Dendrodium 長妻厚労相 子供手当て増額の意向

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長妻厚労相 子供手当て増額の意向 

子ども手当、支給額の増額検討=財源は政府内で議論-長妻厚労相 
長妻昭厚生労働相は3日の閣議後記者会見で、2011年度の子ども手当の支給額について、「さらに上積みしていきたいと私自身は考えている」と述べ、現行の1人当たり月額1万3000円から増額したいとの考えを示した。
 長妻厚労相は「現金、現物とも上乗せしていくことは先進諸国に追い付くということにもなる。あとは具体的に財政、財源との関係で政府内で議論していく」と述べた。(2010/08/03-12:30)


マスコミでは子供手当てを目の敵にして、何か子供の関わる事件があると、
「子供手当てなどに使わないで、こういう事に子供手当ての財源を使ったら良いのに・・・・」とコメントしているのを良く見かける。
しかしそういう人達は、「米軍への思いやり予算が光熱費にまで及んでいるため、米軍の人達は外出する時エアコンを切らずに出かけるのが普通らしい。これでは地球温暖化防止や資源を守るために省エネをと言っている世界の趨勢にも反する事になるから、思いやり予算は止めにするべきではないか。それに思いやり予算を外国軍に献上するくらいなら、自衛隊を整備した方が良いのではないか。」等と言う意見を聞いたことがない。

保育所を充実させたり、子供を守るためのシステム作りをしたりする事と、
子供手当ての両立を図ることなく、
どちらか一方だけにせねばならない理由はどこに有るのだろう?
これからの日本を背負って行ってくれる子供たちのために、それらの事総てに予算を出す事がそれほど無駄な事だろうか?
節約は別のところでするべきであると思う。その気さえあったら節約できるところは、色々有るのではないだろうか?

子供を育てている時には、服も毎年小さくなるし、学校に行くようになったら更に出費はかさむから、
殆どの家庭で子供手当ては重宝な応援として、すぐに活用される資金であると思う。
今の日本では必要なものを買えない人が大勢あるのに、
企業や商店は物が売れないで困っていると言う。
こんな時に子供手当ては、必要な人が必要なものを買って潤うだけでなく、
景気にも寄与する事が出来る、一石二鳥の素晴らしい施策であると思うので、
是非続けて行って欲しいと私は思っていた。

しかしマスコミなどでは子供手当てを止めにして、他の事に使えと言う意見が多すぎるので、
もしかして子供手当は廃止になるのかと残念になっていたので、
長妻厚生労働相が子供手当てを、今年より増やす考えでおられる事を知って、
とても心強く感じたのだった。

Comments

No title

困っていない人にも配ることに意味あるの?

反対です

「日本国籍を有する日本人子弟に限定します」なら
まだ筋が通ります。しかし、民主党のやったのは外国在住の
日本人子弟は対象外で、日本に滞在している外国人
の子弟は本国在住の何百人でもOK、としか
解釈しようの無いトンデモ法でした。

現にそれをやって却下された朝鮮人が話題になりましたね。
基準も現場に丸投げで混乱し、あまりにもあからさま
過ぎるのは受理しませんでしたが一体、
どれだけ海外に金が流出したやら…

それに子供手当がどこから出たかご存じですか?
災害対策の為の予算を流用しやがったんですよ!!
今年は西日本、北日本で豪雨被害が多発しましたが
「激甚災害指定」を管内閣がしなかったのも予算を
子供手当でばらまいてしまったからです。

長妻の戯言はこれで民主党の人気が回復するだろう、
というゲスで打算に満ちた魂胆がミエミエ過ぎて反吐が出ます。

セルフ様  PHYSALIS 様

コメント有難うございます。
エコポイントとか称して、大きなテレビにしかポイントをつけなかったり(小さいテレビの方がずっとエコなのに)、
車を作るエネルギーを考えたら、まだ使える車なら大事に乗った方がずっとエコなのに、
車を買い替えたらポイントをつけたりと、
エコポイントにも色々と矛盾点が有りました。
子供手当てにも色々と矛盾点が有るのは事実でしょうが、
其処を是正したら、子供手当ては良い施策だと私は思います。

