Dendrodium 初めてではなかった福島原発メルトダウン危機

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてではなかった福島原発メルトダウン危機 

あわやメルトダウン、福島第一原発2号機電源喪失水位低下
( 風のたよりーいわき市議会議員 佐藤かずよしブログ 2010年 06月 19日)
今日19日から、東京電力は福島第一原発3号機の定期検査に入り、9月23日までの間に、安全審査の想定外のMOX燃料を装荷しプルサーマルをはじめようとしています。
しかし、17日午後、第一原発2号機であわやメルトダウンの事故が発生しました。発電機の故障で自動停止したものの、外部電源遮断の上に非常用ディーゼル発電機がすぐ作動せず、電源喪失となり給水ポンプが停止、原子炉内の水位が約2m低下、約15分後に非常ディーゼル発電機が起動し隔離時冷却系ポンプによる注水で水位回復するという、深刻な事態でした。東京電力は事実経過を明らかにしておらず、真相はまだ闇の中ですが、この事故は誠に重大です。
原子炉緊急停止後、電源喪失が長引けば、燃料の崩壊熱を冷却する冷却水が給水されず、水位がさらに低下し、むき出しの燃料棒が崩壊熱により溶け、炉心溶融=あわやメルトダウンという、スリーマイル原発型の最悪の事態に至る可能性があったのです。

本来、冷却材喪失事故時に緊急炉心冷却装置により原子炉への注水を行い、燃料の露出による破損を防止し、冷却材喪失事故と外部電源喪失事故が同時に発生した場合でも、非常用ディーゼル発電機が起動し緊急炉心冷却装置への電源供給を確保することになっていますが、今回の事故では、非常用ディーゼル発電機の起動が大幅に遅れました。保安規定上は外部電源の喪失信号を受け、非常用ディーゼル発電機は10秒以内で自動起動し、緊急炉心冷却装置ポンプへ電源を供給することになっていますが、今回は約15分との報道もあります。外部電源喪失を模擬した柏崎刈羽1号機系統機能試験のデータでは発電機起動が7,6秒とされています。これは誠に由々しき事態です。

東京電力は当初、発電機が停止した原因を「発電機そのもののトラブル」と説明していましたが、18日になり「外部からの電源の供給が何らかの原因でストップしたため保護装置が働いて発電機が止まり、その結果、原子炉の自動停止に至った」と福島県に報告したといいます。しかも東京電力はこの件を報道機関に発表していませんでした。
東京電力は事実経過を明らかにすべきです。今なお隠蔽的対応をすることは福島県民を冒涜するもので、許されるものではありません。福島県と県議会は事態を深刻受け止め、東京電力に厳正に対応しなければなりません。



これは今回の地震によるメルトダウン危機の話ではありません。
昨年6月19日に起きた危機について書かれたブログ記事なのです。
驚きました。
殆んど今回の地震による原発メルトダウン危機と、状況がそっくりではありませんか!
こんなことが起きていたのに、東京電力は福島第一原発の自家発電機を取り替えようともしなかったのですね。
安全の為に万全を期しているという話が、口先だけのものであるということが、歴然としているではありませんか!
マスコミはたった9ヶ月前のことを忘れてしまっているのでしょうか?
この話を報道しているテレビや新聞の報道に接する機会がありませんが・・・・・・

Comments

人災

①米軍はホウ酸を空輸し原子炉に注入することを提言。
②しかし東電はホウ酸注入で原子炉の復旧が難しくなる
と注入を拒否し、軽水注入での冷却に固守。
③ところが配管ラインの一部が損傷のため
冷却水が十分に供給できず、水位があがらないことが判明。
④そこでやむを得ず、11日未明に政府に蒸気放出の要請を出す。

⑤しかし、無 能 で 有 害 な
菅 総 理 が 視 察 に 行 く た め 政 府 は 蒸 気 放 出 をや め る よ う 指 示。

⑥蒸気放出は、結局、菅総理の視察が終わった夜明け以降に実施。
⑦この遅れのため、原子炉外部容器内の圧力が既定値の2倍以上に高まる。
⑧蒸気放出作業は2時過ぎに実施できたが、3時半には爆発事故を起こしてしまう。
⑨東電は、1号機の運用維持をようやく破棄し、廃炉覚悟の海水とホウ酸注入を決定。

4時には限界突破。3時には、放射能含んだ水蒸気を撒きちらす許可ください
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/201103122050.pdf

・政府 官房長官記者会見 ソース部分は6:00~と、9:00~と、12:00~ 
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4477.html

(結論)原発事故は、馬菅の無意味なパフォーマンスと東京電力の
危機管理より利益を優先させたための人災!!

PHYSALIS 様

コメント有難うございます。
まさに馬菅ですね。
菅総理は理系だというのにそんな事も分からないくらいに耄碌しておられるのですね。
(耄碌なんて言葉を使う私も、大分耄碌しているのでしょう。)
それから東電は40年も使っている原子炉をまだ使い続ける為に、無理をしようとしていたとしたら、呆れた功利主義者ですね。
何よりも安全を第一にしますという約束は、何処に行ったのでしょう?
こんな人たちに原発を造り続けさせていたら、日本はどうなることか!

