Dendrodium フランスの原発事故
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスの原発事故 

村野瀬玲奈の秘書課広報室の南フランスのウラン排水流出事故(7月8日)が日本では報道されてませんという記事で次のニュースを翻訳紹介されていました。
原発事故としてはレベルが低い事故であると言っても、事は原発事故なのですから、日本で全然報道していないと言うのはいくらなんでもおかしいのではないでしょうか?
フリーランス英独翻訳者を目指す化学系元ポスドクのメモ でもこのことを紹介しておられます。(これも玲奈さん情報です)
洞爺湖サミットで、温暖化対策に原発をと言う事を取り決めたばかりだったから、その決議への反発を恐れての報道統制なのかもしれませんが、
放射能は人体にとって温暖化どころの騒ぎではないでしょう?
全ての情報を国民に開示して、選択させると言う基本的な事を怠って、経済優先していたのでは、
何のための経済活動かその意味を失ってしまうのではないでしょうか?
(”命有ってのものだね”と申しますし)

■地方自治体、原子力機関公式発表要旨
ヴォークリューズ県とドローム県発表の第一報(2008年7月8日)。「2008年7月8日、朝6時30分、トリカスタンの施設の中にあるソカトリ社工場の内部で、一つの槽の盛装作業中に、30立方メートルのウラン排水の事故による流出が発生し、地面に流出するとともに、隣接する運河にも流入した。このウラン排水には1リットルあたり12グラムのウランが含まれていたが、その一部がガフィエール川とロゾン川に流れ込んだ。」
そして、川での水泳、釣り、水の使用を禁止する措置がとられた。
原子力安全機構(Autorité de sûreté nucléaire)の発表(2008年7月8日)。「2008年7月7日から8日にかけての夜、まだ解明されていない理由により、ソカトリ社(トリカスタンの原子力施設)のウラン排水の処理場の貯水槽があふれた。...(中略)...魚を食べた場合でも、健康への影響は限定的である。放射能防護・原子力安全協会(L'institut de radioprotection et de sûreté nucléaire)とソカトリ社が被害を鑑定中。...(後略)」

■地方自治体、原子力機関公式発表に対する、CRIIRAD(放射能独立研究情報委員会)からのコメント要旨
2008年7月8日 「トリカスタン原子力施設に新たな重大な機能不全」(緊急コメント)
1. 排水廃棄の年間上限をオーバー
 今回発生した放射能漏れは年間上限の100倍以上にのぼる。
2. 濃度の上限をオーバー
 規則に定められた上限の6000倍以上となる。
CRIIRADは徹底的な調査と情報公開を当局に求めるものである。
CRIIRADからのさらに重要な注釈が。「事故による放射能もれが起きて、排水の上限をかなり下回るようであれば、それは原子力会社や関係当局によってかなり公開される。しかし、放射能漏れが大規模な場合、公式発表は、規則が定める上限との比較ではなくてグラムによる調査結果の発表となる!」

2008年7月9日 CRIIRAD報告書
原子力会社によって、最初はウラニウム360kgと発表されたが、その後75kgと訂正されている。この新しい発表によってさえ、廃棄物についての規則が定める上限をはるかに超えている。
漏れた放射能被害の詳しい調査を強く求めている。

2008年7月11日 CRIIRAD報告書 「陰と放任主義のますますの拡大: CRIIRADはますますソカトリ社と原子力安全機構を告発する」
原子力事業者ソカトリ・アレヴァ側の不透明さと無責任ぶりを批判している。

Comments

フランスの放射能漏れの記事、加筆修正しました

わこさん、ご紹介ありがとうございます。引用していただいた部分も含めて、少し加筆修正したうえで、追記も加えてトラックバックしました。

私の今回の記事へのリンクはトップページではなくてこちらの記事URLでお願いします。
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-790.html

