http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 子宮頸がんワクチン導入に思う
FC2ブログ

子宮頸がんワクチン導入に思う 

先日テレビの国会中継で偶々長妻厚生労働相の答弁のところを見ることがありました。
その中で長妻さんが子宮頸がんワクチンを導入する事にしたと言う話をしておられました。
長妻さんはこのワクチンは、子宮頸がんウイルスの、どれにでも効くものではないし、副作用も絶対に無いとはいえないという事を申し添えたいと言っておられました。
きっと長妻大臣は子宮頸がんンワクチン導入に、本当は反対だったけれど、官僚勢力に押し切られたので、仕方なく認められたのではないでしょうか。
だから子宮頸がんワクチンの不安点を言わないではおられなかったのでしょう。
子宮頸がんウイルスの危険性について書いたサイトが有りました。
ワクチン接種による危険性について詳しく書かれた最後に
この子宮頸がんワクチンが予防できるのは、HPV16型と18型です。
全ての発がん性HPVの感染を防げるものではありません。

「ワクチンを接種しても子宮頸がんにかかる可能性がある」と製薬会社もはっきりと述べています。また、特筆すべき点は、日本人の子宮頸がんの原因はHPV 52・58型が比較的多く、HPV16・18型は全体の約60%ということです。そのためHPV16・18型予防に製造された輸入ワクチンは、日本人には予防効果がさらに限定的であるということです。(HPV52・58型に対する予防効果は10%程度)
と言う文章でその章が締めくくられていました。

例え子宮頸がんワクチンが西洋で有効であったとしても、日本人には効き目が薄いもののようです。
日本が導入しようとしているワクチンは、日本人の子宮頸がん原因のウイルスとは違う型のウイルスで、
西洋人での予防効果が60%なのに対して、日本人への予防効果は10%程度しか見込めないのだそうです。

厚生省はそういう事情を知った上で、この財政難の日本に一人分5万円もするワクチンを、何のために導入しようと言うのでしょう?
これはエイズウイルスが混じった血液製剤輸入の時とか、肝炎ウイルスの入った薬の輸入許可をした時と同じ構図、”外圧”が見えるような気がします。

尚、子宮頸がんの原因には、最近爆発的に普及している電磁調理器の電磁波が原因ではないかと言う説もあるそうです。
それについて「コロンブスの卵を産む」が「電磁波の安全性の研究は公正か」と言う記事で書いておられます。

どこから考えても今の日本に、1人前5万円もする効き目も不確かな、子宮頸がんワクチンを導入するのは、おかしいのではないでしょうか?
まして小学6年生に集団接種させると言う話も耳にしたことがありますが、6年ちょっとくらいしか効き目が無いワクチンがどれほどの効用が有ると言うのでしょう。
百害あって一利なしと言う気がします。

色々と駆け引きもあるのでしょうが、せっかく政権交代をしたのだから、もっと民主党らしく政治主導を発揮してもらいたいと思いました。

Comments

エントリーに関係なくてすみません

森県議、酒気帯び運転容疑で逮捕 小松署 コンビニに突っ込む 議員を辞職
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20100808101.htm


小松署は7日、酒気帯び運転でコンビニエンスストアに突っ込んだとして、
道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで事情を聴いていた
能美市能美郡選挙区選出の石川県議、森祐喜容疑者(45)=能美市下ノ江町、
自民党2期=を逮捕した。同署によると、
森容疑者は「飲酒運転し、事故を起こしたことに間違いない」と容疑を認めている。
森容疑者は同日付で辞職願を県議会議長に提出、受理された。


逮捕容疑は7日午前10時10分ごろ、
酒気を帯びた状態でワンボックスカーを運転し、

小松市大島町のコンビニエンスストア「ポプラ小松大島店」に突っ込んだ疑い。



同署によると、事故後、店員が「店に車が突っ込んできて、

運転手の様子がおかしい」と110番通報。駆けつけた署員が飲酒検知をしたところ、


森容疑者の呼気1リットルから0・15ミリグラム以上のアルコール分が検出された。


自宅から1人で買い物をするためにコンビニに行くところだったという。



事故でコンビニ入り口の正面ガラス(縦1・8メートル、横1メートル)と枠が破損し、


ガラス片が散乱した。けが人はいなかった。

森容疑者は、森喜朗元首相の長男で、2006(平成18)年3月、

県議補選能美市能美郡選挙区で初当選。翌年4月の県議選で再選し、

現在2期目で、県議会建設委員長、交流・交通特別委員会副委員長などを務めている。




石川県警によると、資料が残る1983年以降、現職県議が逮捕されるのは、

07年4月の長井賢誓県議会議長(当時)以来、2人目となる。



森容疑者の逮捕を受け、県議会の藤井義弘議長と作野広昭副議長は7日、

県議会で会見した。

藤井議長は議会閉会中のため同日付で森容疑者の辞職を許可したことを明かし、

「飲酒運転の撲滅が叫ばれる中、

県民の規範にならなければならない県議が不祥事を起こしたことは誠に残念。

信頼回復に努めていく」と述べた。



6日からニュージーランドに出張中の森元首相は7日、

北國新聞社の取材に対し「県民の皆さまや、ご迷惑をお掛けした関係者の皆さまに、

心から深くおわびしたい。県議として負託をいただきながら、このような不祥事を起こし、

誠に慚愧(ざんき)に堪えない」と陳謝した。

森氏には7日、地元事務所から一報が入った。

森容疑者が同日、議員辞職願を提出したことについて、

森氏は「直ちに職を辞すことは当然」とした。

みちのく様

コメント有難うございます。
この記事私も見ました。
これで森元総理も少し謹慎してくださると良いのですけれど・・・・・

ウイルスとワクチン行政

ご紹介ありがとうございました。
若い女性に、子宮頸がんが増加しているとの報道があって、すぐに電磁調理器が原因ではないかと思うのが、普通の発想ではないでしょうか?
しかし、日本には電磁波は安全という、国が10年間支援しての研究成果が発表になっていたのですね。
だから、性交渉とウイルスが原因との説に飛びついた?のでしょう。

未婚を恥じて、罹患を隠す女性もいるでしょうし、原発や、高圧電線との因果関係は決して表に出ません。

ああ、そういうことだったのか・・・と不審がひとつ解けましたが、やはりワクチン推進には納得できません。

コロンブスの卵様

コメント有難うございます。
近年の製薬会社は、病気を治すのが目的と言うより、病気をネタに一儲けと言う感覚で仕事をやっているのではないかと疑いたくなるような事が多いですね。
それも、各国政府を動員して税金で支払わせる事を初めから目論んでいるように感じます。
ワクチン5万円というのも、政府を抱き込むための資金も含まれているのではないでしょうか?

http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-d7b3.htmlで、子宮頸がんについて書いておられることに気が付きましたので、ご紹介しておきます。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/646-8227127c

子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!

子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!http://www.asyura2.co
  • [2010/08/16 02:57]
  • URL |
  • ジャーナリズム |
  • TOP ▲