3月14日、2号機の原子炉内の水位を上げるために海水を注入しようとしましたが、ポンプが作動せずに失敗しました。その理由は、時事ではポンプのガス欠だったと伝えていました。エェ~、本当?!
3月15日朝のNHKでは、ポンプの管理は1人で行っており、ガス欠に気が付かなかったと言っていました。唖然!
24時間体制で危険な作業ですので、誰も行きたがらないのはわかりますが、3台の原発が同時に危機的になっている状況ですので、現場スタッフも設備も足りないのは明らかです。
政府も東電責任者・専門家軍団も現場から離れた東京で、情報がないので・・・でも最悪を考慮して安全を第一に・・・現状では人体に影響が出る状況ではなく安全です・・・だけでは、あまりにもお粗末過ぎます。
既に多くの被爆者が出ているのに呑気すぎです。
多分、最悪に備えた必要な現場スタッフ数も設備も確認してないのでは。
これでは、管理体制がまったくできていないという事で、天災から人災の色合いが強くなっているように感じます。
現場の皆さんは本当に大変だと思いますが、頑張って!!

海外から見た日本様

コメント有難うございます。
こういう状況にあったらますます人手を得るのは難しくなることでしょうし・・・・・
この中で働いてくださっている方々には、本当に感謝なのですが、
重大な責任のある人々は、東京で今後どうごまかすかのみに頭を痛めているかと思うと、いやになりますね。

これは太平洋戦争末期に似ていますね。
死ぬ覚悟で飛び立たされた特攻隊や、硫黄島玉砕など被害者は枚挙に暇がありませんが、
あの時も大本営は、何の良い策も出せないのに、最後まで一番物資等に恵まれた状況下、国民を地獄へ追いやっていたのですよね。

これ以上の原発を造ることは絶対に認めてはならないと思います。

NoTitle

こんにちは。
トラックバックありがとうございました。遅くなってすみません。
3か月過ぎても一向に好転する様子のない原発事故。
金第一で利権まみれの原発が事故るのも時間の問題だったわけで、結果最悪の状態でこの福島第一原発は事故を起こしてしまいました。しかし、指摘されていたのに改善されていなかったとは信じられないお話。福島原発については、それに先んじて共産党の吉井議員も指摘しておられたそうで(自民党政権時)、早く手を打っていれば、こんな最悪な事故は防げたかもしれません。
しかし、当の東電は何処まで責任を感じているのやら。
住民は住むところも財産も奪われたのに、減給後もそれなりの給料で、ボーナスも出るみたいだし。もっとも、現場の決死隊には数倍払っても罰は当たらないと思います。彼らがいなかったら今頃は、もっと恐ろしいことになっていたでしょう。
今までうまい汁を吸っていた連中も、すべてあぶりだして晒しあげてほしいですね。
しかし、止めても何十年も高熱を出し続け、管理が必要な原発、事故ったら最後、環境に莫大な影響を与え、事故収拾に無尽蔵の金がかかる原発。使用済み燃料を捨てるのもままならない原発。そんなものを安全でエコで経済性の高い発電だと言い続けた電力会社っていったい・・・。まあ、これで化けの皮は剥がれましたけど、その代償はあまりにも大きい・・・。果たしてこれからどれだけ被曝者が増えることか・・・。

管首相については、かなりの食わせ物のようで、「菅総理がかつてつかえた市川房江氏が『菅直人にだけは権力を渡してはならない』と語ったと伝えられている」そうで、また、週刊ポストのこの記事「菅内閣になってマスコミ幹部への機密費接待増えたとの証言」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110617/dms1106171536014-n1.htm
からも、なんで彼が権力に固執しているか想像できます。いやはや、高速増殖炉「もんじゅ」より厄介な男ですね。
もう、どこの党でもいいから、もっと有能な政治家に政権を担ってもらいたい。しかし、それに見合う政治家も見当たらない。
日本に居るのはほとんどが政治屋なんでしょうか。

黒木 燐 様

コメント有難うございます。
全く、頼りになる政治家が見当たらないですね。
菅さんも脱原発のポーズを取りながら、もんじゅ再開に向けての取り組みを容認しているのですから、裏権力の動向によっては、どう動くか分かったものではありませんし・・・・・・
自民党でも民主党でも、政権につきそうな者として名前が挙がる人は、原発利権にしがみついていこうとしている者だらけですし、
にっちもさっちも行かない感じですね。

こうなったのも元を正せば、小選挙区制の所為で、市井の有用な人物が当選するチャンスが、極端に少なくされてしまったからだとか。
小選挙区選挙を言い出したのは小沢一郎ですし、
豪腕と言われているにしては、検察にやられっぱなしの現状を見せられたら、
彼が政権を取って(例え期待どうりの誠実さをもって)政治をやったとしても、何処までやりとうせるのか疑問が残ります。

ところで「朝焼け色の悪魔」今回は早かったですね。
次回も楽しみにしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/852-69525e07

ルーマニア労働者階級にとっての民営化の帰結

Diana Toma 2011年3月11日 昨年末、共産党犯罪調査・亡命ルーマニア人記録研究所によって行われた“ルーマニアにおける共産党政権に関する態度と意見”と題する全国的調査で、ニコラエ・チャウシェスク独裁政権の崩壊から20年後、回答者の45パーセントが、暮らしは、現在
  • [2011/03/13 23:40]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

原発『安全詐欺』の次は電力『足りない詐欺』

『関東から離れて』と勧告=在留フランス人に大使館 時事通信 3月13日(日)22時39分配信 【パリ時事】在日フランス大使館(東京)は13日、東日本大震災を受け、東京とその周辺に住むフランス人に「特別な事情がなければ、数日間は関東地方を離れた方が良いと思われる」と...
  • [2011/03/14 14:31]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

原子炉でメルトダウンがはじまった情報を開示せよ

さまざまな憶測、誤情報があり東電、経産省、枝野らの発表も、明らかに安心させるための誤魔化しにすぎない。第一号炉に続いて三号炉も爆発した。異常事態である。したがって検証 ...
  • [2011/03/14 15:49]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。