http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 安い輸入農産物も、レートが変われば高くなる
FC2ブログ

安い輸入農産物も、レートが変われば高くなる 

先日、ネットサーフィンをしていたら、
「TPP反対はお金持ちの理論で、本当に貧しい者は、安い農産物が買えるなら、TPPに参加してほしいと思っている。」と言う意見に出会いました。
現在の為替レートのままだったら、(輸入農産物の安全性を気にしないなら)確かに安い農産物を買うことが出来るでしょう。
しかし、日本の農業が壊滅状態になった時、為替レートが今の円高のままであると言う保障はどこにもありありません。
国内で農産物が作られなくなった後で、円安がどんどん進んで行ったら、
どんなに高くても、輸入農産物を買わざるを得なくなっているのです。
その時今と同じ額面の給料を受取ることが出来ていても、
食費にかかる金額は今と同じ位で、
もしかしたら、今よりも割高になっているかも知れません。
それも、その時私達の手に入る食品は、現在の日本の食品衛生法でよく管理された食料品ではなく、
遺伝子組み換えとか農薬漬けの農産物だらけの輸入品なっているのに!
TPPに参加したばかりに、同じ負担で汚染農作物を買わざるを得ない国に、日本を変えることになってしまっているかもしれません。

又、近年世界のいたるところで旱魃が起きています。
こんな時代、日本のように雨の多い国は、農産物を沢山作って世界に供給しない迄も、
日本人の食料くらいは、自前で賄うべきなのではないでしょうか?、
この絶好の土地を持ちながら、米作農家は売れないと言うだけのために、
優良な農地を遊ばせておく等あって良い事でしょうか?

何年か後、農家が立ち行かなくなって、次々に農地を手放した時、
外国の資本家がいっせいに日本の農地を、買い占めて行くかもしれません。
その農地では、TPP加盟の日本より賃金の安い国々から労働者が集められて、
日本の農地で農薬だらけの、遺伝子組み換え食品を作るようになるかもしれません。

そんな風にして、日本人の失業者がますます増え、輸入食料品でも買えなくなる人が、増えることになるかもしれません。
TPPはどう考えても日本にとってメリットは全然ないと思います。
今政府がせねばならないことはTPPに参加することではなく、
農業に携わる人が増える為の、取り組みだと思います。

Comments

私の言いたいことをほぼ言ってくれました。更に付け加えるなら、「自分は農家ではないから」とか「食い物なんて何でも良い」とか言う無知が多過ぎる。

匿名様

コメント有難うございます。
関税操作で農業を壊され、悲惨なことになってしまった国々の話は、私でも聞き知っていると言うのに、今の日本の政治家達は何を考えているのでしょうね。
これは菅内閣の面々だけでなく、民主党の他の議員達も、自民党の議員達も同じだと思います。
民主党議員は議決することになったらTPPに賛成するのでしょうか、郵政のときのように?

安く買えますか?(笑)

食糧は絶対に不可欠なもの。
国内で作れない環境で、安く買えるでしょうか?
世界中で食糧危機がある可能性も高いでしょう。
安心安全な食料を自給し、国外へ、日本の付加価値の高い生産品を輸出することこそ、日本の利益でしょう。
小沢氏が剛腕と揶揄されていますが、米国や中国に対して日本の利益を求めるのですから、剛腕でちょうどいいのでしょう。
米国に日本の利益を差し出すような宦官政権では困ります。
国外へ技術移転し、工場を移転するより、お隣の国民が欲しがるような完成度の高い、真似の出来ないメイドインジャパンを輸出することこそ、日本の生きる道でしょう。
日本人こそが、日本が生き残る一番の資源だと思います。
そして今、世界中で、強欲資本主義への反乱が起きているのだと思います。
チュニジアの前大統領の資産もスイスで凍結されました。
ムバラク大統領の資産5兆円も凍結されるようです。
ベルルスコーニの資産は1兆円でしょうか、反乱が起きています。
庶民が、強欲資本主義に耐え切れなくなったのだと思います。
日本人もそろそろ誤魔化しに気が付いて、本物の政治家に総替えしましょう。
減税庶民新党支持派で日本を変えましょう。
減税で、景気回復&財政再建が正統派です。
増税で、巨大資本へ富を移転し、庶民を破たんさせるのは売国でしょう。
剛腕+減税支持派議員で、既得権益連合軍を破壊しましょう。
テレビ・新聞こそが真実の敵です。

scotti 様

コメント有難うございます。
ムバラク大統領の隠し資産は5兆円以上だと言う話には驚きましたね。
そのお金を国民の為に使っていたら、追放の憂き目を見ることもなかったのかもしれませんのに・・・・・

