Dendrodium 狂犬病ポチが始めた、国家威信のための原子力政策

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂犬病ポチが始めた、国家威信のための原子力政策 

ある方に奨められて「原発と日本の未来」(吉岡斉著)と言う小冊子を読む機会を得た。
この本は福島原発事故が起きる直前の2月に第1刷が出されたものであるから、原発について一応反対しない立場で書かれている。
尚吉岡斉氏は内閣原子力専門委員や経済産業省総合資源エネルギー調査臨時委員などを歴任された、現職の九州大学副学長である。
岩波書店から発行されている事から見ても、異端の書という種類のものではないだろう。
前置きが長くなったけれど、この本を読んで私はこれ迄、全然知らなかったことを色々知ることが出来た。

日本の原子力政策は、国策民営であり、費用対効果や機会費用において採算が取れないのにやってきている。
その為には国の強力な支援と保護が約束されて、原発は推進されてきている。
MOX燃料採用について、私はMOX燃料は安価だから、電力会社が使いたがっているのかと思っていた。
しかし普通のウラン燃料一体当たりの価格が1億円であるのに対して、MOX燃料は5~10億円となり、その上再処理コストを加味したら、MOX燃料のコストは、ウラン燃料コストの10~20倍となるのだそうである。

それなのにどうしてごり押しして迄MOX燃料を推進するのか不思議な話であるが、
それには深いわけがあった。
それは六ヶ所再処理工場を続けるためである。
再処理工場を続ける為には、プルトニュームの消費計画を示さねばならない事になっており、その国際公約を果たす為に、日本は高価なMOX燃料を、わざわざフランスから輸入してまで使っているのである。

では何故そんなに迄して、六カ所処理工場を続けていたいのかと言うと、
それは機微核技術(軍事転用の観点から危険な技術)を開発利用する権益を日本が保持し続ける為であった。
機微核技術の開発利用する権利を守る為には、例え形だけでも再処理工場を試運転(だけでも)し続ける必要があるのだそうである。
これは六カ所ウラン濃縮工場や、高速増殖炉もんじゅを続けるのも同様の理由であるらしい。

核兵器保有国以外で、ウラン濃縮、再処理、高速増殖炉などの機微核技術を保有しているのは日本だけであり、それらの技術はひとたび手放せば、再取得は極めて困難なものである。
と言うわけで、
どうしても機微核技術を手放したくなくて日本は、プルサーマル計画を立てたのだった。
巨費を投じて六ヶ所村に核燃料再処理工場を作り、危険と知りつつMOX燃料を使うと言うのも、その為であるらしい。

つまり日本が核爆弾を創る能力を保持していたいがために、プルサーマル計画は立てられ、
最終的に何十兆円になるか分からないくらいに、鰻上りに膨らむコストをものともせずに、
プルサーマル計画は推進し続けられているのである。
又、六ヶ所再処理工場を破綻させたら、使用済み核燃料を青森県に持って行く大義名分がなくなってしまうため、
現在青森県に置いてある使用済み核燃料は元の原子力発電所に戻されるし、
各原子力発電所に貯めてある使用済み核燃料は、貯蔵プールが満杯になった時点で、
原発の運転を停止せねばならなくなってしまうという切実な理由もある。
と言うわけで、成功のめども立たない六カ所再処理工場は、
莫大な予算がつぎ込まれ続けていると言うわけである。

原発は他の発電方法より安価であると言うのは真っ赤な嘘で、民間に自由にさせていたら、
原発などやりたがる電力会社は有り得ないような、採算に合う筈もない代物なのである。
それを何とか採用させる為に、政府は電力会社に様々な支援をしているのである。
だから経団連会長が、事故の賠償費用は、国が持つべきであると言う根拠も、無きにしも非ずなのである。原発は国がそれを電力会社に約束して、始めさせた事業であったのだから。

誰一人幸せにする見込みもないどころか、今回の事故で世界中を危険に曝すことが、明白になった地震国日本の原発を、これからも推進していく理由は何処にもないだろう。
「国家安全保障のための原子力」と言うのが大義名分であるそうだが、
核兵器を大量に持っていてもソ連は破綻し、アメリカは財政破綻寸前である。
今や米ロ両国は、1万個近い数になった核兵器をもてあまして、核軍縮の相談をやっている時代である。

