Dendrodium 日本の快挙に有頂天になる愛国心あふれる私達
FC2ブログ

日本の快挙に有頂天になる愛国心あふれる私達 

「はやぶさ」カプセル無事回収
日本がカメルーン破りW杯白星発進、本田のゴール守る
昨日は日本人の快挙とも言うべきニュースが、二つも有った。
「はやぶさ」は7年間もの宇宙の旅を終えて、地球に帰ってきてお土産のカプセルも無事に回収できたそうである。
これは日本人の技術力の優秀さが証明された快挙であったと言えるだろう。

又サッカーワールドカップでは、アフリカで一番強いといわれているカメルーンに、
見事勝利し緒戦を飾る事が出来たのは、スポーツにおいての快挙と言えるだろう。

久しぶりの日本人にとっての明るいニュースに、日本中がうきうきしているような感じがする。
自分が何一つ関わっていないと言うのに、私も嬉しくなって浮かれている。

こういうのを見れば、大抵の国民は自然に愛国心を持っているのだと言うことが分かる。
こういう自然発生的な愛国心こそ、本当の愛国心なのではないだろうか?

法人税を上げたら本社を外国に移すぞと、政府に脅しをかけて来るような企業のトップが、
しばしば愛国心教育なるものを主張しているらしいけれど、
そんなのに乗せられて、愛国心愛国心とオウムのように繰り返している人たちは、本当の愛国心を持っているのだろうか?
法人税というのは、儲けにかかるのであって、儲けの出ない会社とか損をしている会社にかかる事はないのだから、
「日本国のお陰でこれだけ儲ける事が出来ました。この国の人々が幸せに暮らせるように、応分の税金を払いますから宜しく活用してください。」と言って、儲けからできるだけたくさん税金を払おうとするのが、愛国心のある経営者であると言えるのではないだろうか?

法人税は出来るだけ少なくしか払わないで、消費税の戻し税は出来るだけ沢山貰いたい。とばかりに消費税を上げろ上げろと、マスコミに叫ばせているスポンサー達。
消費税率を上げさせて、貧乏人に多額の消費税を払わせたら、
今以上に多額の消費税の上前が懐に入る輸出企業。
右翼はその社長達に「愛国心が無い」と言って、どうして圧力をかけようとしないのだろう?
右翼は何かと圧力をかけるのがお好きなようなのに、
愛国心のかけらもない会社経営者たちに対しては、
余り圧力をかけたという話を聞いた事がないけれど・・・・・

Comments

No title

「はやぶさ」の件で…
後継機の開発費は、麻生政権の2010年度予算
概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで
5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで
削られた経緯がある。福山哲郎官房副長官は記者会見で
この点を問われ、「今回の成功を受け、11年度予算は
検討したい」と述べた。

鳩山の小遣い2ヶ月分の予算で何ができるか…
民主党が自分の手柄みたいに言うな!!と言いたいです。

愛国心から人類愛へ

町内会のソフトボールでは自分の住んでいる迫を応援して、県大会では地元の学校を応援して、全国大会では郷土の代表を応援して、世界大会では日本を応援します。
宇宙選手権でもあれば人類を応援するのにね。(笑)
そのときは、地球は家族、人類はみんな兄弟を実感できるのでしょうね。
日本の大企業と言っても、株主の半分は外資、労働者が過酷な条件で働いて得られた、各種減税の好条件で得られた大企業の収益は、ストローで外国へ吸い取られているような状態です。
これが日本のデフレ不況の犯人ではないのでしょうか。

コメント有難うございます

PHYSALIS 様
事業仕分けしたところで、この成功は民主党にとって、ちょっと痛い所でしょうね。

でも、だからと言って事業仕分け全部が必要なかったかと言うと、まだまだ全然足りないくらいに、必要な事だと思います。

尚 はやぶさの成功は嬉しいですが、宇宙開発に多額の予算をかける必要が有るかどうかは、議論の分かれるところではないでしょうか?
人類は地球上の深海の事さえ、まだ知らないことだらけだそうですし・・・・・

scotti 様
大会社のかなりの部分が外資に握られているらしいですね。
其れと言うのも、小泉改革で三角合併を許して、外資が日本の企業を、乗っ取りやすくして上げ、
その上日本のお金を、外資に安い金利で融資していたそうですから、
乗っ取ってくださいと言わんばかりの政策ですよね。

結局日本人のお金で、日本の企業は乗っ取られ、今の体たらくとなってしまった・・・・・

小泉純一郎は、稀代の売国奴と言うべきでしょうね。

No title

>宇宙開発に多額の予算をかける必要が有るかどうかは、議論の分かれるところではないでしょうか?

