http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 自衛隊機の中国派遣取りやめ
FC2ブログ

自衛隊機の中国派遣取りやめ 

自衛隊機派遣見送り、官房長官が正式表明
 町村信孝官房長官は30日午前の記者会見で、中国・四川大地震の被災者支援の物資輸送について「今回、自衛隊機派遣を行うことはない。(民間の)チャーター機で輸送する」と述べ、見送りを正式に表明した。

 理由と経緯に関しては「中国国内に慎重論が出始めていることも考慮し、日中間で協議して見送ることにした。摩擦が起きてまでやる話ではない」としたうえで「自衛隊機活用も1つのアイデア、と先方から内々に打診があったが、現実に自衛隊機での輸送で合意したことはない」と指摘した。(14:35)


取りやめたのは、アメリカからの反対ではなくて、中国の輿論の反発だったそうである。
今の政府が事前にアメリカの了承を得ずにこんなことを、政府の考えだけで決定するわけがない事を私は忘れていた。
アメリカも賛成だったから、進められた話だったのだろう。

地震で困っている中国に、国際貢献のためと言って自衛隊を派遣する事にすれば、
社民党も賛成せざるを得ないだろうと踏んでの日本政府の働きかけに中国政府が応じた、
それで中国国内の輿論が反発したら、すぐに中国政府は断ってきたという事ではないだろうか。

PKOを社民党にも賛成させるための絶好の機会と、策士が考えたのではないだろうか?
だが社民党の党首は迷うことなく、自衛隊海外派遣に反対を表明した。
こんな時であっても、ちゃんと反対を表明する理性を失われないとは、さすがというべきか!
物資を運ぶくらい民間機でも出来るのだから、自衛隊機にこだわる必要など何処にもありはしない。

もし本当に中国から出た話であるならば、中国政府は何を狙っていたのだろう?
そして中国政府と国民の間には、中国政府も当惑する位の、大きな狭間が有るという事なのだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/369-b8cb5a4f

教育の場に防犯ビデオを、という主張

昨晩の『太田総理』。  家人がつけていたテレビをチラッと目にしたところ、千秋が学校に防犯ビデオを備えつけろ、と息巻いてました。  ...
  • [2008/05/31 20:18]
  • URL |
  • とむ丸の夢 |
  • TOP ▲