Dendrodium 変質させられていた日米安保に思う

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変質させられていた日米安保に思う 

私は昨年3月下に引用の記事を書いていた。
今民主党の国対委員長が言った失言を大げさに取り上げて、騒ぎ立てているマスコミは、
アメリカが日本を守ると言う約束だったはずの日米安保が、
そして国会承認条約である日米安保条約が、
2005年10月29日(小泉内閣の時)の「日米同盟:未来のための変革と再編」という一片の行政合意で、いとも簡単に否定されてしまったと言う事については、殆ど報道しなかった。
国会承認条約を内閣の一存で、勝手に変更していると言うのに、全然報道しようとしなかったマスコミが今、鳩山内閣を敲いている。
しかし、過去の事とは言え、規定を破って変えられた条約を、そのままほって置いても、
法律上何の問題にもならないのだろうか?
国民に対する裏切りにはならないのだろうか?
   (過去記事より引用)

今日(註2009年3月23日)天木直人さんがメールマガジンに、元駐イラン大使であり現防衛大学校教授の孫崎享氏の手による「日米同盟の正体 迷走する安全保障」(講談社現代新書)という近刊書のことを書いておられた。
この中で、元駐イラン大使であり現防衛大学校教授という立場の人がかかれるということが、今までに無く驚愕事の、重大な事実が書かれていたそうである。
    (引用)
この本の何が驚愕なのか。日本を守ってくれているはずの日米安保体制(日米同盟)が、国民の知らない間に、完全に米国の戦争協力の道具に変えられてしまっている現実を白日の下にさらしたからだ。
 この本の何が驚愕なのか。それは、国会承認条約である日米安保条約が、
2005年10月29日の「日米同盟:未来のための変革と再編」という一片の行政合意で、いとも簡単に否定されてしまった事を国民に教えたからだ。

色々な人が言っておられたとおり、日本の自衛隊はアメリカの戦争に協力するという約束を、政府(小泉政権下の)の一存による行政合意だけで決めてしまい、其れをろくに国民に知らせる努力さえしていなかったのである。

「日米同盟;未来の為の変革と再編」という一片の行政合意で、其れまで守り続けていた自衛隊の専守防衛の原則が、米軍の要請によって戦争をもいとわず出動するという決まりに変えられて、その様に「再編」される事になっていたのだそうである。
マスコミがちゃんと報道していたら、日本中が大騒ぎになっていたはずのこの改変を、こっそりとほとんど世に知らさないまま、小泉政権は決定してしまっていたのである。

悪い総理大臣を選んだらどういうことになるか!!
小泉純一郎という政治家は、悪い政治家を許したらどういうことになるかの象徴のような政治家であったのだった。

次の総選挙の時には、政治家は誰を選んでも同じではないということを、しっかりと肝に銘じて、絶対に棄権などせずに、少なくとも売国政治家だけは選ばないようにしたいと改めて思わされる事実の開示であった。

Comments

憲法まで変質されないで

憲法改正が難しいのでアベ政権では解釈改憲で日本人を戦地へ送り込もうと画策していましたね。
日本の平和憲法改正の目的は、日本の協力が戦費の補填や後方支援、物資輸送だけでは間に合わなくなった米国が、戦地での軍事行動、戦闘にも日本人を送り込め、ブーツ・ザ・グラウンドが最大の目的でしょう。
知らない間に戦争の出来る国、戦争するのが当然の国へ変質しないようにすることが、私達が今、次世代のためにしなくてはいけないこと、子どもたちの未来を守るためにすることだと思います。

scotti様

コメント有難うございます。
本当に自公政権では、平気で憲法や法律違反をしていたようですね。
それをマスコミが殆ど伝えないから、国民は知らない間に世の中が変ってしまっていたと言った感じですね。

下手をしたら民主党政権になっても、マスコミに牛耳られて後戻りさせられかねない状況にあるようですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/558-8f6239f3

上海万博 日本 韓国館

Dendrodium 変質されていた日米安保に思う 今日はこどもの日日本国憲法制定のときの秘話63回目の憲法記念日上海万博開幕晴れた日を「良いお天気」と言える国の有り難さ政権交代の成果 郵政法案閣議決定資本主義においては、お金は地球より大事である. 好天気で終始した
  • [2010/05/08 10:09]
  • URL |
  • 上海万博 最新情報 |
  • TOP ▲

コメント代わりのトラックバック

ツイッターまではやらないでと懇願されて」=>何となくご家族のお気持ち良くわかります(^^; 実は、ツイッターはブログよりも荒れないんです。なぜかというとコメント欄のように完全な匿名では無く、継続してアカウントと使うので、ハンドルネ-ムでも自制心が働くんで

 米軍飛行訓練を全国に分散…政府検討

もう一度言います。 米軍基地は削減縮小を続けていけば良いのです。 普天間飛行場を移設する必要などはありません、廃止すれば良いのです。 何か有った時戦争で物事を解決しようという心構えではいつになっても平和は訪れません。  米軍普天間飛行場の移設問題について

『グリーン・ゾーン』: こわごわと提示された余りに遅すぎる疑問

Jane Stimmen 2010年3月19日 監督:ポール・グリーングラス、脚本:ブライアン・ヘルゲランド、ラジブ・チャンドラセカランの著書に基づくもの イギリス生まれのポール・グリーングラスが監督した映画『グリーン・ゾーン』は、ラジブ・チャンドラセカランによる2006年の本...
  • [2010/05/09 14:27]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

「抑止力」を学んだ結果が海兵隊の重要性?学ぶ処が違う!

あらためて、「抑止力」を僕なりに定義します。そのひとつには、確かに武器とそれを使える戦闘能力を持ち、他国を侵略したいという欲望を萎えさせる効果をもつ「抑止力」というものがあるのかもしれません。しかも世界一の軍事力で、しかも片務で守ってくれて、こっちはや...
  • [2010/05/10 01:05]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。