ところで子供手当てが災害対策の予算を流用したなんて、どうして言えるのでしょう?
アメリカ軍がグアム移転費用の追加を要求してきたり、辺野古埋め立てを要求してきたから、
予算が足りなくなって災害対策に充分な予算が裂けなくなっているのかも知れないではありませんか。

大体米軍に思いやり予算などと言う馬鹿なものを作ったから、
アメリカ軍は帰国したがらないのです。
日本を守るために居るのではなく、
外国を侵略するのにアメリカから飛ぶより近いし、
思いやり予算があるし、
アメリカにとって好い事ずくめの基地を提供し続けているような政策を、
全然とがめないで、
子供手当てに限って、目の敵にされるのは、何故なのでしょうね。

子供手当てを目の敵にする意見の背後に「日本人の貧乏人にやる位なら、アメリカや大企業にもっと出せ」と言う勢力の意志を感じます。

長妻さんが民主党の人気回復のために言っておられると言われますが、
選挙対策のためだったら、参議院選挙の前に言っておられたと思いますよ。
これから選挙は3年間無いのです。
長妻さんは民主主義の趣旨(国民主権)を実践する仕事を、心がけておられるだけだと私は思います。
今の言論界は、誰が主権者か分からない人達だらけなのではないかという気がしますが・・・・・

枝葉末節に拘る愚か者

どうもこの国の国民のために頑張る大臣は官僚にとって邪魔なのでしょう。
テレビは長妻さんがお嫌いのようです。
頑張れ長妻大臣、国民はちゃんと真実を見つめましょう。
私は根気のある、実務能力のある、信念のある長妻さんのような人こそこの国のリーダー、首相に就任して、実力を発揮して欲しいのです。

大切な事は税金が国民生活向上に使われることです。
今年の子ども手当ては1年の時限立法です。
枝葉末節にこだわり、目的を見失う愚かな行為は慎みましょう。
問題があれば、法案修正すればいいし、運用で弊害を除去も出来ます。
税の再分配機能、目的も、子ども手当ては優れた法案です。
拡充して、安心して子育て出来る国家にすることこそ大事でしょう。

話はそれますが、空き菅首相続投の場合、国家戦略局法案でみんなNO党とすりより、みんなNO党を国家戦略局に取り込み、郵政見直し法案潰しに利用しそうな気配です。
とっても注意が必要ですね。

scotti 様

コメント有難うございます。
子供手当ては修正の余地はあるかもしれませんが、意義のある施策ですよね。
これからも続けて欲しい施策の一つだと思います。

ところで民主党は郵政改革改正法潰しに様変わりしてしまうのでしょうか?
もしそうなったら、万事休すかもしれませんね。

根気のある実務能力のある信念のある長妻さん(笑

長妻の心温まる「パワハラ」エピソード

大臣室に局長らを集めた際、机の書類が床に落ちた時に
「上に立つ大臣は取っちゃいけない。君たちが拾わなきゃ
いけないんだよ。貴殿方とはそういう関係です」
と、局長らに言い聞かせた。

何様のつもりですかこいつは!!
中国歴代王朝の高級官吏並の尊大なゲス野郎ですね。
身体を動かすのは卑賤な者の仕事だと思ってんでしょう。

長妻は年金も知らない。知ってるのは年金記録問題だけ。
年金記録問題を追求していくうちに自分でも年金の
スペシャリストと思いこんでしまった脳無し。
もちろん、医療、福祉、労働問題に対応できる器ではない。

結局民主党というのは夢想家、理想家の集まりなんでしょう。
『あんなこといいな、できたらいいな』がスタート。
根本のスタートはそれでもいいんです。
理想を実現するのが政治家の使命ですから。
しかし、そのままのスタンスで現実との摺り合わせも
行わず行動に走って様々な齟齬が生じている。

だから、不具合が生じた時にあれ?となって初めて
”議論”を始める事になる。
子供手当だってもっと時間をかけることが出来たはずです。
野党からも余りのザルさをさんざん言われてたのに。
それをしなかったのを棚に上げて