しかし「減税で、景気回復&財政再建が正統派」
はどんなものでしょう?
税金が足りなかったら各種社会保障も不可能になるのですから、あるところからはきっちり取り、収入の少ないところは免税にするという、メリハリの利いた政治にしてもらわねば意味ないと思います。
消費税は食料品は無税にし、ぜいたく品にはもっと高率になるようにするとか・・・・・

戦後の日本ではぜいたく品とみなされる物には、消費税と言う名ではなかったけれど、高い税金が課せられていましたね。
消費税をやめて、高額所得者の税金を上げたり、ぜいたく品に課税したり、法人税の下げすぎを改めたり、もっときめ細かな取り組みを要求したいです。
一律減税で大金持ちの応援は得られるでしょうけれど、
決して庶民の為の改革にはならないと思います。

庶民革命を訴えるのなら、
一律減税には断固反対すべきだと私は思います。

庶民減税です。(笑)

大企業の内部保留や数億円以上の預貯金にも課税するとか、庶民から大資本への富の移転を逆転するための減税です。
庶民の恒久的所得制限税は廃止されたけど企業分は減税されたままでしょう。
何事もバランスが大事ですが、行き過ぎた巨大資本への優遇を止めることが大事です。
庶民の所得が潤えば、自然と富は大資本への移転すると思います。
庶民から無理やり税金を取る必要は無いのです。
真逆の政策をしているからデフレが進行して企業の経営も追い詰められるのでしょう。
それに絶対に特別会計にはトンデモな事実が隠されていると思っています。

賛成。

TPP加盟で賃金が下がる可能性は高いですよね。それに安い農産物は安全性に不安があります。食費を越えるほどに医療費が増えたらシャレにもなりません。

scotti 様

そうですね。
一律減税みたいな乱暴なことでなく、きめ細かな税制を求めねばなりませんね。
私だったら「消費税廃止、物品税復活」を主張したいところです。
物品税は平成元年消費税が出来た時に廃止されたそうですが・・・・・

雪どけ水様

コメント有難うございます。
TPPで給料が下がった上に、現在の円高が円安に転じたら、すぐに輸入米も安くはなくなるかもしれませんしね。

何としてもTPPみたいな乱暴な政策は止めてほしいですね。

各国の消費税

与謝野大臣は、「日本の消費税は5%だから、増税する余地はかなりある」などと発言しています。
本当にそうでしょうか?

よく言われるように、デンマークやスエーデンなどは、消費税が25~30%と高額です。
しかし、北欧諸国はもともと医療・介護などが全額無料です。
高齢者は預金がゼロであっても、安心して老後が暮らせるのです。
英国は、ブラウン首相が17・5%だった消費税を20%に上げました。
しかし、食品にかかる消費税は5%に据え置いています。

フィリピンの消費税は12%です。
しかし、60歳以上の国民に渡されるIDカードを持っていれば、基本的な食料品(米や砂糖など)、医薬品、国内のフェリーや飛行機代などは、20%割引になります。
各国はそれぞれに独自の工夫をしています。

与謝野氏(と財務官僚ども)は、これらの事実を全部知っていながら、無知な日本国民を「ある方向」へと誘導しているのです。
マスコミも同罪です。

隠居老人様

コメント有難うございます。
一口に消費税と言っても、昔の物品税的な性格の消費税だったら、いくら上げてもよいのでしょうけれど、食料品や医療費にまで同率で掛け、しかも輸出業者へは、戻し税として莫大な恩典を与える消費税など、トンでもない税制だと思います。
私達が期待をかける庶民の為の救国内閣には、
消費税制度の是正を、是非謳ってほしいものですね。

誤解を与えそうです。

和久様、こんにちは。

|TPPで給料が下がった上に

 これは語弊があるように感じます。市場がグローバル化するにしたがって、TPPに関係なくそれは既に進行しているのではないでしょうか。
 ご参考までに私の所感もご紹介させて頂きます。
http://jitoh.seesaa.net/article/183494644.html

Jitoh 様

コメント有難うございます。
現在も既に賃金は下がっているので、安い食料を買いたい人が大勢おられるのは、何とかして上げねばならないことだと思います。
しかしそれは別の方法でするべきだと思うのです。
その解決法に関税を取り払う事を選んだのでは、
日本の農家を潰してしまって、失業者が更にふえ、労働条件は更に悪くなるだけでしょう。
そうなると、円レートも関係して、今安いと思っていてる輸入品も、現在の国産品と同レベルの支出になるのではないかと思うのです。

