http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 悪習はどちら?
FC2ブログ

悪習はどちら? 

「北朝鮮の挑発にためらうのは悪習」オバマ大統領が中国に決断迫る
JUNE 29, 2010 08:26
オバマ米大統領は27日(現地時間)、海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」沈没事件に対する中国の対応に関連し、「節制(restraint)と、継続する問題に意図的に目をつぶることとは違う。今回のことは、北朝鮮が(越えてはならない)線を越えた事例であることを中国の胡錦濤・国家主席が認めることを望む」と述べた。


ベトナム戦争の時のトンキン湾事件が、アメリカのペンタゴンの仕組んだ事であると言うことや、
イラク戦争の開戦理由となった「イラクが大量破壊兵器を隠し持っている」という疑いも事実無根であったということが、後年明らかとなりアメリカ政府は認めている。

その他にも有名無名の、アメリカが戦争を仕掛けるためにでっち上げた疑いの濃厚な事件は、
歴史上数々あった。
今回の哨戒艦沈没事件についても、韓国が北朝鮮原因説を発表する以前に、
別の原因が各方面で囁かれていた位で、
最後に韓国政府が地方選挙をにらんでと思われる時期に発表した原因を、
無条件で、全面的に信用するのには無理が多すぎると思う。

日本のようにこの事件がきっかけで、
普天間基地移設先を、国外か少なくとも沖縄県外にと、
張り切って頑張っておられた総理の意見が、
一辺に辺野古埋め立てという、
自公政権の決めたとおりで良いという事に、
あっけなく後戻りしてしまった(後戻りさせられてしまった)という例もある。

天安沈没事件は其れ位にインパクトのある事件であるのだから、
現在アメリカの属国ではない中国が、
アメリカに首根っこを押さえられている、日韓のように無批判でアメリカの判断に、
右へならいする分けがないだろう。

オバマさんは「北朝鮮の挑発にためらうのは悪習」と言われたそうだけれど、
「アメリカの謀略を丸信じするのは悪習」と言いなおしても、
歴史的事実とそれ程乖離してはいないのではないだろうか?
この天安沈没事件は、かなり複雑なものを秘めた事件だったのではないだろうか?

Comments

どこの国も

今回の哨戒艦沈没事件は、韓国でも、日本でも、国民は北朝鮮の仕業とは断定できないのでは?と思っていますね。
日本の首相が従順振りを示すために、大統領様に何でもイエスの状況には反吐が出ます。
コイズミ首相が世界で一番先にイラク戦争を支持し、空き菅首相が世界で一番先に北朝鮮を批判しよう、と呼びかけている姿は酷似していますね。
イラク戦争開始前に、あと2週間で、核兵器の有無は分かるから待てと大量破壊兵器の国連査察団が警告したのに、無視して直ぐに開戦しました。(無いのがバレルのが不都合な真実だから)

この状況では、北朝鮮の仕業でないと分かる前に攻撃でも開始しそうな雲行きですね。
菅直人なら、真っ先に支持するのでしょうね。
自衛隊の国外派兵も直ぐに決断しそうですね。
草かんむりの取れた、官政権は本当に恐ろしい政権になりそうです。

scotti様

コメント有難うございます。
考えてみると、野党の政治家であった時には対米従属を嘆き、
何としても正すべきだと主張していた政治家が、
権力の頂点に座ると途端に、
対米従属に変節する事が、何度もありましたよね。

アメリカの圧力は其れ位に凄いものなのかもしれませんね。
鳩山さんは、本当に朝鮮戦争勃発の危険を感じられたのではないでしょうか?
アメリカは自国の利益のためだったら、
何百万人の命でも犠牲にする用意有りという事を、
しばしば実行して見せていますものね。

やっぱり政治家にのみ責任を押し付けていても、無理なのかもしれません。
国民が目覚める以外にないという事なのでしょうね。
自国のために心血を注いでおられる政治家を、
マスコミの流すスキャンダルで嘲笑っているようでは、
政治家も、どうする事も出来ないのかもしれませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/608-ab187b47

ホンジュラス・クーデター一周年

2010年6月28日 民主的選挙で選ばれたホンジュラス大統領マヌエル・セラヤを追放した軍事クーデターで、今日まで続く同国労働者階級に対する弾圧的暴力の時期が始まって以来、今日で一周年だ。 ポルフィリオ・ロボ・ソサ大統領政権と、同政権による、半球と世界との関係正
  • [2010/06/30 09:38]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

 月間死者100人超=01年の開戦後最悪に―アフガン駐留軍

最近余り報道されなくなってきましたが、アフガニスタンの戦死者は今も増え続けています。 力の有る方々でさえ、この程度の死者が出ています。無い方々はもう計り知れないと思います。 人が殺されれば、殺した者、殺された者、それらから愛を受けていた者、 みんなの心が