独断専横の暴君が、国際的にも国内的にも行き詰って、にっちもさっちもいかなくなった時、
自暴自棄になって使うのでなかったら、
敵を襲うつもりの核兵器でも、放射能汚染は地球全体に流れていくものだから、
友好国や自国も、放射能汚染の巻き添えとなる事が予測される核兵器など、
使う機会は有り得ないだろう。
特に核兵器が国民を守る為に使われる事など、絶対にないと思う。

そんなものを作る技術を保持する為に、日本はこの50年以上、
住民の反対を押し切って、危険極まりない原発を造り続けてきていたのだった。
福島原発の事故は、天災の側面もあるが、充分な安全確保の為の用意をしていたら、
あそこまで酷い事故にはならなかったと言う意味で、東電の責任は重大である。
しかし安全管理について、厳しい事が言えない事情が、政府の方にもあったのは確かである。

こんな原子力行政の姿勢を、改めないままで原発を続けていたら、いつか又福島原発で起きたのと似通った事故が、起きる可能性は非常に高いと思われる。
世界の国土面積に占める割合は、たったの約0.25%に過ぎないのに、現在世界中で発生している地震のうち、マグニチュード6以上のクラスの 地震の約20.8%が、日本で起きているそうである。
そんな日本に原発を造るからには、並大抵の安全管理では足りないはずなのに、
通産省の安全検査は常に及び腰で、事故隠しや安全設備の不備も見逃し続けてきていた。
この体質を変えないまま、原発を続ける事は、国家の安全保障どころか、
放射能汚染で国の実質有効面積を減らす元となってしまうだろう。

「国家安全保障のための原子力」の公理と言うのは、日本は核武装を差し控えるが、核武装の為の技術的・産業的な潜在力を保持する方針を取り、それを日本の安全保障政策の主要な一環とするということである。
それによって日本の安全保障の基本に据えるアメリカと日本の軍事的同盟の安定性が担保されると言うわけである。

そして日本が先進的な核技術・核産業を持つと言う事が国家威信の源泉であると考える。
いわば「原子力は国家なり」と言う考えから、原発に拘り続けてきたというのが、
原発推進派の真意であったのだろう。

いわばボス犬アメリカに狂犬病をうつされたポチ達が、
世界中が噛み合いになった時、遅れを採らない為に用意してきたのが、機微核技術の維持であった。
国民は何も知らされないままにである。
マスコミは知っていても、国民には何も知らせない。
マスコミ口封じには、莫大な予算が原発計画の中に組み込まれているから。

福島原発の事故を契機にこの様な不健康な計画から、日本は脱却するべきなのではないだろうか?
普通の日本の犬の狂犬病は撲滅されたと聞く。
又日本人一般の狂犬病質も、殆んど消えていると思われる。
だからアメリカ由来の狂犬病から、日本は一日も早く脱却するべきだろう。
狂犬病の犬など、まともな犬ではないのだから・・・・・

Comments

全く、日本の為政者の無責任、無能ぶりに言葉を失います。
人間失格者が、1億2000人の命を預かるということの意味も知らずに、好き勝手している。
ライブドアブログ「オホーツクの詩季」の方に転載させていただきますのでよろしく。

tukisayaka様

コメント有難うございます。
通産省は恐るべき事を、国民に知らせないままに、強行してきていたのですね。

この記事を転載してくださるとの事、光栄です。

やはりそうでしたか

原発と核戦略は一体のもの。原発の輸出は甘いオマケというわけですね。未来を変えられるかもしれないマスターキーは、やはり「脱原発」でした。

志村建世様

コメント有難うございます。
ここまで国民を危険な目に曝して、何の安全保障と言えるでしょう。
絶対に原発から足を洗う政策に変更してもらわなければ、
国民は税金の無駄遣いをされた上に、原発事故で生活の手段を奪われる危険に、常に曝されていなければならないのですから、堪ったものではないですよね。

