http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 黄昏党が立ち上がったら・・・・・
FC2ブログ

黄昏党が立ち上がったら・・・・・ 

「たちあがれ日本」という新党が出来て、黄昏党とか立ち枯れ党とか色々揶揄されているので、
大した事は出来ないままに立ち消えになる党なのかなと、高をくくっていたのだけれど、
今日の「気まぐれな日々」の記事志の低い野合新党「たちあがれ日本」に議席を与えるな を読んで、甘く見ていてはいけないのかもしれないという気がしてきた。
「たちあがれ日本」の結党に際して、民主党の小沢一郎が色々と手を貸しているということなのである。
参議院選挙が済んで、民主党が今の国民新党や社民党と手を切って、このたちあがれ日本という、いかがわしい党と手を結ぶようなことにでもなったら、最悪である。

せっかく、戦争に巻き込まれる恐れは、遠のいたかなといくらかほっとしていたのに、
そんなことになったら、日本は「安部総理の時代」に逆戻りになってしまいかねない。
あの頃は本当に、ひとつ間違えれば、日本人がアメリカの手先としてどんな悲惨な戦争にまきこまされるか分からないという様な不安感が、社会に満ちていたような気がする。
そしてネットウヨ諸氏は、わけの分からない何かに高揚して、野心を燃やしていたような気がする。

あの頃に書いた「詩」に哀れなるかなネットウヨというのがある。
ネットウヨは只の馬鹿ではなかった
今読まれても何を言おうとしているのかぴんと来ない方も多いかもしれないけれど、
当時はたくさんのコメントを頂いて、それなりに反応があったということは、
この詩の意味することがそれなりにピンときておられる方が多数あったから、
賛否さまざまながら、議論がなされたのだと思う。
ここにかつて書いた詩を再掲させていただく。

{哀れなるかな、ネットウヨ}
哀れなるかなネットウヨ
末世の生みし孤児達よ

地獄の家城の、門前町
ネットウヨらが、呼びかける
「お主さん袂、お主さん た・も・と」
気付いた地獄の鬼一人
「おう、餓鬼共か、此れへ来い
 今日が施日と知ってよな。
 今日のは、常より大きいぞ、
 地獄を守る施主様の、年に一度の法事ゆえ
 毒饅頭も、大きいぞ」
くだんの末世の孤児達の、ネットウヨ等は、それぞれに
禿げたかの如、集まりて、
われを先にと、毒饅頭、てんでに食らう、その顔の
鬼の顔にと変わり行く
生まれもつかぬ鬼の顔

地獄の鬼の満面に作りし、笑顔も恐ろしく、
さあさあ、早く食べ終せ、
われ等が、配下になるがよい。
施主様のため、身命を賭して、これから働けよ、
今は末世じゃ、地獄のみ栄える時ぞ、者どもよ。
そちらの命はもろうたぞ、
毒饅頭は、その代じゃ。

哀れなるかな、ネットウヨ
彼らに、憩える家や有る
この世を地獄に、化すために
みすみす鬼の餌食とは
魔王が配下につけられて
地獄の底に落ち行くか

哀れなるかな、ネットウヨ
彼らに憩える、家や無し







Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/528-2bb0652a

「やじうまプラス」に作家の木下英二さんが登場

 「やじうまプラス」(テレビ朝日)に作家の大下栄治さんが出ていた(録画)。  「たちあがれ日本」の特集のコーナーで、コメントしていた。  まず、「たちあがれ日本」のメンバーが生きてきた時代背景について、映像が流された。  時代背景の映像は、白黒で、「1...
  • [2010/04/13 21:40]
  • URL |
  • はみ出し教師の考え |
  • TOP ▲

たちあがれ日本は70歳定年を延長したい議員の老人党か?

自民党の与謝野馨元財務大臣と無所属の平沼赳夫元経済産業大臣沼らが合流して新党を立ち上げた。党名は石原慎太郎都知事が命名して「たちあがれ日本」となった。 元々の自民党支持者は、去年の衆院選で自民党にお灸をすえるために、民主党に政権を移譲した。 いざ、...
  • [2010/04/13 11:46]
  • URL |
  • 昭和の鬼平が物申す |
  • TOP ▲

アメリカの傀儡、あやつり糸を自ら切断

アメリカ政府にタリバンとの妥協を邪魔されたカルザイは、あからさまに、パトロンに逆らいはじめた Eric Margolis 2010年4月11日 Toronto Sun かつて、ヘンリー・キッシンジャーは、アメリカの敵であるよりも、アメリカの同盟者でいるほうが、より危険だ、と発言している
  • [2010/04/13 00:49]
  • URL |
  • マスコミに載らない海外記事 |
  • TOP ▲

「趣味の政治ごっこ」としての保守新党結成ブーム

  新党結成の動きが盛んになってきました。しかし、私にとって興味があるのは、政策そのもの。さらには、それらの政策の整合性や効果や人...
  • [2010/04/12 23:29]
  • URL |
  • 村野瀬玲奈の秘書課広報室 |
  • TOP ▲

「たちあがれ日本」を侮ってはいけない。老人パワー恐るべし

老人党を揶揄するブログは花盛りである。ストレス解消の憂さ晴らしやガス抜きの材料としては、格好であるだろう。またその名称の陳腐さ、古さ、上から目線などなどギャグの対象としても事欠かない。皆異句同音に「新保守」と「新自由」主義者の野合を批難し、定年を越した...
  • [2010/04/12 17:50]
  • URL |
  • 岩下俊三のブログ |
  • TOP ▲