失業者を増やして、汚染食料品を買わされるだけになったのでは、何の意味もないのではないでしょうか?
これは既得権益の為だけではなく、日本の生活者全員の問題だと思います。

TPPは日本人を、総不幸にするものだと、私には思えるのです。

輸出による新たな市場開拓が重要

農林水産省/(3)農産物輸出の一層の促進
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h18_h/trend/1/t1_2_4_04.html

日本の農産物――海外の市場開拓に努めよ
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/yamashita/68.html

しかし、日本農業が衰退する中で、
農産物販売額が1億円を超える農家は2500戸もあり、
また、グローバル化をうまく利用して成功した例もある。
需要の違いをとらえたものとして、
長いほど滋養強壮剤として好ましいと考えられている台湾で、
日本では長すぎて評価されない長いもが高値で取引きされている例、
日本では評価の高い大玉をイギリス輸出しても評価されず、
苦し紛れに日本では評価の低い小玉を送ったところ、
やればできるではないかといわれたというあるリンゴ生産者の話がある。

国際分業の点でも、多くの労働が必要な苗までは労賃の安い海外で生産し、
それを輸入して日本で花まで仕上げるという経営方法で成功した農家、
南北半球の違いを利用して、ニュージーランドがキウイを供給できない季節に、
ニュージーランド・ゼスプリ社と栽培契約を結び、
同社が開発した果肉が黄色のゴールド・キウイを日本国内で生産・販売している例もある。

【日本の議論】どうなるTPP 紛糾した議論と農業問題 (1/5ページ)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/101107/mca1011070701000-n1.htm

2/5ページ~5/5ページまであります。

TPPは反対ですが農家もアイデアを出すことも必要と思います。

みちのく様

農家のアイディアも必要かもしれませんが、
アメリカのような農薬漬けの大規模耕法に太刀打ちするには、
同様のやり方をするしかないし、それをやって汚染米を日本人が食べるようになる為に、
苦労させられる位なら、今の農業を何とか守って、安心して食べられるお米を作り、安心して散策できる山野を守るべきだと私は思います。
アメリカもヨーロッパも農業保護のために、日本より余程多くの税金を投入しているそうですよ。

農を守ることは日本の国土を守ることでもあると私は思います。

いつの時代も、ニュートラルなポジションは、自然を愛でて時を待つ。
と言うことなのではないでしょうか。

過剰な製品を無理して作ってまで、経済を活性する必要はどこにもない。
必要な時、農作業の手を休めて製作したり、建設すれば良いではありませんか。
現代のライフスタイルは近代社会の洗脳にまんまと乗せられているに過ぎません。

多くのブログにおいては国政に対しての不満ばかりが目に付きますが、
すでにこの国は乗っ取られているのであり、
彼らは(政界・行政・マスコミ・その他のほとんどの業界利権者)、
私たちがいまさら何を言おうとも売国の方向性を変える可能性は、微塵もないのです。
と言う現実からは逃げられないと思っています。

ですから、そのことを前提に今後の打開策をネットを活用して議論し、
そして実行してゆかない限り、
結果的に私たちは、子ども達を、その売国者たちに奴隷として差し出す事となるのでしょう。

私はそのことに対して真剣に取り組んでゆきたい。

国民にはお金を作ることは出来ない。
国民にできることは、自然を守り食料を作り、生きて学び続けることではありませんか。
と言うことは、一昔前に戻り農村の自治はこれら農産物を税として徴収するシステムを作ることで、市民を今よりも幸せにできるのではないだろうか。

地方での絶対的問題は人口が少ないために、
その消費量が、生産高よりも圧倒的に少ないことであり、
都市部やそれに順ずる消費地との連携さえできれば、この問題は解消されます。

現に私はその実践と検証を3年にわたり行ってきましたが、
机上の空論ではないことは明らかです。

大規模農業を基本にしてはいけません。
普通に一般の人が、普通に農業をして、生きてゆける社会が正常なのです。

農業と産業は、月とスッポンくらい異なるものです。

産業とは、直接私たち個人一人一人の生命を養う仕事ではないのです。
農業は、一人一人の生命を直接養うための仕事なのです。
産業ばかり発展して、農業が衰退すると言うことは、
意図的に人間としての基本からどんどん離されてゆくことなのではないでしょうか。

