http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 平地に乱を齎す者 前原誠司
FC2ブログ

平地に乱を齎す者 前原誠司  

平地に乱を齎す者 前原誠司
この者の為に、日本はどれほどの損害をこうむったことか!
中国漁船・尖閣領海内接触:中国人船長釈放 中国、謝罪と賠償要求 対立長期化も
政治家ならばどういう結果になるか予測できないはずはないのに、むやみに漁船船長を逮捕監禁しておいて、相手国から脅されたら、腰砕けそのもののような譲歩をしてしまう。
まるで中国に日本を愚弄させるのが目的だったような、今回の中国漁船員拘束事件の顛末であった。
初めから前原はこのことを見越して、漁船員を逮捕させ中国の要求を無視して、船長拘束を続けさせたのだろうか?
それとも単なる無計画?

日本の立場を悪くするのが目的だとしたら、売国奴だし、
単なる無計画の強がりであるとしたら、無能そのものである。
どちらにしても大臣になる資格など皆無の人物である。

数年前にも民主党代表として、前原は偽メール事件を起こした責任者であった。
①耐震偽装問題②米国産牛肉の輸入停止問題③ライブドア事件④防衛施設庁・官製談合事件。
民主党は、これらを4点セットと名づけて小泉内閣に対する攻勢を強める予定だったそうです。其処に降ってわいたように、武部幹事長(元農水相)が、逮捕された堀江元ライブドア社長に、
『私の弟です、息子です』と言ったという偽メール事件
百年河清を待つ?より)
耐震偽装問題で国会は白熱して、民主党が自民党政権を追い込んでいる時、
ライブドアの堀江貴文と武部幹事長(元農水相)とにかかわるメールを国会に持ち出して、
耐震偽装問題をうやむやにしてしまったのだった。
その上そのメールも偽ものであると言うことが判明して、
前原は大恥をかいたのだったけれど、
あれだけの事をやらかしたにしては、何事もなかったかのごとく、
いまだに民主党政権の中枢にいて、大臣を歴任しているのも解せないことである。
普通だったらとうに失脚しているはずであるのに・・・・・
偽メール事件の時の相棒の永田議員は、先年自殺したと言うのに・・・・・

私達の期待した政権交代は、今や裏切り者の住処になってしまっているのだろうか?

Comments

前原売務大臣

偽メール事件で民主党崩壊の危機。
今度は偽ビデオ?事件で日本沈没の危機。
売国族のドン、前原売務大臣。
前原売務大臣、日本企業の生命線レアアースは手に入りにくい環境整備をし、日本国民の生命の危機、米国若年牛輸入規制緩和で、BSE感染拡散しやすい環境整備をしているウルトラ売国奴。
前原追放こそが国益です。

仙谷こそ癌細胞

「釈放、仙谷官房長官の判断大きかった」の指摘も…
政府内「官邸と検察が相談して決定」
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4534628.html

激怒すべき相手はテロリストの本性剥き出しにしてフジタ社員を4人も逮捕した中国と、犯罪者船長と引き替えに釈放して
もらえるという、幻想を抱いた仙谷でしょうが!!

総理大臣や外相の留守中に、
こんな重大な脱法行為をやって
も良い位、仙谷は権力者になった
ようです。
日本も中国レベルの人治国家に
堕しました。
国内法に基づいて粛々と言ってたのはなんだったんだ?
今回の措置は日本に最悪の禍根を残します。

どんな無法な事をやっても日本は
唯々諾々と受け入れると、中国に
隷属宣言したも同然、中国の脅威に晒されてる東南アジア各国に、
日本は頼りにならないヘタレ国家として
失望感を与えてしまった…
この損失は計りしれないでしょう。

もう頼むから金輪際、政治に関わるな!!売国奴屑政党!

時限爆弾・尖閣諸島

今回の事件はアメリカ・中国の一部が仕組んだヤラセだと思います。
危機管理も知らない菅政権はおろおろとアメリカに救いを求め、今後、思いやり予算の増額・辺野古基地移転の推進となっていきます。
勿論、アメリカは尖閣諸島の紛争解決に乗り出す気はまったくありません。
戦後、領土を曖昧にしたのは軍需産業の仕組んだ時限爆弾だったのかもしれませんね。

不誠実

今晩は。
前原【能面】誠司
前原【不誠実】外相
前原【疫病神】政治

scotti様

コメント有難うございます。
前原誠司を大事にする政権なんて、絶対に信用できないですよね。
あの偽メール事件の時のことを、民主党議員はどうしてきれいに忘れてしまうことが出来るのでしょう?

