http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 新型コロナウイルス対策に消毒のし過ぎは逆効果では?
FC2ブログ

新型コロナウイルス対策に消毒のし過ぎは逆効果では? 

In Deep「過剰な消毒と殺菌が「人間の肺を破壊するメカニズム」がわかった」でIn Deepさんは、人類の数々の自然への介入の中でも、
「最も地球に悪い影響を与えているもの」は「地球上での殺菌と消毒」
だと私は確信しています。
ここには、農薬や一部の殺虫剤、あるいは、排水から環境に流入している抗生物質や抗ガン剤を含む医薬品なども含まれますが、要するに、
「細菌やウイルスを殺す薬剤すべて」
が地球の環境を破壊しています。
それらは、地球の水体系に深刻なダメージを与え、あるいは、土壌に深刻なダメージを与え、昆虫たちは絶滅し続け、それらの微生物や昆虫類を食糧とする鳥類を含む大量の大型生物たちも絶滅し続けています。

現在、世界中で、衛生概念が地球の経済を破壊し続けていますが、それ以前から、それと同じ線上にある衛生概念が、地球の自然を破壊し続けてきました。
そして、現在、さらに、
・新型コロナウイルスに対しての屋外での大規模な消毒
・イナゴ(サバクトビバッタ)への対策
として、世界の広範囲で、おびただしい消毒剤と殺虫剤が使用されています。
と書いておられます。

Womens Healthの「お掃除アイテムに潜む健康への危険性」という記事を紹介しておられますが、
漂白剤や一般的な消毒液などの化学物質を定期的に吸い込むことで、慢性閉塞性肺疾患 (COPD)を患う可能性が最大32%も増加するのだそうです。
慢性気管支炎や肺気腫といった呼吸困難を引き起こす肺疾患は通常喫煙に関連するとされる疾患だけれど、
アメリカ国内で5万5千人にも及ぶ看護師がこの疾患を抱えている そうです。
看護師さんがこの疾患にかかるのは、常時医療機器などの消毒をせねばならないからですが、
今、コロナウイルスに感染しない為と、家庭や出先で、常に消毒しているとどういう事態になる事でしょう?
       (引用)

お掃除アイテムに潜む健康への危険性
2017/10/03
“キレイな家庭はハッピーな家庭” という格言のもとに生きているなら、これは変えたいと思うかも。漂白剤や一般的な消毒液が、致命的な肺疾患のリスクを高める可能性を示す研究結果が発表された。事実、この研究は、定期的に化学物質を吸い込むことで、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) を患う可能性が最大32%も増加することを明らかにしている。その内容をオーストラリア版「ウィメンズヘルス」からご紹介。
COPDは40歳以上のオーストラリア人の7人に1人が抱える病気で、通常喫煙に関連するとされる慢性気管支炎や肺気腫といった呼吸困難を引き起こす肺疾患。
アメリカのハーバード大学とフランスの国立健康医療研究所 が共同で行った30年にわたるこの研究は、アメリカ国内で5万5千人にも及ぶ看護師がこの疾患を抱えていることに着目したもの。
1989年以降、そのうちの663名が医療器具や表面の洗浄に最低週1回は消毒液を使用することを義務付けられており、2009年と2017年5月の間にCOPDであると診断されていた。
研究チームのリーダーであるオリアン・デュマスは、「漂白剤や第4級アンモニア酸といった消毒液は、一般家庭で広く使われている。消毒液の家庭での使用がCOPDの発症に及ぼす潜在的な影響についてはまだ知られていない」 と言う。(Womens Health)


ふだん最も衛生に気をつかっている看護師さんたちが、次々と重症の肺疾患に陥るのは、なぜなのか。
そして、判明したのが、「 COPD の原因が、消毒剤にある」ということだった様です。

喘息患者の気道における無秩序な微生物群という論文の冒頭に下記のことが記載されていたそうです。

幼児期の豊かな微生物環境(常在菌環境)は、子どもを喘息から保護する。


近年、腸内フローラと呼ばれる腸内細菌叢の人体への働きは、しばしば話題になっていますが、(こちら
上記論文に「肺にも常在菌がいる」と、記載されているそうです。

・腸と肺、そして免疫、および肺がんの関係
 Desired Turbulence? Gut-Lung Axis, Immunity, and Lung Cancer
という論文の序文には、下記の記載があるそうです。

最近、腸内微生物叢と肺の微生物叢の間の対話が発見された。このことにより、微生物の構成または機能に関係なく、体内のある部分の変化が他の部分に影響を与える可能性があることが示されている。


今世界でコロナウイルス対策として取られている対策は、人にとって大切な細菌叢を殺して、
免疫力を弱める対策ばかりのような感じがしますね。

新型コロナウイルスは感染力は強いけれど、それ程強烈な細菌ではないそうですから、
人の本来の免疫力を最大限に発揮する取り組みをこそ、推奨すべきなのではないかと思うのですが、世界で取られている対策は、
ロックダウンという経済破壊によるストレスで、人の免疫力を衰退させ、
徹底的な消毒推奨で、体内の常在菌を傷つけています。

これを「世界中にワクチンを売りつける為の陰謀」と見るか、
単なる思慮の不足と見るべきか?

でもお偉いお医者さん方だったら、このくらいの知識はもうお持ちの筈なのですが・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3479-f95d816b