省庁幹部クラスと自認する手合いと関係する者たちは一種のレイシストであろう。国内外のこの者たちの行為の癖を考えれば同様のものがみうけられる。

匿名様

コメント有難うございます。
レイシストと言うか、利己主義者というか・・・・
自分達の既得権益に執着して、
社会がどうなるかについて、殆んど配慮できない人たちが、
長年日本を動かしてきていたような気がしますね。

日本丸は地獄に向かって航行していると言う事に、全然気が付かないのか、
気が付いても無視しているのか。
日本丸の船長や部下達は、既得権益を守る事に汲々として、
船が何処に向かっているのか、考える気もないようです。
船の向きを変えなかったら、船長も含めて船上の者全員が、地獄行きだというのに・・・・・

長年これでやってきて、大丈夫だったのだから、これからもこのやり方で大丈夫だと、彼らは高をくくっているのでしょう。
地獄はもうそこまで、迫ってきているというのに・・・・・

本当に酷い日本の霞ヶ関省庁

素晴らしい内容ですので、引用やトラックバックをさせて頂ければと考えております。

私もこの原発問題で目が覚めた一人です。

起きた事により感じる事は違うかと思いますが、私は、政財官学報の癒着構造により、原発の危険さを隠されたまま使わされていた事にむしろ怒りを感じております。

ネットを使いながら根本的な癒着構造を分析し、メディアや政府、東電を批判し続けています。

■政財官学報の癒着構造のまとめ
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51825608.html

東電の問題は、もちろんそうですが、それ以上に官僚の害悪に対して嫌悪感を持っています。
その為、天下り状況を纏めたりもしております。

■天下りと関連予算のまとめ
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51827460.html

■薬害エイズ問題でも責任を問われずに天下りを続ける官僚
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51827536.html

■天下り天国度と幸せ度のまとめ
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51833901.html

■今、日本国民が出来る事
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51829747.html

政治家や東電は、官僚の害悪に対して、もしかしたら都合の良い隠れ蓑かもしれません。

もっとも最悪な事態とは、これだけの事故でも行政/東電/各産業界/メディアの癒着構造が変わらない事だと思います。今がメディア/国民が社会構造を変えるチャンスだと思います。

是非、お互いに協力し合えればと考えております。

そふたん様

コメント有難うございます。
記事の内容が目を引くものになれたのは、この本の著者のお陰です。
ですから、引用でも何でもご自由になさって、広めていただけたら嬉しいです。
もう年寄りですので、貴方のような方の、ご期待に沿えるかどうか自信はないのですが、どうかよろしくお願い申し上げます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
お褒めいただき恐縮です。
利用いただける記事がありましたら、ご利用いただいて結構ですし、嬉しいです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/895-d029191a

クルチャトフ研究所ベリホフ所長:日本には福島原発の正確な情報がない

2011年4月25日 写真:ロイター 日本人は、東京の放射能レベルのデータは報道するが、福島については報じない。雑誌?イトーギ?のインタビューで、国立研究センター ?クルチャトフ研究所?所長、エフゲニー・ヴェリホフが、これについて語っている。?明かに、日本人自身にす
  • [2011/04/27 15:42]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

「脱・原子力ニッポン!」を(4)

 「鉄は国家なり」、そういうキャッチフレーズがあったかどうかわかりませんが、卑弥呼の時代がそうだった。朝鮮の慶州のあたりで競って掘り出し、日本に移入して矢じりや

「つながろうフクシマ!さようなら原発講演会」吉岡斉氏講演「なぜ脱原発なのか」

1. なぜ脱原発なのか (1)絶対に起こってはならない超過酷事故が、実際に起こった。超過酷事故は巨大で修復不可能の損害をもたらす。まさに人道上発生させてはならない損害である。原
  • [2013/03/13 12:17]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

「コゲパン」君のから騒ぎ

お盆で猛暑なので街は死んでいるしブログを訪れる客も今週は極端に減った。それでも訪れる人がいる限りやはり応えていかねばならないだろう。政治も一時休戦状態であるが地方議員 ...
  • [2013/08/14 16:09]
  • URL |
  • 黄泉の国から |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。