今日やっとNHKと東京新聞が取り上げたようですが、ほかの報道機関はどうするつもりなのか、目が離せません。

村野瀬玲奈様

コメント有難うございます。
原発事故隠しと知って、すわ大敵と
お断りもなく勝手に引用させて頂きました。お許し頂き有難うございます。

うっかりしていましたが、トップページでは、後で分かりにくくなる事がありますね。URL早速直しておきました。

コメントはお久しぶりです。

いつも思うんですよね。原発を推進したがっている人たちは、原発に於いて最も問題な放射性廃棄物や原発跡に残留する放射能等について、どう思っているのだろうと。埋めるから問題ない、で、解決しているとお考えなんでしょうかねえ・・・。
この前の地震のように地形自体が大規模に変わることだってあるわけで、300m埋まったモノがぶっ壊れた状態で地表に出てくる可能性だってある。この先どうなるかわからないのに。
未来人は多分こう言うでしょう。こんな負の遺産を大量に残される位なら、温暖化の方がマシだったよと。
ま、CO2削減で温暖化が止るという補償もないのですが。
もう一度チェルノレベルの原発事故が起これば、ちったぁ考えるんでしょうけど(フランスもイギリスもかつて地球レベルに影響するほどの大事故をおこしかかっている)、その時は多分洒落にならない状態を招くでしょう。特に日本で起こった場合、逃げ場はありません。
つるかめつるかめ。

黒木燐様

コメント有難うございます。
CO2が怖いから、原子力発電だなんて、全くどういう神経をした人達なのだろうと思ってしまいます。
それも何時事故起こるかわからないくらいに、危ない設備を、地震が何処で起こるかもわからないこの地上に、何百となく造ろうというその神経の図太さには、全く脱帽ですね。

私はこれは神様の計画ではないかと疑っております。

その計画とは、現在ごく少数ながら放射能にも負けない生物がいると言うことを聞いたことが有るのですが、一旦人類にこの地上を放射能で満たさせます。
(そのうち現在の生物が皆滅ぶのは織り込み済みで)
その後に放射能でもなんとも無い生物だけが進化を重ね繁栄する。
一旦は地上の生物は殆ど消滅するけれど、地球の時間からしたらほんの僅かの時を待てば、放射能に強い新しい生物で地上は満たされる。
その時こそ人類は原子力エネルギーを自在にあやつる事ができるようになり、
無限のエネルギーを得た(新)人類は、何時何時までも繁栄する。めでたしめでたし・・・・・な~んちゃって。

ところで朝焼色の悪魔、話が次々に展開して、わくわくしながら読ませていただいています。
この前更新が余りに早かったので、前の分かなと思ってスルー仕掛けてしまいました。
もう一度確かめてみて、新しいのだと確認し、大喜びで読ませていただきました。
これからも楽しみにしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/406-f5df640b

南フランスのウラン排水流出事故(7月8日)が日本では報道されてません。 (追記あり...その後少しずつ報道されている模様です)

(元記事の初回公開は2008年7月12日、日本時間午前10時00分、フランス時間午前3時00分。7月12日に日本でも報道が現われ始めたので、記事の最後...
  • [2008/07/12 18:23]
  • URL |
  • 村野瀬玲奈の秘書課広報室 |
  • TOP ▲

ムペンバ効果、NHKと反科学

「NHKに何があったのか?」 ほとんど奇術師か、インチキ商品を売っている香具師の手口です。 天下のNHKは一体全体、何のために、こんなペテン放送をやったのでしょうか。? ゴールデンタイムの実用体な科学番組?の枠で、お笑いでもやった心算なのでしょうか。? あ
  • [2008/07/13 15:58]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

トヨタ 過労死 ワークシェアリング

「壊すな築地 7.12 東京大行進」は、無事に終えられたようですね。  Like a rolling beanさん、喜八さんも参加されそうです。お疲れさま。...
  • [2008/07/14 09:33]
  • URL |
  • とむ丸の夢 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。