「まだ始まったばかり」「なにぶん慣れていないので」

もう、こういう「中二病的思考回路」にはうんざりです。

心温まるエピソード

誰がその心温まるエピソードを流しているのかな?(笑)
あなたがその場にいたのかな?(笑)
そんな心温まるエピソードで判断していたら幸せでしょうね。

PHYSALIS 様

昨年長妻さんが初めて登庁されたとき、厚生省の官吏達は、誰も向かえにも出ずそっぽを向いており、
離任する益添さんには、花束を贈呈して見送ったと言う話でしたね。

一事が万事で、長妻さんに対する敵意の塊のような厚生官僚を相手に、仕事をされるのは、長妻さんにとっては針の筵の様であったと想像されます。
そんな中で、厚生官僚の傲慢さに頭に来た時、
貴方の引用されたような事を長妻さんが言われた事があったのかもしれませんが、
その前後を聞かないで、それだけ持ち出して、悪口を言いふらすところに、
闇の深さがあると思います。

官僚は自分達の言いなりになる大臣に対しては、下にも置かない奉り方で、
大臣を篭絡すると言う話です。
どうしても篭絡されない長妻さんの様な大臣には、
あの手この手の嫌がらせをした挙句、
失言を捕まえてぼろ糞に言うのも、
官僚たちが常日頃官吏としての職務を、真面目にしていないからなのではないでしょうか?

そして昨年来長妻さんが言われた何万言の中の、
大部分は反論の余地の無いものであったけれど、
たまたま失言に類する言葉が有ったのを、
鬼の首を取った如くに言いふらしているのでしょう。

官僚たちはこれまで、自民党の無能な大臣のご機嫌を取って、
やりたいほう題してきていたので、
これからもこれまでどおりに続けたいばかりに、
民主党の骨のある政治家に対して、嫌がらせを続けているようです。

それに負けていたら、元の木阿弥で、
官僚利権は守られ、
天下り先を渡り歩いて高給を得た上に、
退職金の2重取り3重取りしつづけ、
官僚は今までどおり左団扇、
国民は悲惨な状態であっても放置される世の中になっていくことでしょう。

それを変える為に、昨年政権交代をしたのですが、
アメリカやマスコミと結託した官僚の総攻撃に会って、鳩山さんはあえなく撃墜させられました。
菅さんはもう初めから理想を捨てて、自民党政権と同じ様になってしまっています。
自民党と同じなら、慣れているだけ自民党の方がましの部分もあるかもしれません。

だからと言って私は、自民党に返ったら良いとは思いません。
菅政権に初志を思い出して、問題解決に取り組んでもらいたいと思っています。

官僚が実務に詳しいのは、それが仕事で長年やってきているのだから当然のことです。
それを政治家に進言して、物事の判断を仰ぐのが官僚の職務であると思います。
それを必要な事も聞かれなかったら知らせないで、しくじったらせせら笑う・・・・・・

これは忠臣蔵の吉良上野介と浅野匠の守の関係に似ているとは思われませんか?

職員を2時間待たせ土曜日にもレク

>ある政治部記者は、長妻昭厚労相の資質について、
>こう手厳しく指摘する。新聞各紙によると、厚労省職員の
>多くが長妻氏に不満らしい。若手職員に長妻氏がやらせた
>職員アンケートの結果は、なんとも皮肉だった。
>厚労省の目標として「おごりの一掃」を掲げていたが、
>なんと長妻氏ら政務三役に「おごりを感じている」という
>答えが半数を占めたというのだ。つまり上司として、
>多くの職員がレッドカードを突きつけたことになる。

http://ime.nu/www.j-cast.com/2010/07/29072262.html

思いも掛けず転がり込んで来た権力を行使する権限に
耽溺してるだけにしか見えませんが?
厚労相が何で風紀委員みたいな事に血道上げてますか?
やることは他に幾らでもあるでしょうに…

PHYSALIS 様

>思いも掛けず転がり込んで来た権力を行使する権限に
耽溺してるだけにしか見えませんが?

