http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium COVID-19対策 既に手遅れの隔離政策に力を入れる事の愚
FC2ブログ

COVID-19対策 既に手遅れの隔離政策に力を入れる事の愚 

未だに日本はもっとPCR検査を増やして、
感染者の隔離を徹底すべきだと思っておられる方が多いようですが、
日本での隔離政策はもう手遅れなのではないでしょうか?

先日アメリカ・カリフォルニア州で、住民のうちどれくらいの人が新型コロナウイルスにすでに感染したか推計するためサンプル調査を行ったところ、これまで医療機関などで確認されていた感染者の28倍から最大で55倍の人がすでに感染した可能性があることが大学などが行った分析で分かったそうです。
新型コロナの感染者数 実際は数十倍か 米の大学など調査

実際の感染者数についての研究は、あちこちの研究チームが、色々な検査によって推定しているようですね。

スタンフォード大学の研究チームがシリコンバレーの住人3300人を対象に血液検査を実施したところ、推定2.5%から4.2%が新型コロナウイルスにすでに感染していることが判明しているそうです。(致死率は0.2%未満)
(こちら

アイスランドは北ヨーロッパの人口、約36万4000人の小さな島国である。3月13日に始まった検査は3月23日の時点で、被験者5571人、陽性者48人、陽性率0.86%という結果をえた(致死率0.03%)そうです。
このアイスランドのデータを人口1億2000万人の日本に適用すると、感染者数103万人死者309人となるそうです。(こちら
4月27日現在の日本のCOVID‐19の死者数は372人ですから、アイスランドの致死率0.03%より少し高い程度と言えるようですね。

それは兎も角、日本における感染者数は、アイスランド並みの陽性率0.86%だったら、
103万人もあることになり、
シリコンバレー並みの感染率だったら、最低でも、人口の2.5%ですから、
1億2千万人の日本だと約300万人の人がすでに感染している事になりますね。

カリホルニアでの調査によると、実際の感染者数は今調べられている人数の、
最低でも28倍(最高だと55倍)だそううですから、
4月27日の日本の感染者数は1万3439人ですから、
カリホルニア並みだとすると37万6千人~73万9千人となります。
日本はアメリカと較べてPCR検査の普及率が格段に低いので、
人口比で出した人数よりかなり少なくなっていますが、
それでも、最低でも37万人余りの人が感染している事になるのです。
実際問題として37万人もの人を隔離出来るでしょうか?
(シリコンバレー並みだったら300万人もの感染者数になりますが・・・・・)

日本における感染者がほんの少人数の間に、
徹底的に検査して感染者の拡大を抑える為だったら、
PCR検査も感染拡大の防止に役立った筈ですが、
検査せねばならない時期に徹底的に検査を渋っておいて、
隔離政策での感染拡大阻止は無理な状況になってから、
今頃PCR検査を拡大しても、
徹底的に隔離することは実際問題として無理なのですから、
今更クラスターの存在などを調べても、余り意味はないのではないでしょうか?

これからは感染者を隔離することはあきらめざるを得ない状況にあるのに、
少数の人を検査して「今日は感染者が何人増えた!」と、
国民の恐怖心をあおる為にPCR検査を使うのではなく、
重症化した患者さんの治療の為に、
PCR検査を活用する体制に移るべきなのではないでしょうか?

これからは感染者はどこにいるか分からないけれど、
国は個々人の免疫力が最大限に出せる様、
サポートに努めることに舵を切るべき時なのではないでしょうか?

現在国は休業補償もせずに休業を迫ったり、
それで仕事を失う人への金銭的サポートを怠ったまま、
外出禁止令に近い要請をしています。

現在国が取っている政策は、個人事業主を経営破綻に追い込んで、
変なストレスを与え、
労働者から仕事(収入の道)を奪って、
大変なストレスを与える等、
免疫力発揮の最大邪魔者ストレスを、
国民が最大限被る政策をとっています。

失業とか倒産とかの心配がない比較的恵まれた者であっても、
人との接触を避ける為に、家で孤立状態に置かれることも、
大きなストレスとなっていると思われます。

現在のコロナ対策で打ち出している安倍政権の政策は、
国民のストレス最大化計画とさえ思える物だらけですから、
早急に取りやめるべきなのではないでしょうか?

