Dendrodium 検察が資料改竄

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検察が資料改竄 

検事が押収資料改ざんか 郵便不正事件、検察が調査
2010/9/21 10:14
 障害者団体向け郵便料金割引制度の悪用事件で、大阪地検特捜部の検事が証拠品として押収したフロッピーディスク(FD)の更新日時を改ざんした疑いがあり、検察当局が調査を始めたことが21日、関係者への取材で分かった。検察側が描いた事件の構図に沿うようデータを書き換えた可能性がある。

 同事件では虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省の村木厚子元局長(54)に大阪地裁が無罪判決を出しており、大阪地検は21日に控訴断念の方向で最高検などと最終協議する。FDは村木元局長らの公判には証拠提出されなかったが、検察の捜査の抜本的な検証が求められる。

 FDは、地検が元局長の部下だった元同省係長、上村勉被告(41)=公判中=の自宅から昨年5月26日に押収。元局長の判決などによると、公的証明書や偽の証明書の文書データが保存され、最終更新日時は「2004年6月1日午前1時20分」となっていた。

 しかし関係者によると、検察側から返却された際、更新日時が「6月8日」に書き換えられていた。地検が主任検事(43)に事情を聴いたところ、書き換えを認めた。

 公判で検察側は、村木元局長が上村元係長に証明書発行を指示したのは「6月上旬ごろ」と主張。FDの更新が「6月1日」だとつじつまが合わず、元局長の関与は裏付けられないが、改ざん後の「6月8日」であれば矛盾しないことになる。


検察は検察の主張を通すためだったら、被告や証人を長期間拘留して、
精神的に追い詰めた後、当初否認していた事も、
証人や被告が認めるまで許さないと言うような、強引な手口を日常的に使って、
力尽きた関係者に検察が作った調書に認印を押させていたらしい。

国家公務員である厚生省局長の村木厚子さんの時も、同様のことをやっていたらしい。
情け容赦のない取調べで、事実でないことを、事実と言えと強要されたとして、
裁判で証人達が証言を翻した為、裁判所は村木さんを無罪にせざるを得ない事態になったばかりであった。
マスコミは検察の面目が潰れたと大騒ぎしていたけれど、
検察は偽証の強要だけでなく、押収資料の改竄までやっていた事が発覚した。

こうなるともう明白な犯罪行為である。
無実の人を罪に落とすために、無い証拠を有ると嘘を言って、関係者にそれに合わせた供述を強要しても、
検察がやった事なら、検察の面目が潰れたと言うだけで済まされるとしたら、余りに理不尽である。

何故資料を改竄までして、証拠を捏造したのか、
その動機を詳しく詮議した上で、
関係者全員を、無辜の人を罪に落とそうとした人格冒涜、人権侵害と、職権乱用の犯罪人として、
重罪に処すべきであると思う。

政治家が政治資金規正法違反の疑いがあるというだけで、
日付について改竄しているわけでもないのに、
何人もの政治家や秘書を、何ヶ月も拘束したり、
マスコミにリークして、叩かせたりしたのだから、
資料改竄となったら、罪の重さは格段い重いはずである。

マスコミはいつまでこの事件を後追いするだろう?
もし検察が不起訴にしたら、検察審査会は早期に開かれるだろうか?
マスコミは2~3日したら、忘れてしまって、他の何かに血道をあげるのかもしれない。
検察と共に、マスコミの対応も見ものである。

Comments

底知れぬ怖さ

大阪地裁判決が出た後の、村木厚子さんの記者会見。
「私たちは、司法を信頼していたいのです。
検察官の方が、もう少し丁寧に調べて下さっていれば・・・・・」
冷静な発言で、とても立派だと思いました。
私なら検察官の実名をあげて、
「なぜ、160日間も拘束したのだ? 土下座してあやまれ!」と
叫んでいたかもしれません。

それにしても、殺人事件などの時効がなくなりました。
「15年前の殺人事件現場に、お前の体液があった」などと
捏造した証拠で逮捕されたら、どうすればいいのでしょうか?
1年前の記録だってないのに、大昔のあやふやな記憶で
警察や検察と向き合うことは不可能ではないでしょうか。
怖い。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

隠居老人様

コメント有難うございます。
そう言えば殺人事件の時効は撤廃されたのでしたね。
仰るように、15年も20年も前に起きた事件時の、アリバイを言えと言われても、答えられる人は余りないでしょうね。
別の理由で拘束したいと検察に思われたら、逃れられないことになるかもしれませんね。
圧制はしばしば善意の者を助ける振りをして、登場するものですものね。

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
そういう事も想定されるかもしれませんね。
政界とは魑魅魍魎の世界ですものね。

またもトカゲの尻尾切り?

これは完全なヤラセですね。
検察全体の体質的な問題を大阪地検あるいは前田恒彦主任検事の個人的な責任で誤魔化そうという意図が見え見えです。
このFD偽造を今回の問題の原因に仕立てる事で、取調べの全面可視化・検察情報のリークに争点が行かないようにしたいのでしょう。
今はNHK・朝日新聞も検察の出先報道機関に落ちぶれてしまいました。
菅政権は第3者機関を設置して、客観的な検証と今後の是正方針を決定しなければならないのに、まったく動こうとしていません。

検察とマスコミもメンタリティーは一緒のように感じます。
上層部の方針に従いスクープを挙げれば昇進できるという甘い飴を使い、自分達(既得権益者)の邪魔者を次々と葬ってきています。
本当に恐ろしい国です。

海外から見た日本様

コメント有難うございます。
日本は本当に恐ろしい国に、いつの間にか変身していたのですね。
検察もでしょうが、マスコミも学校で習った戦前の恥ずかしい報道姿勢とそっくりですものね。
戦後のマスコミは、報道の自由があるから、戦争中のようなことはないと、
マスコミの人は胸を張っていたものでしたが・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/695-8744b500

前田主任検事 逮捕

検事総長の進退問題にも…民主党幹部(読売新聞) - goo ニュース 郵便不正事件...
  • [2010/09/22 11:18]
  • URL |
  • 王様の耳はロバの耳 |
  • TOP ▲

証拠改竄の地検特捜部=でっちあげ部隊。お前は月光仮面か!

村木女子を陥れる為、冤罪を捏造するための文書の偽造もいとわない検察の体質は、戦前の特高を思わせる。どうせ偽造した一人の中間管理職のトカゲの尻尾切りで終わるだろうが、この事件はあらためて国家権力というものを考えさせる機会にはなったようである。では国家権力...
  • [2010/09/22 15:17]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲

蜥蜴の尻尾切りの予感

既に多くのブログで扱われているネタで、今更の感はあるが。最高検、特捜検事を逮捕…データ改ざん容疑 郵便不正事件を巡り、厚生労働省元...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。