私にはそうは見えません。

長妻厚労相初登庁の日の厚労省職員の態度が、総てを語っていると思います。
アンケートの結果は、厚労省の職員は、自分達のかつての不正を隠し、利権を守ると言うことで一致団結していたという事を表しているだけであると思います。
少なくとも長妻大臣を自分達の上司として仕える気は皆無である、と言うことの表れなのでしょうね。

長妻さんに対する信頼は、益々沸くばかりです。

年金積立金取り崩し案浮上

>政府の2011年度予算編成で、
>公的年金の受給者に給付される基礎年金の
>財源確保策として、約123兆円の年金積立金の
>一部を取り崩す案が浮上していることが4日、分かった。
>しかし、積立金の取り崩しは年金財政の持続性や
>将来世代の給付水準に影響しかねず、
>年末の予算案決定まで調整はもつれそうだ。

http://www.sannichi.co.jp/kyodo/news2.php?genre=Politics&newsitemid=2010080401000758

長妻は確かに年金のエキスパートですね(笑

PHYSALIS 様

それがどうしていけないのか私には分かりません。
かつて自公政権の時、年金資金も投資に使って、何兆円か摩ったと言うニュースには怒りを感じた事がありますが、
年金のために使われるのですから、何等問題は無いでしょう。

年金の資金は元々掛けたお金から支払われる事になっていたのに、自公政権がこれを流用しようと目論んで、税金で賄うように変えてしまったのです。
渡辺喜美が企んでいた通りに、厚生年金のお金でファンドが組まれていたら、どうなったかと思うとぞっとします。

投機のためとか、米軍への上納金に使われるのではないのですから、
年金基金を確りとさせるためだったら、問題ないのではありませんか?

逆ピラミッド

http://blog-imgs-43-origin.fc2.com/f/x/y/fxya/p10b.gif

【年金システム】

初期:お前等の金を積み立てて
国が運用して増やして年金として返す。

中期:運用失敗したから
お前等が今積み立ててる金を年金として渡す。

末期:別件でばら撒き過ぎたから
凄い額ある積み立てられた年金を崩して渡す。

最期:お前等に払う年金が足りなくなったら
さらに次の世代の使うから大丈夫!

次の世代等存在しません…

長妻大臣

子ども手当てはともかく
長妻さんが大臣としての器があるかは疑問ですね。
国会の答弁を聞いていると質問に対してズレた回答ばかりし、
その後、聞いてもいない発言を長々しく話しています。
他の大臣もこの傾向はありますが(原口大臣とかね。)
一番ひどいと思います。
これは国会だけでなくテレビ番組でも同様です。
視聴者として国民としては野党やコメンテーターなどの
質問だけ答えて欲しいんですけど、ね。
正直、関係ない話ばかりされると見ているこっちがイライラしてしまいます。

PHYSALIS様

これまでの厚生労働省の、国民裏切りには、呆れるを通り越して、呆気にとられるものも数多くありました。
エイズウイルス入りの血液製剤を輸入して、国民に多数のエイズ患者を出したあの事件には、耳を疑う思いでしたが、次は肝炎ウイルス入りの薬品で、肝炎患者を大量に出していた事が明らかになりました。
それから年金に関する数々の不正。
年金を収めた人の記録を、故意に廃棄処分にしたと言うニュースもありましたね。
思い出しただけでも、驚くばかりの国民裏切り行為です。
これらは皆、自民党又は自公政権時代になされた事です。
厚生省の官僚としたら、長妻さんに厚生省内の旧悪を見つけられはしないかと、戦々恐々なのでしょう。

私は長妻さんのようなやる気のある人が、せっかく大臣になられたのだから、
この千載一遇のチャンスを生かして、少しでも厚生省を改良してもらいたいと願っています。
厚生官僚が総がかりで敵対したからと言って、
それは長妻さんの責任でない事は明白でしょう。
悪共がに踏み込まれて警官に抗っている時、
総がかりで抗われているから、警官が悪いと言う理屈がおかしい様に、
厚生省吏員に嫌われているから長妻さんが悪いと言う理屈は成り立ちませんよね。

踏み込まれた事情を良く調べて、どちらが悪いかを判断せねばならないと思います。
一方的に、どちらかが悪いと決まったものではないのは事実で、警官の方が悪い場合もあるかもしれませんものね。
厚生省の場合の責任は長妻さんにではなくて、厚生省吏員の方にあると私は確信しています。

