Dendrodium 福田総理、早期解散、改造を否定
FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福田総理、早期解散、改造を否定 

秋まで衆院解散ない 首相、早期改造も否定
2008年3月29日 19時29分

 福田康夫首相は29日午後、首相官邸で内閣記者会のインタビューに応じ、年金、医療など社会保障制度の抜本改革を検討している社会保障国民会議が最終報告を取りまとめる秋以前には、衆院解散・総選挙を行わない考えを表明した。早期の内閣改造も否定した。

 首相は「(解散前に)将来のしっかりした青写真、方向性を示す必要がある。その1つは社会保障だ」と強調。同時に「経済が踊り場にあり、国際的にも金融経済がどうなるかという不安を抱えている時にやっていいかとの判断が優先されるべきだ」と述べた。これに関連し与党では、内閣支持率低迷を受け来年9月近くまで解散を先送りすべきだとの意見が出ている。

 2008年度予算成立を受けた内閣改造の可能性に関しても「国会中であり、(揮発油税の暫定税率維持を盛り込んだ)税制改正法案が通っていない中で、改造の話はまったく考えられない。白紙だ」と指摘した。


今こんな事を発表すると言うのは、もしかしたら先日のガソリン税の一般財源化を福田総理が責任を持って実行すると信じさせるのが目的の発表だったのではないだろうか?
福田総理は揮発油税の暫定税維持を強行する姿勢のようであるが、
「この夏開かれるサミットで、CO2削減を話し合おうという時に、ガソリン税を引き下げましたなどとは言えません」等と、コメントしているところを、テレビのニュースで映していた。
ガソリン税を取り続けるのなら取り続けるで、暫定税などと言う”いかさま”を続けていないで、恒久法として、ちゃんと新法を作るべきなのではないだろうか?
一般財源としての、新規のガソリン税であるならば、道路特定財源に戻されるという疑いも受けなくて済むし、
道路族の議員達も、その時には否応なく諦めざるを得なくなるのではないだろうか?

福田総理に其処までの決心はないということなのだろうか?

Comments

中央だけで何でも決めてしまうこと自体が国民との距離が遠くなるばかりですね
参議院で否決されて再審するならば、国民の投票で決めるのが筋というものでしょう
まさしく、国民主権不在そのものですね

こんばんは。もう福田には呆れてます。国民の声は届かないのでしょうか・・・

コメント有難うございます

うずら様、yuma様
今日の天木直人さんのブログで、このことを取り上げておられますね。
あの記者会見は福田総理の発案ではなくて、財務省の画策によるものであろうとのことでしたが、又してもという感じですね。
各省が省ごとの利益を最優先する政治なんて・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/349-f9966823

体験から見た愛国教育 日の丸・君が代死守で何が得られるの?

Like a rolling beansさんの「学習指導要領に急遽愛国心育成追記・根津先生の椅子を引っ張り転ばせる都教委」を読んで、椅子から転がり落ちるほど驚...
  • [2008/03/30 16:11]
  • URL |
  • とむ丸の夢 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。