Dendrodium アメリカの北朝鮮政策の怪
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの北朝鮮政策の怪 

北朝鮮、米朝協議で南北同時査察を要求か
 【ソウル=竹腰雅彦】聯合ニュースは4日、北朝鮮が6か国協議の米首席代表、ヒル国務次官補との核申告検証手続きをめぐる米朝協議で、在韓米軍基地を含む南北同時核査察を提案した可能性があると報じた。

 聯合電によると、韓国政府筋は北朝鮮の提案について、「これまでの主張を圧縮した内容」と説明。北朝鮮は、寧辺(ヨンビョン)の核施設の無能力化作業中断を表明した8月26日の外務省報道官声明で、核検証は南北同時に行われるべきだと主張している。

 同時査察について、韓国政府高官はこれまでに、「6か国協議は韓国を検証するためにできた枠組みではなく、論理的にも現実的にも受け入れられない」との考えを示している。
(2008年10月5日09時28分 読売新聞)


どうやらブッシュ政権でも、北朝鮮を助けるだけで、核兵器を廃棄させる事はできなかったようである。
こうしてアメリカは、金政権が滅びそうになったら、何か理由をつけて助け、
最後は言う事を聞かない北朝鮮にしてやられたと言う事にして、交渉を終わらせているのである。

北朝鮮国民にしたら、やっと悪魔の支配者が自滅してくれるかと期待していたら、
北朝鮮を矯め直すと称してアメリカが乗り出して来て、
金正日政権がアメリカの言う事を聞くなら、引き換えに援助すると言って、
潰れかけた金政権に援助物質を送って、アメリカが金政権をこれまで何度再生させて来た事か。

今回も虫の息になっていた北朝鮮を、アメリカは6ヶ国協議を作って援助物質を送り、
最終的に北朝鮮がアメリカにしていた約束を破っても、
酷い国だと言いながら、金正日にしてやられたと残念がっている振りをしつつ、
元の木阿弥のまま引き揚げるのだろう。

日本を牽制する為には、あくどい国として北朝鮮には、まだまだ頑張らせておきたいのだろう。
北朝鮮の国民こそ災難であろう。
そして勿論日本国民も被害者である。
日本のアメリカべったりは、国民の血税をつぎ込んで、これからも営々と続けられるのだろう。

「金総書記が平壌でサッカー観戦」 国営通信社報道 (CNN) 
北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は4日、金日成総書記が首都平壌のサッカー試合で久しぶりに公の場に姿を見せたと伝えた。


金総書記は最近ずっと、通常なら出席する行事に姿を見せておらず、重病説が流れていた。


KCNAによると、金総書記は金日成総合大学創立62周年記念のサッカー試合を観戦した。試合後には選手をねぎらったと伝えられている。


田中宇さんがもしかしたらと言っておられたことは本当だったのかもしれない。
金正日は仮病を使って、世界の情勢を見ているのかもしれないと言っておられたけれど・・・・・

* * * * * * * * * *
1994年9月からジュネーブを舞台に行われた米朝の交渉は、北朝鮮が核開発計画を凍結する見返りに、アメリカが2基の軽水炉建設に資金を提供し、軽水炉が完成するまでの間、毎年50万トンの重油を提供することで合意に達し、10月21日米朝枠組み合意が調印された。

 1994年に勃発した朝鮮半島の危機は、米朝枠組み合意によって解決されたかに見えたが、問題が解決されることは全くなかった。やがて新たな危機が訪れる。

田中良紹の「国会探検」より 日時: 2006年10月20日 13:57

追記
ブログ漂流の記事も面白いですよ。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/484-21642964

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。