Dendrodium 米巡航ミサイル「トマホーク」110発がリビアを攻撃

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米巡航ミサイル「トマホーク」110発がリビアを攻撃 

米英仏軍がリビアに対地攻撃、カダフィ大佐は国民に抗戦呼び掛け
2011年 03月 20日 10:23 JST 19日 ロイター] 
米英仏各国は19日、国連安全保障理事会決議を受けて、リビアのカダフィ政権による市民への攻撃を阻止するため、同国政府軍への攻撃を開始した。
 攻撃は、まずフランス軍機がリビア東部の反体制派の拠点都市ベンガジで、政府軍の戦車や軍用車両数台を攻撃、破壊した。

 その数時間後には、米英両国の戦艦と潜水艦が首都トリポリや西部のミスラタ周辺に向けて巡航ミサイル「トマホーク」110発を発射したと、米軍当局が発表した。

 米軍によると、作戦は「オデッセイの夜明け」と名付けられ、英国、フランス、カナダ、イタリアと合同で展開しているという。

 攻撃を受けて、カダフィ大佐は「リビアの独立と統一、尊厳を守るため、今こそ国民は武装する必要がある」という音声メッセージを国営テレビで放送した。


東北地方太平洋沖地震での、未曾有の大震災のニュースで気も転倒していて、
リビアのこともカダフィーのこともすっかり忘れてしまっているうちに、事態は急展開していた。
米国 英国、フランス、カナダ、イタリアが連合国としてリビア攻撃をはじめたそうである。
彼らはリビアのカダフィ政権による市民への攻撃を阻止するためと言っているそうであるが、
アフガニスタンやイラクの住民を、10年間に渉って、無差別に殺戮し続けてきたアメリカが、
リビア市民の災難が気の毒で見ていられないから、彼らを助けるだけのために軍を動かしているとはとても思えないが・・・・・


Comments

停戦を反古にしたのは誰?

カダフィ大佐、停戦表明後にベンガジ空爆
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20110319-00000039-kyodo_sp-spo.html

カダフィは安保理決議後すぐに、
表面上は停戦を表明したということは武力介入はない、
あってもその前にケリを付けられると思ってたのでしょう。

日本の震災に欧米各国の注目が集まっていたのも
彼の目には絶好のチャンスと写ったのじゃないですか?

日本の震災もヨーロッパ各国にとっては所詮、
極東の些事に過ぎない訳で愁眉の急なのはリビア情勢です。

これでカダフィも他国の意図を読み間違えて
武力行使を招いた国家指導者の列に加わったというわけです…

PHYSALIS 様

コメント有難うございます。
全く、世界中多事多難ですね。

 ヨーロッパ諸国は昔からアジア、南北アメリカ、アフリカを侵略し植民地とし原住民、奴隷を使ったプランテーション、地下資源の窃盗等でマルクスの言ったプリミティブ アキュムレィション(原初的資本の蓄積)を行い産業革命の基礎産業地盤を築いたのです。此れはマルクスの“資本論”で明確に説明され政治的信条に関係なく欧州の行ったプリミティブ アキュムレィション(原初的資本の蓄積)を否定する経済学者や歴史家はいないのです。
-------説明は長くなりましたが欧米の支配を嫌うアフリカは例えばアメリカのモンサントとビルゲイツによる遺伝子組み換え作物の受け入れを頑固に拒否し続けていてアメリカでは色々なイカサマ研究団体や財団がアフリカを遺伝子組み換え農作物の一大生産地、消費地に変えようとしています。又自然、地下資源の支配を巡り暗闘は続いているようですからカダフィの不運はアフリカに侵略の拠点を再構築する欧米にとっての最高のチャンスなのでしょう。
 アメリカは長い間米軍アフリカ司令部の基地をアフリカ諸国の何処かに建設したい様ですが受け入れを許可する国が無く、仕方が無くドイツのシュツッツガルト(2008年の情報)に置いているようです。
 カダフィを殺しておいて(サダムフセインの様に)平和維持軍だと言ってリビアに長期駐屯(占領)良いチャンスだと思いませんか?
アフリカ司令部:http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-40.html

ejnews 様

コメント有難うございます。
>カダフィを殺しておいて(サダムフセインの様に)平和維持軍だと言ってリビアに長期駐屯(占領)良いチャンス
と捉えてアメリカや欧州勢は、今回打って出たと言うことなのですね。

ところでこんな記事を見かけたのですが本当のことでしょうか?
ソマリアの海賊として起訴されている11人が、今日、米国の法定に爆弾を落とした。 彼らの全ての海賊行為は、金融の巨人ゴールドマン・サックスを補助するものだった、というのだ。以下略
http://ameblo.jp/omonaotto/entry-10521701121.html

ソマリアの海賊はゴールドマンサックスの子会社と言う記事は2010年4月~5月頃の裁判のニュースですが其の後此のニュースについてはインターネットにでていないので未だ裁判の途中か其れとも海賊の出鱈目だったのか今の所私には分りません。
 然し本当だとしてもゴールドマンサックスは有罪にはならないし裁判で訴えられる事もないでしょう。ゴールドマンサックスが陰の米政府の一部ですから。
 又此の事について新しい情報でも見かければ連絡します。

我が身可愛さ

仏軍、カダフィ派部隊の攻撃
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110320/k10014789951000.html

仏機が攻撃開始 カダフィ政権側軍事車両狙い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000011-mai-int

リビア上空の飛行禁止区域設定を履行する作戦にノルウェー、デンマークも参加へ
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011031900456

いつのまにかNHKの呼び方も リビア政府軍→カダフィ派部隊 になっている。

EU諸国に共通しているのは難民問題。特に英仏は労働力確保の為に
長く移民、難民の受け入れに積極的だったけど彼らの多くは他国では
単純労働者にしかなれないから、収入は不安定だったり安かったりで
政府に不満を持つし、同時に自国民からも働き場を奪われた!!
と不満をもたれるしで、どちら側も暴動・デモの類を起こすから社会不安の大元。

だから、最近はEU諸国も難民・移民を制限しているし、
数年前であれば人種差別だと騒がれていたであろう
難民・移民や関係政策への批判も普通に聞かれるようになりました。

とくにフランスは大統領選挙が近い、今人気トップが
難民排斥主義の極右で有名で大統領選の決勝選に
残った事もあるルペンの娘だから再選したいサルコジにとっては
大量の難民を生みかねないリビアはほっとけない突き刺さった棘な訳で…

所詮、どこの国も我が身可愛さのエゴイズムでしか動きません。
しかしそれは「悪」ではありません。

ejnews 様

お返事有難うございました。
海賊の件は1年近く前の話だったのですね。
最近知ったものですから、ニュースかと思って・・・・・
お手間を取って済みませんでした。

PHYSALIS 様

>どこの国も我が身可愛さのエゴイズムでしか動きません。
しかしそれは「悪」ではありません。

それを善であると言いくるめる勢力があり、
それに簡単に騙される人々があることが問題なのですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/860-b3b940eb

 米英仏がリビア空爆、死者48人

反政府勢力側が政府側同様に武力を求めた時から新たな不幸が始まっています。 どのような大義名分があろうとも相手がどのような悪でも殺したり苦しめては 欲した結果が得られた時、また新たに苦しむことになります。 先ずは誰も殺さないこと、そして、苦しめないこと。 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。