PHYSALIS 様

コメント有難うございます。
勿論仙谷と言う人物も胡散臭い人物だから、私は嫌いですが、
今回の事件の主犯は前原誠司であると私は思っています。
これまでは何か有っても、政治的慣習でうやむやにして、両国の国益を守っていたのに、
殊更漁船員逮捕に踏み切らせたのは、当事国交相だった前原であり、
漁船船長を帰さないと決めたのも、今度は外相に滑り込んだ前原誠司だったのです。
仙谷もその段階で阻止するべきだったのではありますが、
それなら菅総理の方がずっと責任重大でしょう。

それは置いといて、問題の収拾をつけざるを得ない状況に置かれた仙谷だけを攻めるのはおかしいと思います。(私は仙谷が嫌いではありますが・・・・)

菅政権も末期の自民党政権と同じように、どうしようもない政権であると思いますが、
政権交代しなかったらよかったなんてことは全然ないと思います。
どっちもどっちなのですから・・・

アメリカに引きずられている限り、どうしようもないのでしょうね。

織り込み済み?

和久さん、こんにちは。

 本当に非常に情けない結果になりました。ただ、軍事衝突は回避できそうでその点は安堵しております。

 一方、これで何か日本政府や中国政府にとっていいことがあったのか、とみると、ありそうです。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-167798-storytopic-3.html

 中国の軍事的危険をアピールできたことで、もはや不要の判断がされてきた陸上自衛隊に予算が付き、沖縄を大軍事基盤とする構想の実現が現実味を帯びてきました。

 中国にとっては、念願だったガス田開発を、日本の影響を受けずに独断で着手することができます。

 株価などにも影響があったようですが、私は、何だかうまく出し抜かれてしまったのかとも疑われてしまいました。

海外から見た日本様

コメント有難うございます。
今回のことでアメリカは日本に大して、もっとお金を出せと要求しやすくなる環境が整備されたと、喜んでいるでしょうね。
中国も日本のへたれぶりが確認できて、今後交渉がしやすくなったと、ほくそ笑んでいることでしょう。

何一つ日本にとって良い事のない事件を起こして、前原はアメリカの覚えめでたくさらなる出世を期待して、ほくそ笑んでいるのでしょうね。

馬様

コメント有難うございます。
誠司とは名前負けも良いところですね。
彼も逆司と言う名前にしてもらっていたら、誠実な司直になれたかもしれませんね。

Jitoh様

コメント有難うございます。
鳩山内閣でせっかく作っていた良好な日中関係を破壊して、
日本には何一つ益にならない暴挙をさせるために、従米勢力は菅さんを勝たせたのでしょうが、
早速派手に、売国外交を彼等は遣ってくれましたね。

残念ながら…

今回の体たらくの結果,次に起こる
であろう事を、考えてみました。
残念ながら日本は尖閣諸島の
領有権をあと2~3年で喪失する
でしょう。

経過:1
何やっても日本が拿捕も起訴も
しないので中国はやりたい放題。
そして最初は遠慮がちに次は
大胆に海軍の艦艇を派遣する。
(この時点で日本の漁船等は
もう近づく事が出来ない。)

経過:2
そして海軍の艦艇多数で、
大規模な演習を何回も行う。
「領海内にて演習」と発表する。
この時点で何もしないと、中国の
言う領有権を認めてしまう事になる。
因みに日本は海上自衛隊の艦船を
この時点でもう派遣出来ない。
第一、民主党にはその意志がない。

経過:3
日本は中国による領海内の演習は
領有権の危機と感じ、国連及び
米国を頼ろうとする。
しかし国連安保理の常任理事国の
一つが中国。
妨害するのが目に見えています。

経過:4
そもそも国際社会のルールでは
「実際に行動しない奴の意見は
聞かない」と言うのがあります。
日本は国連と米国に頼るだけで
自分は国際的には当たり前の
軍事オプションを取れません。
「我が国には平和憲法があって」
などの理由は、国内では理解する者
もいますが、海外では「痴者の妄言」
と切り捨てられるでしょう。
自国の領海内にて他国の艦船が
勝手に演習したら、実力を使っても
阻止するのが当たり前だからです。

