http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 日本の総理は、何故卑怯な事しか出来ないのか?
FC2ブログ

日本の総理は、何故卑怯な事しか出来ないのか? 

普天間基地問題での、鳩山総理の決断にはショックで立ち直れない思いです。
しかし考えてみると、私達は外野に居てわいわいやっているだけだから、アメリカ軍にグアムとかテニアンンに移設させたら良いと、無造作に言う事が出来るのではないでしょうか?
鳩山さんも野党の政治家であったときには、沖縄の人たちの負担を軽減すべきだと本気で思っておられたであろうし、政権をとったら本当にアメリカに強く出ようと思っておられたのではないかと想像します。

福島社民党党首は、きっぱりと罷免されて筋を通されました。
福島さんにはアメリカと交渉する=矢面に立つ必要はないのです。
与党ではあっても閣内野党的な立場であります。
失うものは現在の閣僚としての地位だけです。
しかし総理大臣として決断する立場になったら、相手はアメリカそのものです。
アメリカ政府は一筋縄ではいかない手練手管を心得た担当者に、日本国内に居る政官業マスコミと言う手の者を駆使させて、圧力をかけてくるし、
総理大臣になったら、宗主国に反抗を貫いたりしたら、どういう落とし穴が待っているか分からない恐怖を、ひしひしと感じさせられるのではないかと想像させられます。

首相自身の身にだけでなく、日本人に災難が降りかかるかもしれないと言う恐怖心に負けてしまわれたのかもしれません。
北朝鮮が韓国の哨戒艦を爆破したと難癖つけられる事件を、決断の期日直前に見せられて、
もし自分が頑固に普天間海外移設にこだわり続ける事が誘引になって、
朝鮮半島に戦争が起きたりしたらどうしようと、鳩山総理は心配になって、それまでの決意も萎えてしまわれたのかもしれません。
鳩山総理は全責任者として矢面に立った時、初めて事の重大さに萎縮してしまわれたのではないでしょうか。

これまでもアメリカの様な、どんな残虐な事でも厭わず断行するような国を相手に交渉する事が、
どれほど難しい事であるかを身を持って体験されて、結論を先延ばしにし続けてこられたけれど、
ついに期限(この期限はアメリカの都合だったそうですが)が来て、先に延ばせなくなって、
安きについてしまわれたということなのではないでしょうか。

首相として甚だ不甲斐ない卑怯千万な、
期待はずれの人に私達は期待してしまっていたと言う事なのかもしれませんが、
翻って自分がもし同じ立場にあるとして、飽くまでも筋を通す事が出来ただろうかと想像すると、
もし自分の身内にまで累が及ぶかもしれないような脅威を感じさせられたりしたら、
逃げ出さないとも限らなかっただろうなと言う気がします。

日本国民が50年前の安保のときのように、国を挙げてデモをするような意気盛んな国民であったら、
為政者も力づけられて、決断も出来るかもしれませんが、
米軍基地反対のデモがあったと言っても、こう言っては何ですが、デモは沖縄以外では微々たる物しかなく、
たいていの日本人は、できれば普天間基地を追い出したいなと思っていても、政治家に頑張ってもらおうとしか思っては居ないのではないでしょうか?
おそらく自分が矢面に立つ勇気のある者は、殆ど皆無であろうと思えます。

政権交代をして、日米関係をまともなものにすると言って当選した政治家が、
与党になったら自分たちが批判していたやり方を、殆どそのまま踏襲してしまうのは、
大人しくしていたら権力を満喫できるけれど、刃向かったら針の筵という現状に、
野党時代の闘志も萎えてしまうと言う事なのかもしれません。

植草一秀さんのブログに西郷隆盛の言葉
「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は始末に困るものだが、この始末に困る人ならでは、艱難をともにして国家の大業を成し得られぬ」 を引用しておられましたが、経済的繁栄を理想としている今の日本人に、こういう人物を期待するのは、山に魚を求めるようなもので、とても無理な相談ではないでしょうか。

日本は沖縄からイラク アフガニスタンに出撃するのを容認し、戦費を負担しているのも、アメリカからにらまれないためには仕方ないと、不幸な国を見殺しにして、アメリカの戦争に協力している国なのだから、
今の日本の現状は、卑怯な国の国民として、日本人が受けるべくして受けている状況なのかもしれません。
卑怯なのは鳩山総理だけではない。
私を含めて殆ど総ての日本人が卑怯者なのかもしれません。

「私達は日本をどういう国にしたいのか」と言うところから考え直して見なければ、
永遠に解決のつく問題ではないのかもしれないと思ったのでした。

Comments

コメント送れません(泣)

いろいろ書くとスパム認定さえてコメント送れません。(泣)
CIAのこととか、いろいろ・・・
最大の抵抗勢力、国民の覚醒が必要ですね。

scotti 様

コメント有難うございます。
スパムとか色々、ブログ運営者によって決まりがあるようですね。
私も先日、あるブログにURLを記入したコメントを書いたら、禁止用語があるので・・・・ときて、
その事に気づくまで3回も書き直すことをしてしまった事があります。
どの語がいけないのかでも、分かるようにしてくれていたら良いのですが・・・・・

処で、仰るとおり国民の覚醒以外には、どうしようもないと言う事なのかもしれませんね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/577-da2c59fc

第一次普天間戦争勃発!

普天間移設問題は、与党野党そして国民をも巻き込んだ政党間の戦争と言ってもよい。 基地移設が辺野古に舞い戻ってしまったのはアメリカの思惑に「ノー」と言えない日本の弱みがあるからであると同時に、沖
  • [2010/05/30 21:04]
  • URL |
  • プールサイドの人魚姫 |
  • TOP ▲

福島消費者相、罷免~鳩山政権、重大局面に~

閣僚が罷免される、というのはそうあることではない。 今回が、わずかに5例目である。 これまでのケースは、戦後の混乱期や、政局が混乱したとき、あるいは発言の責任を取らされた場合といったものだった。 基本的な政策の違いによる罷免ははじめてである。 鳩山...
  • [2010/05/30 10:43]
  • URL |
  • 虎哲徒然日記 |
  • TOP ▲

恐怖という理由

恐怖というのは本当に怖い。 今の世界は恐怖を理由に全てを正当化出来る。 本当は恐怖を理由に正当化できることなど何一つ無い。 政治を司る人達には必ず認識しておいて欲しいことの一つです。

牙を抜かれて

Kathy Kelly 2010年3月30日 もしも、アメリカ国民が、アフガニスタンで過去十カ月の間に起きた、民間人に対する残虐行為を映し出す鏡を、しばらく、じっと眺めれば、アメリカ人に何の悪意も持たない無辜の一般市民に対して犯された戦争犯罪に、協力し、その為の資金を出し...
  • [2010/05/30 01:17]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

鳩山由起夫はアメリカと平野に屈した。沖縄、社民切り

結局普天間問題の五月決着は、社民党と沖縄を切り捨てることとなった。政治は結果が求められる。丁寧な口調、ギリギリ、命がけ、苦渋、さまざまな言葉が空虚に乱舞しさえすれば、前言は容易に取り消せると考えたわが国の宰相。沖縄県民の怒りをを受けても、他人事もしくは...
  • [2010/05/30 00:40]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