そして、これまでも政策で壊された経済基盤の補修に力を入れ、
経済活動を健全化して、国民のストレス原因の除去に努め、
例えウイルスに出会っても、即時撃退できる免疫力を強めて、
免疫力で撃退するか、
撃退できないまでも、何とか生還出来る様医薬を尽くすことが出来る様、
医療へのサポートなどに、力を入れて頂けたら良いのではないかと思うのですが・・・・・

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

徹底的なPCR検査が今すぐ必要です

「経済封鎖をするには遅過ぎる」というご意見には
激しく同意します。しかし、PCR検査をせずに、
国民ほぼ全員が抗体を持つまで放置しておけばよい
という暴論には、同意し難ねます。韓国では、1度
陰性になったのに再度感染した者が300人近く見
つかっています。つまりコロナウイルスについては
まだ分からないことが多い。
『ダイヤモンド』に掲載されていた岩田健太郎神戸
大学大学院感染治療学分野教授へのインタビューを
引用します。
>>
抗体があれば、「新型コロナに一度かかったことが
ある」ということはほぼ言えますが、「もう二度と
新型コロナにはかからないお墨付きが得られる」と
いうことには必ずしもならない。これは非常に重要
なポイントで、免疫があるかどうかは、もう少し調
べないとわからないのです。例えば、はしかは抗体
ができたら二度とかかりませんが、HIVは抗体が
できたって体内からウイルスはなくなりません。
よって、抗体ができた人が5~6割に達すれば、必ず
集団免疫が獲得できる、という話にはならないので
す。また、免疫ができた人でも、その状態が3カ月
続くのか、1年なのか、一生なのかは、まだわかり
ません。
<< 引用続く

続きです。
>>  
スペイン風邪は集団免疫が獲得できたケースです
が、新型コロナもそうなるかどうか、現状ではわか
らないとしか言えません。運良く集団免疫ができれ
ば、感染は放っておいても収束する。しかし、運悪
くできなかったら、同じことの繰り返しです。実現
するかどうかもわからない集団免疫獲得を目標に据
えて作戦を立てるというのは、非常にまずいです。
――ワクチンや治療薬については、どうお考えですか?
これも「できたらいいな」という話です。よくワク
チンを作るのに十数カ月かかる、というような話が
出ていますが、そもそもワクチンが作れない可能性
だってあるんです。現に、HIVはもう40年間も
研究していますが、いまだに成功していない。SA
RS(重症急性呼吸器症候群)のワクチンもありま
せん。治療薬もパッとしないものばかり、という未
来だって、あり得ます。
集団免疫獲得やワクチン、治療薬の開発成功という
のは、あくまでも「そうなればいいな」という希望
であり、現段階では「物語」でしかない。だって実
現するかどうか、わからないんですから。われわれ
のような現場の医師は、いくつものシナリオを考え
それぞれに対する準備を進めます。楽観的シナリオ
だけを想定して動いて、もしもっと悪いシナリオが
実現したら、身動きが取れなくなる。もっとも悲観
的なシナリオに対しても、準備をしておくべきなの
です。
<<  引用ここまで

隠居老人様

隠居老人様
コメント有難うございます。
私は「集団免疫を期待してPCR検査をしないでおいたら良い」という考えからPCR検査をしないで置けば良い、
と考えているわけではありません。
今更PCR検査をしても感染拡大は防ぎようがない位、
このコロナウイルスは市中に蔓延していると思われるから、
感染者の隔離などという事に精力をつぎ込んで、
市中の診療所に閑古鳥を鳴かせながら、
コロナウイルスに取り組む医療者を殺人的に疲弊させる
現在の方式は間違っていると思うのです。
ここまで来たらコロナウイルス感染者と雖も、
何処の医院・病院でも診療できる体制に変えるべきではないかと思うのです。

コメントに書いておられる通り、
このウイルスは一度感染したら二度と感染しないという保証はない厄介なウイルスのようですし、
ワクチンだってできるかどうかわからないウイルスなのですから、
普通のインフルエンザの様に放置しておくしかないのではないでしょうか?

医療崩壊してしまったら元も子もなくなることでしょうし・・・・・
  • [2020/05/01 13:37]
  • URL |
  • 和久希世    
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3444-7dc94788