その議論を、知識の無いバカ共が仕切ったのが事業仕分けです。
バカが仕切れば、そりゃバカの数だけ意見が分かれますよね。
具体的にどれだけの金額が「多額」なのかも、たぶんあの人達は解ってなかったと思います。

唯一人間を宇宙に運べるロシアと、現在1番効率よく物を運べる日本。
この状況下で、「宇宙開発はいらない」「何の利益になるの?」 と、ろくに”調べもせず”、モウロクして福祉福祉と叫ぶバカどもには、とっとと御退陣願いたいです。

もしくは、政治家をはじめ、あーゆー人達に強制的に勉強させる方法とか、無いものでしょうかね?
たぶん、宇宙開発に限った話ではなく、各分野での議論や仕分けが、担当者の知識不足で悪影響を受けていると思うのです。
「国民目線」と言いますが、車の運転した事も無い歩行者の視点で、道路システムの一部分のみにツッコミを入れている様なモノですよ。

事業仕分け自体は良いのでしょうが、仕分け人の能力が不足していたんだと思います。

ライ麦狼様

コメント有難うございます。
仰るとおりかもしれませんね。
あの事業仕分けも、財務官僚のお膳立てで遣っているそうですから、本当に止めねばならないものは、棚の上にのけてあるのかもしれませんし・・・・・

意外な抑止力

はやぶさの件ですが

>香港の軍事評論家である馬鼎盛氏は
>「もし日本がこれらの成果を軍事面に応用すれば、
>中国やその周辺国家にとっては大きな脅威になる」と語った。
ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0619&f=it_0619_001.shtml

大気圏外からほとんど誤差無しでターゲットを狙える再突入
技術は注目の的です。
あのカプセルが爆発物ならば宇宙からピンポイント攻撃可能な
訳で…
軍事関係者からすれば垂涎物です。

何しろ「はやぶさ」本体は、通常の地球周回する人工物よりも
速いスピードで動くので、高高度で周回させておけば、
他国の人口天体から攻撃されることもない。

無論、今の日本にはそのような事をする理由も動機も皆無
ですが、純粋に宇宙開発を追求した結果が意外な抑止力
になりうる、というのも否めない事実です。

他国は宇宙開発=軍事技術ですから…

PHYSALIS 様

宇宙開発は軍事の目的も大きいと言うことは聞いた事がありますね。
原発にもそのようなところがあるのだとか。
人類の科学的進歩は、古来常に軍事が原動力となっていたそうですから、
当然のことなのかませんが・・・・・・

そしてついに人類は人類を滅ぼす武器を発明してしまい、
今運ぶミサイルも完成に近づきつつあると言うことなのでしょうか?

人類の生みの親である或る力は、既に他の恒星の惑星で、地球と似た環境の星を探し当てていて、そちらに移動(生まれる時からだけど・・・・・)させ始めているのかもしれませんね。
新しい星には戦争を好きになるタイプは一切生まれないように、予め設定されているから、今度はどんなに科学的に発展しても地球(新しい)は生活環境が破壊される事はないようになっている。
科学は遅々として発展しないけれど、人々は日々の生活に追われながらも、
小さな幸せを見つけて結構幸せに暮らしている・・・・・なんてのは如何?

意外な抑止力2

今回、NASAが異様に気合いを入れてはやぶさ再突入を
観測した理由の一つに突入速度がスペースシャトルの
数倍以上なので今後の参考にするというのもありますが…

アメリカが開発してる新型ミサイルが
火薬や核を使わず弾体のみを激突させる
「コンベンショナル・ストライク・ミサイル」
略称「CSM」と呼ばれる非核攻撃ミサイル。

発射後大気圏を脱出して宇宙で方向転換し、
マッハ10以上で大気圏再突入して目標に衝突。

火薬や核爆発がなくても衝撃波だけで既存の
ミサイル以上の破壊力を持たせる事が可能。

超高速で突入するはやぶさとカプセルは
まさにジャストタイミングの実験材料だった訳で。

同じ条件の単独実験なんかやったら、巨額の費用が
掛かりますから米軍の開発者にとっても渡りに船。

核兵器が経費ばかり喰う、旧式兵器となる時代が
近づいています。その変わり「核抑止力」という歯止め
も無くなる、というリスクも背負い込む事になります。

PHYSALIS 様

核兵器が旧式の武器になりつつあると言うことですが、
其れよりももっと好い武器がが出来そうだからと言う所が、悲しいところですね。
人類は全滅してしまうまで、軍拡を止める事が出来ないのでしょうか?

逆説的真実

「わからないのか? 全宇宙は支配されなければならないと
いうことが!!」

「戦争によって多くの人間が死に、また生まれ、新しい文明が
育つ」

「戦争こそ歴史の創造主だ。進歩の動力源だ」

「戦争は人間にとってなくてはならない。だからこそ
コントロールされるべきなのだ。ひとりの神によってな!!」

某アニメの主人公の名台詞です。台詞自体は陳腐なんで
すが、実際の台詞を聞くと迫力があります。

主人公が戦争によって翻弄され続けた犠牲者(一介の兵士)
であるだけに哀しい真実です。

PHYSALIS様

そこまで分かっているのなら、もう戦争はせずに済む方法を見つけたらどうだ?
其れが出来る者になって欲しいと言うのが、神仏のお心かも知れませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/596-0db59f2b