Dendrodium フランス大統領、北京オリンピックへ出席表明
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス大統領、北京オリンピックへ出席表明 

ダライ・ラマ特使「対話、前進なく失望」 中国の強硬姿勢批判
 【ニューデリー=長沢倫一郎】チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世の特使であるギャリ氏とギャルツェン氏は5日、インド北部ダラムサラで記者会見し、1―2日に行われた中国政府との対話について「(チベットの自治権拡大などで)期待していた前進が得られず、ダライ・ラマは失望している」と述べ、中国政府の強硬姿勢を批判した。次回の対話は10月に開くことで合意したと語った。

 過去の対話にも参加している両特使は「今回は一連の協議のなかで最も難しかった」と指摘。中国側が対話に応じたのは「時間を稼ぐとともに北京五輪を成功させることに狙いがあるのではないか」と述べた。中国側には「このままでは対話を続ける意味がない」と伝えたという。チベット亡命政府報道官は中国側出席者のレベルが上がったことを評価していたが、中国側の姿勢に変化はみられなかった。(05日 23:06)



今朝のサンデーモーニングでも言っていたけれど、中国だけでなく今世界では不満が爆発しているのか、いたるところで暴動が起きていると言う。
中国のチベット問題は、全然解決したわけではないのに、あれだけ中国を非難していたフランスのサルコジ大統領も、北京オリンピックに出席する事にしたらしい。
曰く 「中国がダライラマとの交渉に応じたから」だそうである。

フランスにとって、中国とアメリカの関係が緊密になっていることが露呈した今、
チベット問題がどう進展するかなど、もうどうでも良いということなのだろう。

今世界に起こっていることで、私達の耳に入るものはほんの一部でしかないのだから、(全てを報道する事など不可能なのだから)結局ためにするニュースが、伝えられてくると言う事なのだろう。

そこで正義を云々していたら、とんでもない謀略に加担している事になることも有るのかも知れない。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/399-e6735ad0

中台直行便。変わりゆく日本の周辺と硬直する日本(メモ)

中台直行便が離陸 中国人の台湾観光解禁 中国と台湾を結ぶ週末直行便が7月4日午前、就航した。 1949年に分裂した中台間で、週末だけとはいえ航空便が定期的に行き交うのは初めて。 中国人の台湾観光も事実上解禁され、中国各地から計約750人の視察団が訪台。今
  • [2008/07/07 16:29]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

米、クラスター弾使用,米軍が首都バグダッドを空爆

“米、クラスター弾使用” バグダッド市民死傷 聖職者が告発 【カイロ=松本眞志】イラクのイスラム聖職者協会(スンニ派)は四日、米軍が首都バグダッドでクラスター(集束)爆弾を使用し、市民が死傷したと非難しました。クラスター爆弾は、爆発時に多数の子爆弾をばら...
  • [2008/07/09 13:25]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。