兎角お金の集まるところに悪事は生じると言いますが、
郵政と言い、年金と言い、巨額のお金が貯まっていましたので、これを狙って色々の悪事がなされた様です。
今や。マスコミは悪事をしている方の味方として、
それを正そうとしている方を、
側面攻撃して潰そうと躍起となっています。
国民は自分達の権利を守るために、
マスコミに騙されず、民主主義がちゃんと為されているかどうか、目を光らせていなければ、
事態は今よりももっと酷くされてしまうかも知れません。

若い人達にも、他人事では有りません。
事の本質を見据えて、マスコミやその他の目くらましに騙されないで、
自分達の権利を守っていって欲しいと願っています。

セルフ様

>聞いてもいない発言を長々しく話しています。

私は最近国会中継も、いやみなやり取りばかりのような気がして、余り見ないのですが、、
先日たまたま長妻大臣が、国会中継で子宮頸がんのワクチンの事を話しておられるのを聞きました。
子宮頸がんのワクチンを導入する事にするつもりですが、
このワクチンは総ての子宮頸がんに効くものではないし、副作用もあるという事をちゃんと周知させねばならないと言っておられました。

多分質問者は、ワクチンが総ての子宮頸がんに効くものであるかとか、
副作用があるかどうかとかは質問しなかったのではないでしょうか?
だけど、長妻さんはこのことは絶対に言っておかねばならないと思って、
質問されていなくても言われたのだろうと思います。

おそらく長妻さんは、子宮頸がんワクチン導入に余り乗り気ではなかったけれど、
厚生省の官僚に強く迫られて、仕方なく同意されたから、
このワクチンは総ての子宮頸がんに効くものではないし、副作用もあるという事をちゃんと周知させねばならないという事を、どうしても言い添えたかったのだと思います。

質問者が製薬会社の利益を誘導したい者である場合、
副作用の事など尋ねたりはしないでしょう。
それをこういう事を言い添えられたら、
聞いてもいないことを言うと、相手は怒るのかもしれませんね。

この件に関するニュースでは、長妻さんが念を押しておられたことは全然伝えず、
厚生省が子宮頸がんワクチンの導入を決めたとだけ言っていましたが・・・・・
子宮頸がんワクチンは5万円もするものらしいですから、何とかして日本人に広めようと、
製薬会社の手がマスコミにも蔓延しているのでしょう。

これは一つの例に過ぎませんが、
「余計な事を言う」と言っても、誰に取って余計な事であるかを、
よく吟味してみなければならないのではないでしょうか?

事業仕分(日本国民虐待政策)

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010072490143111.html
>民主政権は10年度、年間28億円規模だった国の
>鳥獣被害防止総合対策を「事業仕分け」して2割カットした。
>「地域の実情を踏まえ、地方に任せるべきだ」との理由だ。
>三重県は国費で09年度、2億5000万円の
>対策事業を実施したが、10年度は約3割減らされた。

山林保水事業からも毟ったように毟りやすいところから
後先考えずに毟りとり、それをばら蒔いた極一部が
子供手当なのをお忘れなく。

PHYSALIS 様

ご提示のリンクはもう消されていましたね。(見つかりませんと表示されました)

ご提示の民主党の事業仕分けが、日本国民虐待政策だと言われるとしたら、
少々大げさすぎではないでしょうか。
日本の年間予算は、90兆円以上のものなのですから、
その中の数十億円での使い方で、国民虐待政策とは随分乱暴な決め付けだな~と思いました。

自民党政権が長年やり続けてきたことが、どんなものであったかの検証を殆どしないで、
現政権のやることを口汚くののしっている記事が有るらしいですが、
それを書いている人達はきっと、自民党のシンパなのでしょうね。

自民党政権の旧悪を暴かれたくない人達の言い分ばかり聞いてくれる国民は、
自民党のシンパには、さぞ可愛い事でしょうね。
自民党が税金や国民の財産を、どんな使い方をしていたか・・・・・
必要もないダムや空港にどれだけの予算を浪費した事か!

