Dendrodium 「朱蒙(チュモン)」を見て
FC2ブログ

「朱蒙(チュモン)」を見て 

私は子供の頃から物語が好きで、テレビでもドラマが一番好きである。
毎日何か見ることに決めているのだけれど、火曜日には面白そうなのが全然ない。
それで仕方なく韓国ドラマの「朱蒙(チュモン)」を見るようになっていた。
途中から見だしたし、韓国の歴史を殆ど知らないので、
かなり昔のことではあるらしいとは思っていたけれど、どういう王朝が出来る時の物語なのか全然分からないまま、何となく見ていた。

其れが昨夜の話で高句麗の出来る時の話なのだと言うことが分かった。
高句麗が出来る時、チュモンはプヨの王子(プヨ王の実子ではない)だけれど、事情があって国を出て放浪していた。
その頃たまたま、奴隷にされそうになって脱走した人々を助けて、チュモンはちょっとした集団の長になる事になった。
チュモンの噂を聞いて、近隣から助けを求めて逃げてくる人々が続き、チュモンの集団は一大勢力となった。
その為チュモンは彼等に食を与えるだけでも、大変な事態になってきた。

困ったチュモンは友好関係にある商団の長を説得して、
その商団が軍を動かす時の為に保管していた食料まで、出してもらう事になった。

当時その地域は5つほどの勢力に分かれて抗争していたけれど、
それらをまとめて新しい勢力として助け合っていこうと、彼らは計画していたのだけれど、
その為には戦いは不可欠の事と皆は思っていた。

しかしチュモンは戦わないで統一を果たしたいと言い出したである。
同じ国の者となるのに、血を流し合ったのでは本当の仲間と思うことは難しい。
戦わずにひとつの勢力として、助け合う国を作りたいと言う訳である。

その統合が成功するまでには色々なドラマが在ったのだけれど、
ついにチュモンの計画は成功して、戦をしないで部族間の統合が出来た。

そして新しい国の旗印に三本足のカラスと言う名を聞いた時、私は日本の神話にもしばしば登場する八咫烏の話を思い出させられた。

日本の起源は朝鮮半島に有ると言うのは通説であるけれど、
戦わずに国をまとめる「大和」の思想と言い、三本足のカラスの伝説といい、日本建国の神話ととてもよく似ているな~と改めて驚かされたのであった。

Comments

私も以前見ました

チュモン長い長いドラマですね。
韓国ならではの超超長編ドラマでした。
主人公のチュモンはいい奴でしたが、兄弟の関係が難しかったですね。
私もこの人が高句麗を作ったのだと、韓国の歴史、中国の歴史に関心を深めました。
韓国、北朝鮮にも当然に立派な文化がり、日本がそれを侵食していた時代を思うと申し訳ない気持ちで一杯になりました。
高句麗は今の北朝鮮のあたりですね。
立派な歴史や文化がどこにもあることを忘れてしまいそうですが、ドラマが歴史の素晴しさに気がつかせてくれました。
今は韓国ドラマのファンです。

そう言えば、サッカー日本代表の胸のロゴマークは八咫烏ですね。

scotti様

コメント有難うございます。
お隣の国の事なのに、韓国のことを私は殆ど知らないのだと、改めて痛感させられました。

チュモンはこの春ごろから時々見ていたのですが、どういう趣旨の物語か全然見当も付かないまま、何となく見ていたのでした。
特にチュモン役の人の表情が、大仰過ぎるような気がして、
「こんな勿体ぶった人のところに、人は余り集まらないもののはずだけど・・・・・」と、チュモン役の人が余り好きにはなれないでいたのでした。
でも高句麗と言う、あの国の基とも言えるようなものを起こした、
民族の英雄、日本で言えば神武天皇にも相当するような人の役であるから、
あのような大仰な表情を作っていたのだろうと言うことに、気づき納得したしだいです。

しかし朝鮮(こま)には素晴らしい歴史が有ったのですね。
同じ民族が互いに争っていたのでは、必要のない争いで殺し合いをする事になるから、
ひとつに纏まって、話し合いで物事を決められるようにしたいと思うのは、誰でも考える事だと思いますが、
大抵の場合殺し合いの末、一番強い集団が天下を統一するのが、歴史的現実であったと思います。
高句麗の場合も、多分チュモンがそこまでの名声を得るまでには、相当の戦闘も繰り返されたのでしょうけれど、
大同団結の理想として掲げた言葉が素晴らしいなと思いました。

今EUが戦わずにヨーロッパ連合を作りましたが、
高句麗はその2000年も前に其れを成し遂げていたのですね。

日本建国の祖は、高句麗王朝の出であるかどうかは分かりませんが、
少なくとも高句麗朝の理想を理想としていたと言うことだけは確かでしょうね。
東洋人が平和を愛するようになったのは、仏教のお陰だと思っていましたけれど、
仏教伝来以前にそう言う素地を持っていたと言うことなのでしょうか?

サッカー日本代表のマークが、八咫烏であると言うことには気が付かないでいました。
明日(今夜)の試合上手く行くと好いですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/602-c1ce136a