乱暴な言い方になりますが、産業がなくても生きることには困りませんが。
農業をなくしてしまえば、人間は明日にでも死んでしまうのです。

他人や他国に依存する生き方は、極めて危険であります。
一国の国民として、兵糧攻めの危機管理とそれに対応する準備は
必要不可欠なものではないでしょうか。
過去の歴史を振り返ってもそれは明らかです。

現代の権力者たちがやっていることが、お金を巡る利権争いであれば、
それは、私たちが分別なく利便性を求めて
それらの権力者の関係機関から物品を購入している行為が、
そもそもの原因である事は確かです。

『風が吹けば桶屋が儲かる』ことを多くのこの国の人々が
理解することは容易ではないですか、

その原理を多くの人々が知り、
そこにつながる製品やサービスの購入をボイコットすることで、
速ければ数ヶ月、遅くても一年あまりの時間があれば、
多くの無駄と思われる権力者は兵糧攻めに耐え切れなくなるでしょう。
その行為は実行しても誰も傷つくこともありません。
静かにそしてスマートに正義を正すことが、
日本人としての魂だと思っています。

長文失礼しました。

うさぎ様

コメント有難うございます。
仰るとおり、政治のことをあれこれ言っても、権力者は馬耳東風で、何も聞いてはくれないのかもしれませんね。
でも黙っていてはどうにもならないような気がして・・・・・

今となったら、昔ながらの生活が一番だったと分かるのですが、人間は誘惑に弱い生き物のようで、何処の国の人々もこの近代文明に汚染されてしまいます。
もし権力者があくまでも旧来の文明を守る為に、頑固なことをしていたら、革命が起きてしまう。
中国も遂に、路線を変更してしまって、今や近代文明の旗手になろうとしています。

近代文明というものは、それを手にしたことのないものには、天国のような世界を実現してくれるものとして映るので、若者をその誘惑から守る手立てはなかったのでしょう。

近代文明は麻薬と似ていますね。
一度それに汚染されると、抜け出すことは困難。
貴方が仰るような生活が出来たら一番なのでしょうが、今すぐにその生活に戻れる人は、極々一部の人だけなのではないでしょうか。

でも日本から農業が無くなったら、それこそ日本に明日はないと言えるくらいに、大変なことだと思います。
何とか農業人口が増える為の施策を、政府にはとってもらいたいものです。

和久さま

おっしゃるっとりですね。
ご丁寧なコメントありがとう御座います。

自分たちでさえTPPの事がよく分からない

民主党の川内博史のツイッターです。
http://ameblo.jp/ledzepbb/image-10810250571-11068688551.html

TPP担当の副大臣の平野が
「自分たちでさえTPPの事が、よく分からない。」と
発言したと!!やはりこいつらは「学級会内閣」です、いや学級会に失礼か…

もう呆れ果てた、を通り越して諦観の域ですね。
かってアメリカ相手に始めた無謀な戦争と構図は同じ。
更に絶望的な事に勝つ見込みどころか、適当な所で
講和条約を結んで妥協する事も出来ない
行き着く所まで行き着く結末しかありません。

いかに困難な事態になるか国民に知らせず
新聞が異常なまでに煽りまくっている。

しかし、TPPに賛成の人はTPPに参加する事に
よって日本人の雇用がどれだけ無くなるか
想像できないのでしょう。無くなる雇用は農業だけではない。
医者、弁護士から工場労働者や単純労働者も移民と外国人に置き換わる。

移民などまだ良い方かも知れない。日本市場を
知り尽くした日本企業がアジアに出ていき日本に輸出する。
最終的に日本には工場さえ残らないかも。

TPPで実現するのはEUのそれを超える移民問題、
経済と文化の崩壊の地獄絵図でしょう。

PHYSALIS 様

TPPなんかに加わったりしたら、そういう事になるだろうということですね。
このまま菅政権が続いたら、党議拘束で小泉政権の時の自民党員のように、いやいやでも賛成してしまうのでしょうか。森元総理が言われたということで「殆んどの者が初めは、郵政改革には反対だった」という話を読んだことがありますが・・・・・

菅総理ではだめだと解散しても、マスコミがTPPに賛成のようですから、TPPに賛成の者ばかりが当選してしまうのかもしれませんね。

全く!
アメリカ政府はそれ程、日本のTPP参加を強要しているわけではないと言う話なのに、何の為にそんなものに入りたいのでしょう。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/827-adc70260