能を気にして働かねばならないから、大抵の者は嫌がって原発作業員になろうとはしない。
だから原発作業員を集める為に、暴力団の手を借りる事になった。
暴力団は原発作業員に支給されるはずの給与のピンはねを黙認してやったら、喜んでよく協力してくれる。
原発作業員になる者を探し出して連れてきてくれるだけでなく、被爆して体に異常が出た作業員には、彼等お得意の脅しで、黙らせる役目も引き受けてくれる。
いつしか電力会社と暴力団とは切っても切れない関係になって行った。
暴力団の為にも、今更原発を止めることなど出来ない。

その他マスコミを味方につけなかったら、どんなぼろが出るか分からないこの業種、危なくてやっていけない。
原発作業員が放射線で病気になったと言って裁判を起こしたりしたら、その裁判費用が掛かるし、
危険な原発をさし止めてくれと、地域住民に裁判を起こされることもある。
そんな時絶対に敗訴しない為には、裁判官への配慮も必要になってくる。
とにかくこんな危険な物を運営して行くには、お金が掛かって仕方がないのだ。
だから安全対策費にまでお金を掛けていたら、利潤を上げる事等とても出来はしない。
だから仕方なくコストカッターを社長にして、当面使う事のない非常時用の設備や人員は、極力始末していったというわけだ。

福島に原発事故が起きたからと言って、他の原発がこれまでより危険になったと言うわけではない。
定期検査を終えた原発を、これ迄通りに運営して行って、何が悪いのだろう?
これ迄50年近く全然大丈夫だったではないか。
たった一回福島で事故が起きたからといって、原発を止めることなど馬鹿げている。
これから50年は又安全神話が成り立つに決まっていると言うのに・・・・・
これから50年近く経った時、今度は事故が起きる前に、気をつけたらよいだけではないか。

というのが電力会社の考え方なのだろうか。
もしここで脱原発を国是にしなかったら、10年後には福島の事故の事などすっかり忘れて、又いい加減な運営をしていくに違いない。
玄海の35年も経った原発を安全だから運転再開しろと、反対する佐賀県知事に迫っている業界や経産省なのだから、福島の原発事故など全然反省材料になっているとは思えない。
原発が地震による振動で壊れる危険性などないかのごとく、津波対策さえしたら、
馬鹿な国民を騙せると踏んで、馬鹿の一つ覚えの様に、津波対策の事しか問題にしていない経産省やマスコミを見たら、
「福島の事故を教訓に・・・・」等と言われても、どうして信頼する事ができるだろう。

こんな国で原発など、絶対に容認してはならないと思う。
彼等原発推進勢力の資金源を断つために、電源三法の廃止を、菅総理には是非やって貰いたいものである。

いる(ill)?電源三法

きる(kill)! 電源三法

昨日電源三法廃止を求めるバナーを、事故の福島原発の映像の上に、上記の文字を入れて作ってみた。
文字を赤色にしたくても、そのやり方もわからず、サイズもなかなか思うようにならず、四苦八苦した。
何が書いてあるか見えずらい物になってしまったけれど、一応ブログに載せる事にした。
早くどこかで、素敵なバナーを作ってくださると良いのだけれど・・・・・

Comments

もんじゅの維持費は1日5500万円

もんじゅ 落下装置、23日にも引き抜き 福井
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110618/fki11061802510001-n1.htm

日本原子力研究開発機構は、高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)で
原子炉容器内に落下したままになっている
燃料交換用の炉内中継装置本体を23日にも引き抜く方針を固めた。

炉内中継装置は直径46センチ、長さ12メートル、
重さ3・3トンの円筒形。中央が直径約40センチの空洞になっており、
燃料交換の際に空洞を燃料棒が通る仕組み。
昨年8月に落下し、接合部が変形したため引き抜けない状態が続いている。

原子力機構は当日、専用器具を使って装置と原子炉容器上ぶたの一部
「スリーブ」(重さ3・6トン)ごと引き抜く計画。
引き抜き後順調に作業が進めば今秋にも復旧し、
今年度中に40%出力試験を行う考え。

関係者によると、週明けにじゃばら式の専用器具を設置。
23日午前9時ごろには、本体引き抜き作業に着手する。
全体の作業終了は深夜になるという。
当日は経済産業省原子力安全・保安院が立ち入り検査を行う。


新幹線見送りなら「もんじゅ」監視強化…福井県
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101223-OYT1T00266.htm

福井県知事は北陸新幹線延長と引き換えにもんじゅを容認するそうです。
困った福井県知事ですね。

みちのく 様

コメント有難うございます。
経産省はこの時期に、もんじゅの再開を模索しているのですか!

もんじゅから琵琶湖までの距離は、40~50キロしかないのではないでしょうか。
経産省はどうしてそこまでやるのでしょうね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/949-e3fd3ce2

原発事故対策より総会対策を優先する東京電力

風知草『株価より汚染防止だ』 山田孝男毎日専門編集委員   そろそろ原発以外の話題をとり上げたらどうかと心配してくださる向きもあるが、そうもいかない。福島原発震災は収束どころか、拡大の兆しが見える。この大事と無関係に政局を展望することはできない。 京大...
  • [2011/06/21 10:24]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

ソフト・エネルギー・パス(1)

 前回に続けて、30年以上前の本の紹介で申し訳ありません。この本も翻訳物ですが版を重ねた名著です。塾頭は当時石油会社に勤めていた関係でこれらの本に関心を持ち、前

メルトスルー(原子炉貫通) しても日本の原発は「安全」

『吉本新喜劇風の海江田万里、管直人』 6月18日海江田万里経済産業相(62)は福島第一原子力発電所の深刻な事故がまったく終息する見込みが無い今の日本国の現状で、シビアアクシデント(過酷事故)に備えた電力会社の安全対策は『適切に実施されている』と評価。...
  • [2011/06/20 09:16]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

風の歌を聴け 村上春樹の言葉を聴け

僕は、村上春樹の好い読者ではない。 両村上なら、断然、龍のほうを贔屓していた。 「69」こそが、僕の青春小説だった。それが今じゃ、 新自由主義の旗振りだもんな。あいたたたたた。 村上春樹では何が好き?そんな質問には、 そりゃ何たってソニー・クリスのLP ...

お政府様には、「税金で国民のために仕事をしている」という発想がないみたい。

   これはやはり記録しておくべき言葉です。日本の高級官僚や与党筋・自民党系政党の政治家が、国民や政治をどう思っているかという考えが垣間見られるのですから。今年の流行語大賞の受賞候補の一つにし...
  • [2011/06/18 23:40]
  • URL |
  • 村野瀬玲奈の秘書課広報室 |
  • TOP ▲