Dendrodium 「菅直人新政権は史上最悪の対米従属内閣だ」との意見
FC2ブログ

「菅直人新政権は史上最悪の対米従属内閣だ」との意見 

天木直人さんが「菅直人新政権は史上最悪の対米従属内閣だ」と言う記事を書いておられる。
今日お昼のテレビでの菅さんの扱われ方は、甚だ友好的であった。
総資産2千数百万円という事についても、何の疑いも挿まず、
「1万円寄付したら菅さんの奥さんがわざわざ御礼に来て下さった」と言っている人の話まで紹介していた。
私も菅さんに期待していたのだけれど、一部で言われているような、
小沢はずしは選挙のためのパフォーマンスという説は、
又しても期待はずれになるかもしれない。

天木さんのブログの写しをコピーしてみましたので、
原文を読めなかった方はご覧下さい。
(私のPCでは記事が端にずれて読めない状態でしたので、コピーにして読みました。)

鳩山ルーピー首相の失策を踏み台にして総理の座を射止めた菅直人は見事なフォロースルーをした。
  それは日米同盟関係の全面的な修復だ。いままでのどの内閣よりもあからさまな対米従属だ。
 それは首相に就任した直後から語られた一連の日米同盟重視発言で明らかだ。
 新政権の顔ぶれを見ればあきらかだ。
 そのような公開情報よりも、私が個人的に接してきた菅直人の言動ぶりから、私は菅直人の対米外交をそう決めつける。
 鳩山辞任で民主党の支持率が上がったらしい。小沢切りで支持率が上がったらしい。
 もはや政局のゴタゴタにうんざりした国民が菅直人新政権に期待するのはわかる。
 市民派リーダーの出身の政治家菅直人に国民目線の政治を期待する声もわかる。
 麻生や鳩山のように国民の侮蔑と怒りを買うような決定的な誤りをおかさなけれ、菅新政権は定着するかもしれない。
 しかし、それは日米同盟と言う名の対米従属が固定することでもある。
 市民派という顔をした保守大連立政権となる危険性がある。
 果たして国民はそれに気づくのだろうか。
 沖縄住民や、それを支える社民党は、米国と外務官僚の合作である日米共同声明を重視する菅直人民主党政権を追及できるのか。
 あるいは菅保守大連立政権に押しつぶされて終わるのであろうか。
 そしてそれを国民の多数が黙って見ているのか。
 私の関心はそこにある。
 6月下旬に発売予定の「さらば日米同盟」(講談社)は鳩山首相に対してメッセージを送るつもりで書き始めた本だった。
 はからずもそれは、私の菅直人政権に対する異議申し立ての本になった。

 

Comments

税金バラマキ民主党に期待できない

左巻き菅政権の支持率はいずれ30%以下に。
菅の政策で支持できるのは、タバコ税の上げだけ。
左巻き菅は亀井との間で、郵政改悪を行うことを改めて署名確認した。
参議院選挙で惨敗し、菅は責任を取って辞任する短命政権となることを切望する。

左巻き様

コメント有難うございます。
郵政改悪と仰いますが、誰にとって改悪と言われるのですか?
私達一般国民にとっては、郵便貯金が株投資などの、
博打のような管理をされて、大損してしまわれる恐れがなくなったので、
この法改正は文字通り改正だと思っているのですが・・・・・

もしかして貴方は金融関係の方?
ぼろ儲けするチャンスが無くなるので、残念であると仰るわけなのですね。

郵政ファミリーの思う壷ですね。

和久希世さん、ご無沙汰してます。
横レス失礼します。

>郵政改悪と仰いますが、誰にとって改悪と言われるのですか?
>私達一般国民にとっては、郵便貯金が株投資などの、 博打のような管理をされて、大損してしまわれる恐れがなくなったので、 この法改正は文字通り改正だと思っているのですが・・・・・


郵政ファミリーにとっては「改正」ですが、国民にとって「改悪」なんですよ。
これで地方の信金がばたばたつぶれて、そのあおりで地場産業もつぶれると云われてますが、そうしたデメリットをご存じないのですか?

郵貯には、民間金融機関のような資金運用ノウハウがないから、その資金の殆どを国債購入に費やすしかないでしょう。
その国債だって、決して安全とは限りませんが。

不公正な競争で地域の信金のパイを奪い、地域経済を混乱させた挙句、その資金を国債に突っ込む。
国はその資金で、儲かりもしない事業に突っ込む。
そのつけは、いずれ郵便貯金を預けていない人たちも含めて税金で補填するんですよ。

株投資などの博打と何が違うのです??
まだ、株投資の場合は、儲かる場合がありますが、郵貯の場合は、儲けるノウハウすら持っていない”落第”金融機関なのですよ。
そんなところに預けて儲かるわけがない。

能無しの郵政ファミリー企業を延命させるだけの結果に終わるのがオチでしょう。

そんなことすらわからず、「大切な資産がアメリカの金融機関に奪われる」というような安っぽい排外的アジテーションにまんまと乗せられているようでは困りますね。
これじゃ、排外主義を叫ぶネトウヨとなんら代わりが無い。
あなたこそ、郵政ファミリーの扇動にまんまと乗せられているんじゃないですか

こうした問題を語るならば、その程度の基礎知識を持つべきではないでしょうか??

