http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium ドバイもバブルでは?
FC2ブログ

ドバイもバブルでは? 

先日NHKのドキュメンタリー番組で、ドバイのことを扱っていた。
ドバイの建設ラッシュのことが、話題となってから何年になるだろうか。
さしものドバイにも、そろそろ翳りがさしてきているのかなと言う気がした。

ドバイの建設ラッシュは、サブプライムローンなどで行き場のなくなったオイルマネーが、作り出したものであると言う。
砂漠の中に蜃気楼のように出来た巨大ビル群は本当の蜃気楼に成ってしまうのかもしれない。

ドバイの人たちは、何でも世界一でなければ意味無いと息巻いていた。
世界一高いビルディング、世界一広い人工島、世界一・・・・・
百万人余の人口の都市に、現在一千万の人を収容できるような施設が出来ているらしい。
そして今もなお造り続けているけれど、
安い労働力であったインド人労働者が、インドにも建設ラッシュが起こったために、長期間単身赴任してまでドバイに働きに来たがる者がすっかり減り、思うように労働力を集めることができなくなった。
インド人労働者の賃金は、ドバイ人の収入の何十分の一かで、月給3万円前後しかないという。

このドキュメンタリーを見たとき、私は日本のバブルと呼ばれた時期のことが思い出させられた。
あのバブルの前、これからは日本の時代だと景気の良い話が巷に満ちていた。
これからは日本の時代だから、世界中の会社が東京に事務所を作りたがる。
ビルがいくら有っても足りないくらいになるからどんどんビルディングを建てなきゃーと、ビル建設ラッシュがにわかに起こったのであった。

都会では更地がいくら有っても足りなくなるからと、古い建物を壊して広い空き地を造ることが盛んに行われることになった。
大阪でも戦後まもなくから住み慣れた家を離れたくなくて、立ち退きを拒否する住民を、ヤクザを使って脅して追い出していると言う話がしばしばテレビをにぎわしていた。
果ては付け火と思われる火事が起きて、住民は否応なく家を取られてしまうという事件まで起きていたのだった。
銀行から大金を借り、無理に無理を重ねて手に入れた土地は、バブルがはじけたと称される状態になったとき、誰も買い手が付かないまま、資産は有っても現金が用意できないため、借金の支払いが出来なくて倒産、という結末を余儀なくされた不動産会社や、土地造成会社が続出した。

借り手の倒産で、手元に売れない不動産を抱えて、銀行も四苦八苦するようになったけれど、銀行だけは公的資金なる税金で、助けてもらって生き残り,
銀行預金の空前の低金利時代到来で、いくらでも利潤が上がるらしくて、格差社会の中銀行員は勝ち組として、高額のボーナスを貰っていると噂されている。

あのバブルと言うのは、銀行が無責任に不動産業者にお金を貸したことがそもそもの原因だったのに,その仕掛け人とも言える銀行家は無傷で残り、長年苦労して作ったであろう資産を持つ無数の不動産関係者や建設業者が倒産や破産をしたのだった。

金融関係者に煽られて、一時のバブルに酔わされていることも知らないで、夜を日についで身を粉にして駆け回って仕事している、業者とその使用人である労働者たちと言う日本のバブルの構図と、今のドバイは同じ道を歩いているのではないだろうか。

近年世界では、ひっきりなしに天災に襲われて、住む家をなくし、学校や病院を流されたり壊されたりして困っている数知れない人々があるのだから、その人たちのために建物を建ててあげたならば、本当に感謝して利用されるに違いないのに、
将来、多分利用価値もなくなるであろうビルディングを建設するために、暑さ厳しい砂漠の国で、労働者を昼夜をとうして働かせ、突貫工事までして建てたビルディングの大部分は利用されないまま結局行きづまって、会社は倒産し、残ったビルは砂漠の中に放置されると言う結末になるのではないだろうかと危惧されるのだった。

サブプライムローンで建てられたアメリカの住宅は、ローンの払えなくなった住人を追い出した後、空き家のまま朽ちていくに任せられているのではないだろうか?
せっかく地球の限りある資源を使い、人間の知力労力を傾けて造られたものなのだから、充分利用してこそビルディングも家も報われると言うものだと思うのだけれど・・・・・

そう言えば足りない税金を投じて造られた田舎の有料道路で、ほとんど使い手のない道路が、数多くあると聞いているが、誰も通らなくても年月が経てば道も自然に朽ちていくことになるだろうから,全くの無駄な工事ということになってしまうだろう。
どうして何よりお金が大事な人たちが、こういう無駄には平気でいられるのだろうか?

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/366-7afa714b

日本の緯度を知らない首相(サマータイム考)

首相、サマータイムに前向き 「やってない日本が異例」 2008年05月26日 「やっていない日本が異例。我が国も制度を入れるべきだとの意見が強くなってきている。 特に環境の問題があり、私もサマータイムをやってもいいのではないかと思っている」 「かつて日本も戦後一
  • [2008/05/27 14:46]
  • URL |
  • 逝きし世の面影 |
  • TOP ▲

日本製ガソリン、お安くしときます??

ちょっと前の話しになりますが、日本がアメリカにガソリンを輸出する、というニュースが各紙のweb版に載ったのが、5月14日のことでした。 NI...
  • [2008/05/27 17:01]
  • URL |
  • とむ丸の夢 |
  • TOP ▲