http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium イラクの不穏な動き
FC2ブログ

イラクの不穏な動き 

武装勢力が州庁舎襲撃 イラク中部、8人死亡
2011年6月14日 19時20分
 【カイロ共同】中東の衛星テレビ、アルジャジーラなどによると、イラク中部ディヤラ州の州庁舎付近で14日、爆弾を積んだ自動車2台が爆発、さらに2人が自爆し、武装集団が庁舎に押し入った。州治安当局者らによると少なくとも8人が死亡、17人が負傷した。

 武装集団は職員らを人質に取り、庁舎から外部の市民に向けても攻撃したが治安部隊などが応戦、州当局者は襲撃は鎮圧されたと語った。武装集団側の3人が死亡したという。国際テロ組織アルカイダ系武装勢力の犯行とみられる。

 イラクでは、首都バグダッドの中央省庁を標的にした大規模テロなどが減少する一方、民間警備会社によると、小規模なテロは増加の傾向が続いている。今年末には駐留米軍の全面撤退が予定されており、治安維持に懸念も出ている。

 ディヤラ州はイスラム教スンニ派武装勢力の活動が活発な地域。

 北部サラハディン州でも3月、アルカイダ系武装勢力が州評議会を襲撃、58人が死亡した。


イラクの事が又報道されるようになってきた。
イラクでは、首都バグダッドの中央省庁を標的にした大規模テロなどが減少する一方、民間警備会社によると、小規模なテロは増加の傾向が続いているそうであるが、これまでは余りニュースに上げられていなかったように感じる。
田中宇さんの「米軍撤退を前にイラク人を怒らせる」の中に、下記の文章が見られた。
米国のイラク訪問議員団を率いるロラバッチャー下院議員(共和党)が、イラク首相との会談とその後の記者会見で「イラクは(米軍の侵攻によって独裁者サダムフセインを倒してもらい、自国民がやれなかった民主化を米国にしてもらったのだから)米軍のイラク戦争の費用の一部をイラク政府が負担すべきだ」と発言した。
イラクを民主化するためと称して、0年間に渉って爆撃を続けられ、大勢の人々を殺され、と伝統ある町並みを焼かれ続けた国民が、
「民主化してもらったお礼に、戦費の一部を負担したい。」と、自国の代表がアメリカの議員に言ったのを聞いたら、大抵の者は怒り心頭に発したことだろう。

又、マスコミに載らない海外記事の「ワシントンの終わりなき戦争」には次の記述がある。
木曜日の、上院指名承認公聴会で、退任するペンタゴンの長、国防長官ロバート・ゲーツを引き継ぐよう、オバマによって選ばれたCIA長官レオン・パネッタは、撤退期限の2011年12月31日以後、ワシントンが、何万人ものアメリカ軍兵士を、イラクの国内で、維持するよう、イラク政権が間もなく要求するという“あらゆる確信”があると述べた。新しいペンタゴンの長(CIA長官レオン・パネッタ)は、イラク人を怒らせてイラク政府に米軍に居続けてくれと言わせる段取りをしたので、「何万人ものアメリカ軍兵士を、イラクの国内で維持するよう、イラク政権が間もなく要求する」と確信がおありになるのだろう。

そしてそれを世界の人に知らせるために、イラクでの自爆テロ事件を報道したと言う事か。

「今年末には駐留米軍の全面撤退が予定されており、治安維持に懸念も出ている。」
のではなく、そういう懸念材料をCIAは用意したから、予定通りそうなっているという事なのだろう。





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/946-bde12fb4

アメリカはイラクから完全撤退する必要がある

Adil E. Shamoo and Bonnie Bricker 2011年6月13日 The Progressive オバマ大統領が約束した通り、今年の末までに、アメリカ合州国が、47,000人の兵士をイラクから撤退させるなどと期待せぬように。 ロバート・ゲーツ国防長官は、他のオバマ政権幹部と同様、軍隊をイラク国内
  • [2011/06/16 20:20]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