小泉政権の売国政策の数々・・・・・
三角合併で日本の優良企業の40%が、外資のものになっているし、
派遣法で導入で、日本人の労働条件はめちゃくちゃにされてしまったし、
郵政民営化で、国民の財産を外国資本の好きに使わせようとしたりと、
小泉政権は国民への裏切り行為だらけでしたね。

米軍に思いやり予算などと言うとんでもないものを出す事にしたために、日本に外国軍を居座り続けさせる事にした中曽根総理も酷い置き土産を残して、未だに日本は独立国とは程遠い状態にありますね。

国民がそういう旧政権の旧悪を無罪放免で許して、
現政権のの欠点を、重箱の隅をつつくようにあげつらっていたならば、何時までたっても政治は改善される事は望めないでしょうね。

そして私達国民はドンドンしわ寄せされて、生活を脅かされていく事になるのでしょう。

子宮頸がんワクチンについて

和久様もご存知と思いますが、高圧電線の近くでは、白血病や小児ガンなどの発病が多いと訴訟がありましたね。
今、問題になっている子宮頸がんの原因は、性交渉によるウイルス感染とか。

だから、ワクチンなのでしょうが、ガステーブルに代わる電磁調理器が普及しています。電磁波が丁度子宮に当たる位置で、しかも経血が滞留しやすいところのガン罹患なのです。若い女性の罹患が本当に性交渉とウイルスなのでしょうか?

原発の近くの桜の花に畸形が多いと、毎年市民団体が調べていたら、原発関係者によって、なんと桜の木が切り倒されたそうです。

真相からの乖離で、未婚の性交渉などとあらぬ中傷を受ける若い世代が可哀そうです。解決とお金の使い方が誤っている気がしてなりません。ワクチン接種には慎重にと願っています。

コロンブスの卵様

コメント有難うございます。
私も子宮頸がんと、電磁調理器の普及には関係があるのではないかという意見を聞いたことがあります。
調理するほどの強力な電磁波を、いつも浴びているのですから、かなり可能性は高いかもしれませんね。

インフルエンザなど、同じ病名の病気でも色々なウイルスがかかわっている事が多いようですね。
子宮頸がんも色々なウイルスが関わっているらしいです。
今回導入の子宮頸がんワクチンが、子宮頸がんウイルスの総てに効くわけではなく、そのワクチン製造時に利用したウイルスにだけ効くものだという事を、長妻さんも言っておられましたが、それを知らぬ気に、推進者達はワクチン導入を声高に唱えているようです。

ワクチン導入を働きかけている人達は、製薬会社の利益のために、子宮頸がんの恐ろしさを言いふらしているだけで、本当に若い女性を助けたいと言う動機ではないのではないでしょうか?
効き目は不確かな上に、副作用もあるかもしれないと言うのに、5万円も出して子宮頸がんワクチンを打つ必要がどこに有るのでしょう。

一人分5万円とは、吹っかけたものですね、製薬会社も。
もしかしたら普及費(政治家を巻き込むための)も含まれているのかもしれませんね。

長妻大臣は大健闘中・・・

すみません、こちらの記事にTBをしました。
ところが、二重投稿になってしまいました。
削除の方法がわかりませんので、よろしくお願いします。

和久様、ありがとうございます

二重投稿のTB削除ありがとうございます。

記事に載せましたが、総務省、厚労省、電源開発特別会計など、
驚くほど巨額のお金が効果不明のまま運営されているのですね。
以前、和久様が記事にされましたよね・・・

特別会計らの究明がなされ、国民の真の繁栄と幸せに効率よく使われることを願わずにはおれません。

コロンブスの卵様

日本は税金の使い方をまともにしたら、90兆円も必要ではないのではないかという気がしますね。

さっき子宮頸がんワクチンについて書かせていただきました。
その中でコロンブスの卵さんの記事も引用させていただきましたので、事後承諾で恐れ入りますが、どうかご了承ください。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/642-80b46223

役立つブログまとめ(ブログ意見集): 子ども手当で現物サービス by Good↑or Bad↓

「子ども手当で現物サービス」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
  • [2010/08/05 07:29]
  • URL |
  • 役立つブログまとめ(ブログ意見集)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓ |
  • TOP ▲

電磁波の安全性の研究は公正か?

電磁波が健康に害があるのは「定説」となっていると思っていたが、 総務省から、毎年数億円が、 携帯電話の電磁波の安全性研究に費やされているという[http://www.mynewsjapan.com/reports/1291 '''記事''']に出会った。 というの...
  • [2010/08/08 09:42]
  • URL |
  • コロンブスの卵を産む |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。