Dendrodium 一億総羊現象?

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一億総羊現象? 

北沢防衛相:思いやり予算、現行水準で交渉
 北沢俊美防衛相は29日午前の閣議後会見で、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)について「今日の安全保障環境からすれば、日米間で総額を極端に減らすことは妥当性がない」と述べ、11年度以降も現行水準の維持を前提に米側と交渉していることを明らかにした。ハワイで行われた前原誠司外相とクリントン米国務長官との会談にも触れ「前原外相も(米国側に)表明したと思う」と説明した。

 北沢氏は「今の東シナ海、南シナ海の環境からして、政治決断があってしかるべし。あうんの呼吸で進んでいくだろう」と述べ、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件などによる安全保障環境の悪化が今回の判断に影響したことを認めた。

 10年度の思いやり予算は1881億円。当初、日本側は大幅な減額を目指していた。【坂口裕彦】


菅内閣になって尖閣問題が大きくなったのは、突然の方針変更が原因であると思われる。
それまでは自公政権時代を通じて、尖閣諸島でトラブルがあったときには、
被疑者が中国人である時は、被疑者を中国に引き渡すことで、問題を大きくしないように心がけていた。
それを菅政権は、突然これまでの慣習を変えて、中国人漁船員達を逮捕し、
特に船長は、中国側の強硬な要求を無視して、何時までも拘束し、
殊更問題を大きくしてしまったのだった。
これは菅政権の失政というよりは、
日本が思いやり予算を下げる動きに出ることを阻止するために、
アメリカからの指示を受けた売国政治屋前原外相の計略の下に行われた、犯罪的売国行為であったと思われる。
これによって日本は米軍に帰国を促すどころか、これからも居つづけるように依頼することを当然のことと、国民は思い込まされる様になっている。
占領軍に思いやり予算を出して、60年余も支配され続けている日本人、
そういう状態を、守ってもらっていると信じ込んでいる日本人。
日本人というのは、特殊な人種なのだろうか?

どこの国でも庶民というのは、生命の安全が脅かされず、衣食住が何とかなったら、時の権力者から少々の無理難題を命じられても、敢えて反抗せず、おとなしく時勢に従うものだったのかもしれない。
それに命がけで反抗するのは、庶民とは勇気においても知力においてもかなり違う人々であったと思われる。
日本でこういう状態が、60余年も続いたのは、
指導層までもが、そういう状態に安住し続けてきた所為ということなのかも知れない。

誰が支配者であっても庶民にとっては、同じ事なのかも知れないけれど・・・・

Comments

尖閣諸島は日米安保を適用する

前回の日米外相会談でのクリントン
国務長官の発言を、前原外務大臣の
捏造だと主張する根拠の無い陰謀論を
唱える一部マスコミ及び一部ネット界隈を
きっぱり否定するかのように、
ヒラリー・クリントン国務長官が今度は
共同記者会見で明言しました。

クリントン氏 はっきりあらためて言いたい尖閣諸島は
日米安保条約第5条の範囲に入る。日本国民を守る義務を
重視している。

何度も言う羽目になったのは、根拠の無い陰謀論や
捻じ曲げた解釈を唱える一部マスコミ及び
一部ネット界隈の言説を潰しておく必要があった為です。
18日にフロノイ国防次官が
「尖閣諸島が占領されても日米安保を
適用する」と明言したのも、一部マスコミ
及び一部ネット界隈が「占領されたら施政
下から外れたと見做されて適用されない」
という捻じ曲がった解釈を唱えていたので
打ち消す必要があったからです。

好い加減「アメリカは守ってくれない」論は
説得力が無い事に気付いて下さい。

ほうずき様

コメント有難うございます。
日米安保の話を私も書いたことがあるので読んで下さったかと思うのですが、
日米安保には島嶼部は日本が自分で守るということが、はっきりと書かれていましたでしょう?
それからクリントン国務長官は安保の適用範囲とは言われても、
日本固有の領土であるとは絶対に言われません。
それどころか、アメリカは「尖閣諸島が日中どちらの領土であるかは知らない」と明言しているのです。
もし日中で紛争が起きたとき、アメリカが日本を応援しようとしたとしても、
参戦するかどうかはアメリカの国会にかけて賛成多数を取るまでは参戦できないと言うことも、安保条約に明言してあるのです。
と言うわけで、安保条約適用範囲の事象であっても
「おい それ」という感じで、日本を守ってくれるわけではないと言うことです。
それにアメリカは長く続いた中東の泥沼戦争から足も洗えない状態で、
米国民はもうこれ以上戦端を広げられたくないと思っていると思われますから、
「どちらの領土か、アメリカは知らない」と言っているような島の防衛の為に、
アメリカが軍を動かすことに、アメリカの国民が賛成するとは思えません。
つまりアメリカは「色々努力したけれどだめでした」と言う言い訳の下、
決して日本が中国と紛争を起こしても、参戦してまで応援することはないでしょう。
そしてそのうち、何かの言いがかりをつけて、日本を悪者にしてしまうのが落ちだろうと私は思うのです。
多分他の人の場合も、「アメリカは守ってくれない」と思われる根拠はそういう見通しからだと思いますよ。
と言うわけで、クリントン国務長官は何一つ新しいことを言っておられるわけではないと思います。

そもそも

戦争するしないという土台の上でお話を進めること自体馬鹿げています。

青錆様

コメント有難うございます。
「戦争をするしないと言う土台の上で話を進める事自体ばかげている」とのお申し越しですが、私には下手をしたら戦争まで持っていかれはしないかと言うことが、一番気になるところなのです。
尖閣諸島の領有権がどこにあるかについては正直なところどちらになっても、大して気にならないと言うのが本音です。
現実にウヨさんたちは、クリントン米国務長官が。尖閣諸島問題は日米安保の範囲内であると言われたと言って湧き上がっているではありませんか!
それについて書いた記事「クリントン国務長官のお言葉に狂喜するウヨさんたち」
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-733.htmlも、ご覧いただけたらと存じます。

国内で悪政の為どれだけの土地が、利用価値のない土地にされてしまっているかを思えば、人の住めない島の領有権よりもっと大事な問題が山ほどあると思いますし・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/731-9a44e06a

検証尖閣事件 ・ 事実を隠されて日本人は日中友好を植えつけられようとしている。

「検証尖閣事件 ・ 中国の閉鎖環境を笑っている日本人って…」について
  • [2010/10/29 16:41]
  • URL |
  • 罵愚と話そう「日本からの発言」 |
  • TOP ▲

牙を抜かれて

Kathy Kelly 2010年3月30日 もしも、アメリカ国民が、アフガニスタンで過去十カ月の間に起きた、民間人に対する残虐行為を映し出す鏡を、しばらく、じっと眺めれば、アメリカ人に何の悪意も持たない無辜の一般市民に対して犯された戦争犯罪に、協力し、その為の資金を出し...
  • [2010/10/30 00:54]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

前原のせいで(?)、日中首脳会談がドタキャン中止。ASEANを控え、菅政権に暗雲

「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。  ← まず、ポチっと、お願いします。 ← もうひとポチッと、よろしくです。 最
  • [2010/10/31 06:47]
  • URL |
  • 日本がアブナイ! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。