経過:5
米国は日本が頑張ったならある
程度の支援をするかもしれません。
しかし民主党が今回のように
現実よりもイデオロギーを
優先するのを見れば支援などする
筈もありません。

経過:6
これにより尖閣諸島においての
中国の不法占拠は長期化
固定化します。日本は事ここに
至っても、何も出来ません。
コレを見た諸外国はこう思うでしょう。
「ああ日本は尖閣諸島において、
領有をする意志を無くしたのだな」と。

諸外国がこう思った瞬間・・・・確定的
に領有権を失います。諸外国が
そう思ったが最後、日本だけでは
何も出来ません。外国は助けません。
後は何を言っても

所詮「負け犬の遠吠え」です。

「釈放の不当性が判って国民が怒る」

>民主党の岡田克也幹事長は
>26日午前のNHK番組で、沖縄県
>尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を
>めぐり海上保安庁が撮影したビデオ
>の国会提出についてビデオ公表に
>伴い中国人船長釈放の不当性が
>明らかになることから、党内では
>「国民が激昂してしまう」(党幹部)と
>慎重論もある。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100926/stt1009261448005-n1.html

那覇地検の記者会見の
「我が国国民への影響」という部分が、
経済問題などだけではなく
直接的には4人の人質のことを
指しているのではないかという指摘は
当初からありました。

逆にこれを口実に仙谷が先走った
可能性が非常に高いですね。
今後、国会で仙谷を糾弾すれば
ある程度分る筈ですが、あの海千
山千の「三百代言」はそう簡単には
口を割らないでしょう。

それにしても人質作戦が日本政府
には一番効果的、と改めて全世界に
分からせてしまいました。
せっかく小泉がイラク人質事件で
頑張ったのに、又元の木阿弥。

1977年9月28日の
ダッカ日航機ハイジャック事件
の際に故福田赳夫の執った
超法規的措置を思い出します。

PHYSALIS 殿

いつも馬鹿ウヨの動向についての報告有難う。
それにしても馬鹿ウヨと言うのはどうしてこうも、馬鹿ぞろいなのでしょうね。
人質4人などと言っているが、
どれ程の企業が賃金が安いからと言って、日本から中国に進出しているか考えたら、
日本の立場が分かりそうなものを・・・・・

大体中国とガス田開発について交渉が始まる直前の時に、
中国籍の漁船員を逮捕し、中国の求めを無視して拘留しつづけ、
鳩山内閣がやった交渉を水の泡としてしまった前原の浅はかさ(又は売国的裏切り)を不問に付して、仕方なく収拾せざるを得なかった官房長官の悪口だけ言い募るというのも、
馬鹿ウヨの馬鹿ウヨたる所以でしょうが・・・・・
(これはマスコミも同様で、売国奴前原担ぎ出しの下準備と感じられますが・・・・・)

前原のせいで、尖閣諸島のガス田開発の権益を、完全に失うことになったかもしれませんが、
これ以上中国ともめていたら、日本企業が中国に造っている数知れない工場を、放棄せざるを得ないことになるかもしれませんから、
国益を考えたら日本は絶対に中国と戦争などできはしないのです。

日本が中国と紛争を起こしたらアメリカが加勢してくれるかもしれないなどと、
虎の威を借る狐の本性丸出しの事を言って、気勢を挙げている馬鹿ウヨどもの仲間になど、貴方は入ったりはされませんよね。
卑怯者の仲間に入っても、碌な事はないでしょう。
それにアメリカは中国に莫大な国債を握られているだけでなく、
アメリカの金融資本家も、中国に沢山工場を出しているから、
アメリカが日本に加勢して、中国と戦争することなど絶対にないと知らねばなりません。

戦争などはじめたら、太平洋戦争のときと同じで、日本が一人悪者にされておしまいとなるでしょう。
その間アメリカの金融資本は、両国の戦争でがっぽりと儲けて・・・・・

今後とも馬鹿ウヨの斥候楽しみにしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/700-97ae3938

「♪どちらも怪我ねでよかったね」中国人船長釈放判断

尖閣諸島で捕まえた公務執行班犯をすぐに放免するのは奇異でもなんでもない。本来、本件に指揮をとるべき菅、前原は海外に逃亡しており責任を逃れ、事実上の最高権力者仙谷官房長官は予想通りの判断を下したということである。これを当然の帰結と見るべきだ。外国人が日本...
  • [2010/09/25 23:09]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