Dendrodium ナチス被害者であったはずのユダヤ人による度重なる横暴に思う
FC2ブログ

ナチス被害者であったはずのユダヤ人による度重なる横暴に思う 

ガザ支援船また拿捕 平和賞受賞者も乗船
2010年6月6日 朝刊

 【カイロ=内田康】イスラエル軍は五日、アイルランドからパレスチナ自治区ガザに向け航行していた新たな支援船「レイチェル・コリー号」を、ガザ沖の地中海で拿捕(だほ)した。AFP通信によると、十五人の乗船者は船に乗り込んできたイスラエル兵に抵抗せず、負傷者はいなかった。コリー号は軍の監視下で、イスラエル南部アシュドッド港に到着した。

 五月末に起きた国際支援船団拿捕事件で乗船者九人が死亡したことから、アイルランド政府はイスラエルに対し、安全にガザに入港させるよう要請していた。ガザの経済封鎖を続け、自由な航行を認めないイスラエルの方針に、再び批判の声が高まるとみられる。

 イスラエル軍の艦船は五日朝にコリー号に接近し、アシュドッドに入港するよう要請。支援物資はイスラエル政府が検査した上でガザに運ぶと提案したが、コリー号側が拒否したため、拿捕に踏み切った。AP通信によると、現場は公海上だった。

 コリー号は国際支援団体「自由ガザ運動」が運航。アイルランドから車いすや薬品などを運ぶ途中だった。一九七六年にノーベル平和賞を受賞した英国・北アイルランドの活動家マイレッド・マグワイア氏や、アイルランドやマレーシアなどの活動家が乗船。五月末に拿捕された船団に加わる予定だったが航海が遅れ、単独でガザを目指していた。

 「レイチェル・コリー」は二〇〇三年にガザで、イスラエル軍のブルドーザーにひかれて死亡した米国人活動家の名前。


先日(6月1日)国連安全保障理事会でイスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ向けの支援船団を急襲・拿捕(だほ)した事件で、多数の人命が奪われる結果に至った行為を非難する議長声明が全会一致で採択されたばかりだと言うのに、イスラエルは全然反省する意志のないことを表明するかのような今回の事件である。

第2次大戦中のドイツのホロコーストでの被害者が、そっくりそのまま加害者になっているのはどう言う訳なのだろうか。
ユダヤ人は迫害の痛みを知ったから、ホロコーストを糾弾し、アンネの日記を読み継いでいるのではなかったのか?
ガザに閉じ込められているパレスチナ人を救おうとする人々を大勢殺害して、国連で非難されたばかりと言うのに、
又しても同じ事を繰り返すイスラエルは、自分がかつてのナチスドイツと差がないような悪辣な国に成り下がっていると言うことをどう思っているのだろう。
おそらくイスラエルにも、その事に気がついて悲しんでいる人も大勢あるのかもしれないけれど、
悪貨は良貨を駆逐すると言うことでどうにもならないのかもしれないけれど・・・・

今や良貨は、悪貨に駆逐されてばかりいないで、きっちりと悪貨を駆逐し、
人類の灯火とも言うべき人たちは、枡の下から灯台に掲げられて、
闇を照らさねばならない時に来ているのではないだろうか。

Comments

反省の仕方

戦争の悲惨な被害者には、2通りの反省があります。

その1、もう2度と戦争に加担するのは嫌だ。

その2、この次は被害者でなく加害者になろう。

隠居老人様

コメント有難うございます。
イスラエルの場合は、当に②を決心したと言うことなのでしょうか。
でもやりすぎると、やっぱり行き詰ってしまうと言うことが証明されているようですね。
パレスチナ側の怒りも相当なものでしょうから・・・・・
どちらにとっても気の毒な事ですね。

No title

迫害された側はチャンスさえあれば容易に迫害する側に廻ります。
「臥薪嘗胆」「捲土重来」が出来ない個体は淘汰されます。

目の前で家族が虐殺されても、それに耐えて他日の復讐を誓う
個体が生き延びてその遺伝子を伝達し続けた結果が
現在の「ホモサピエンス」という霊長類の総体です。

我々人類は「殺し猿」だという認識を持たれた方が宜しいと思います。

PHYSALIS様

コメント有難うございます。
ユダヤ人を迫害したのは、ドイツ人やロシア人だったはずですのに、
今は中東の人々を理不尽な目にあわせているのですよね。

人間という者は、自分(相手も)がこういう者であると、思うような者になると言う性質が有ります。
ですから、できるだけ自分の事をポジティブに考えるようにしていた方が、
結局幸せになるはずです。

人間とは殺し猿だなんて、そんな悪魔の宗派に加わるのはおよしなさい。
人間には悪魔の部分もあるかもしれませんが、
天使の部分もあるのです。

要は人間のどの性質を伸ばすかですから、
せっかく人間として生まれてきたからには、
人間の良い部分を存分に発揮して、生きて行った方が、有意義だと思いませんか?
最後は必ず死ぬと言うのは皆同じなのですが・・・・・

どういう死に方をするかと言うのは、どう生きるかにかかっているという言葉を、聞いた事がありますが、
どうせなら、憎みあったり、殺し合ったりなどで死ぬような事にはなりたくないですよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/586-fdaa42f3

パレスチナ支援船団殺戮事件:皆が海に

Yvonne Ridley 2010年6月1日 Information Clearing House (原題のAll at sea、「皆途方に暮れて」の掛詞だろうと想像している。) 一体どれだけの方が、はるか昔1985年10月のイタリア・クルーズ船アキレ・ラウロ号ハイジャックを覚えておられるだろう? パレスチナ解放戦線
  • [2010/06/06 19:51]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

鉄の壁 (私たちとアラブ人) (1923)

鉄の壁 (私たちとアラブ人) ウラジミール・ジャボチンスキー(ジャボティンスキー) ただちに要点を述べよという黄金律に反し、この文章を私はまず自己紹介から始めねばならない。いわく、この文章の著者はアラブ人の敵と見なされており、彼らを追放すべきだという主唱者
  • [2010/06/06 23:35]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