一知半解様

コメント有難うございます。
相変わらずご贔屓にして頂き有難うございます。
貴方のお説、ご自分で考えたお積りかもしれませんが、
私から見たら誰かの受け売りなのだろうなと言う感じです。

博打だったら損をする事もあるけれど、儲ける事だってあるですって?
博打と言うのは絶対にお客が儲ける事など出来ない仕組みになっている事をご存知ないのですか。
其れは勿論何回かは儲ける事もあるかもしれませんが、其れは客寄せ目的で儲けも作っているだけで、長くやっていたら殆どが損をして、胴元に儲けが入るように出来ているのが博打です。
現在の世界の金融システムも、一見儲けたり損したりのシステムに見えますが、
金融恐慌と言う名の何十年に一度のものとか、しばしば起きる不景気やバブルが起きているのは、偶然の産物ではないようですよ
胴元とも言うべき世界の金融を握っているグループが、
博打場に出ているお金を回収するために、意図的に作り出している不景気で、庶民の貯金を一挙に全部吸い上げるシステムなのです。

色々理由付けはしていますが、先年のバブルには当時の政府が一枚噛んでおり、銀行に協力させた事だから、
莫大な税金を銀行に与えて補填しているのでしょう。

世界の金融資本が日本の郵便貯金が莫大なものである事に目を付けて、郵便局のお金もこの博打場に出させようと、もくろんで小泉純一郎にやらせたのが郵政民営化なのです。
小泉純一郎は一度総理になってみたいと言う一心から、
宗主国の手先として、国民人をペテンにかけた立役者ですから、
世界金融資本の支配下にある日本のテレビ局各社が、
全力で小泉純一郎を持ち上げたので、あの人気となったのです。
小泉純一郎には胡散臭い噂が山ほど有るのを知っていても、
テレビは何一つ悪口を言わなかったのも、上からの支持があったからなのです。

でももし小泉純一郎が宗主国を裏切ったら、怒涛の如くにスキャンダルを流してやろうと、金融資本の手先達が、資料をそろえているのを知っているから、小泉純一郎も最後まで、アメリカのポチを貫くしかなかったのでしょう。
麻生政権でオリックスにかんぽの宿が、むちゃくちゃな安値で売り渡されそうになっている事で、問題が表面化しましたが、
あれ以外にも郵政民営化に協力した功労に答えるためであろうと思えるような安値で、郵政の財産が色々、破格の安値で払い下げられていたと言うことです。

郵便局が大損をしたら、預金者の貯金は1000万円までは、税金で補填されると言うことで、貯金者は表面上は損がないようですが、
金融資本が吸い上げたお金は、税金で賄うと言うことになるのです。

お金儲けお金儲けと二言目には言う人たちが居ますが、
お金と言うのはどういうシステムになっているのかを知ったら、
人間にとって価値あるものを生産せずに、お金だけ動かして、儲けるということが、どんなに倫理に反する事であるかが分かると思います。

と言うわけで貴方の言われる事こそが、洗脳され騙された人の論理であると私は思います。

No title

第二次亡国政権がスタートした。
世間ではいまだオレオレ詐欺の被害が絶えないらしい。 
なぜあんなものに引っかかる人が後を絶たないのか?
以前からずっと疑問だったのだが、おぼっちゃま政権に
代わって新たに誕生したプロ市民内閣の発足にともなって
行われた世論調査において、その支持率が60%前後という
V字回復を遂げたという事実にその疑問も氷解した。
平和ヴォケでお人好し、そして常に性善説がベースにある
日本人は、同じオレオレ詐欺でも顔さえ変えれば容易に
騙されるということを如実に証明した。 
新たに発足した内閣がまさか日本を壊滅させようとして
いるなどとは夢にも思っていないだろう。
頭のおかしいルーピーでもできる日本国総理大臣。 
「辛光洙」の釈放嘆願書に署名した左翼プロ市民崩れ
でもなれる日本国総理大臣。 
ルーピーとカンガンス、この二人は日本国総理大臣の
価値を奈落の底まで突き落とした。 
もはやそのへんのホームレスの方が底辺を知る分だけ
ルーピーやカンガンスよりはマトモな政治をするかも知れない。
衆議院議員の任期は四年。後三年二ヶ月も日本国民は
左翼の売国、亡国法案の強行採決を見せられ、
塗炭の苦しみを味わされ続ける

PHYSALIS 様

コメント有難うございます。
たった今、出しました記事が、このコメントへのお返事にもってこいかと思いますので、
http://dendrodium.blog15.fc2.com/blog-entry-594.htmlをご覧下さい。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/588-81757607

大方の予想を裏切って、菅内閣の反小沢戦略は成功しそうだ。

8日正式に発足した菅直人内閣は前途多難、参院選のための選挙対策内閣でしかないとも言われている。しかし多くのマスコミの流言蜚語からすこし離れて視れば、意外と強力な内閣になりそうだ。人間は変わる。環境・情況に応じて対応する「しかない」ことを彼は学んでいる。...
  • [2010/06/08 11:02]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