http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 安倍総理の罪は公務員人事をも汚染しまくっている
FC2ブログ

安倍総理の罪は公務員人事をも汚染しまくっている 

「大坪氏とちゃんと付き合え」和泉洋人首相補佐官「圧力音声」に内閣法違反の疑い
2/19(水) 16:00配信 文春オンライン
に、
     (一部引用 紫字部分)
和泉洋人首相補佐官(66)と、大坪寛子・厚生労働省大臣官房審議官(52)が、海外出張の際、公費でコネクティングルームに宿泊していた問題 が国会で追及される中、「週刊文春」は、和泉氏の公私混同疑惑を深める音声を入手した。という事で、
和泉洋人首相補佐官が愛人である大坪寛子・厚生労働大臣審議官を贔屓して、
人事にどれだけ違法な越権的な介入をしたかを、詳細に綴ってあります。

「大坪次長もさ、激しくて皆さんとうまく行っていないかもしれないけど、彼女は健康・医療戦略室次長に残すし、AMED担当室長になるから。そういうつもりでちゃんと付き合ってもらわないと困る」
 大坪氏は昇進させるとする一方で、AMEDに対しては「組織を見直す」と人事権をちらつかせたり、「財務省が全面的に協力する」「あなた方がどういうつもりか知らないけど、そんな生易しい話じゃない」などと予算にも介入することを示唆して

大坪次長がどんなに気に入らないとしても、大坪氏は昇進させるからそのつもりでいるようにと、
AMED(日本医療研究開発機構。独立行政法人の一形態の国立研究開発法人)の幹部3人を呼び出して伝えたそうです。
当時大坪氏は高圧的な言動や調整能力不足もあって、ADME内部の者との間でコミュニケーション不全に陥っていたことを承知の上で,
「大坪次長もさ、激しくて皆さんとうまく行っていないかもしれないけど」等と言いながらも、
和泉首相補佐官は、大坪氏は絶対に昇進させるのだからその積りでおれと、言い放ったのだそうです。

此処まであからさまに自分の不倫相手を公的に贔屓しても、
安倍総理だったら許してくれると和泉首相補佐官は信じ切っているのでしょう。
それは伊藤詩織さんを強姦しても、警察官僚に働きかけ逮捕を取りやめさせ、
検察に働きかけして山口敬之氏を不起訴にしてやったことを見ても、
安倍総理は自分の犬(服従者)として、絶対服従している者だったら、
その者がどんなに違法なことをしても、守ってくれると信じているのでしょう。
その代わり森友学園の籠池の様な者は、見せしめの為にも最大限の重い決を出すよう
司法関係者に命令するのでしょう。(こちら

かくして日本の国政をになっている筈の安倍政権では、
国民の為の仕事の効率よりも、安倍総理の思惑が優先される世界になっているようです。
      (引用)
公務員制度やガバナンスに詳しい、元財務官僚で明治大学公共政策大学院教授の田中秀明氏が指摘する。
「独立行政法人の人事権は大臣にあるので、そこに介入することは問題。内閣法上、補佐官は総理の命を受けて内閣の重要政策の企画について総理を補佐するのが役割であり、行政機関に対する指揮命令権はないため、補佐官の分を越えている。仮に、その独法の役員が適切に仕事をしていないのであれば、補佐官が総理に実情を報告し、総理が直接指示するべき。総理の指示を、補佐官が伝言・代弁することはあっても、首相の指示もなく『総理に代わって』指揮するのであれば、内閣法に違反します」

という事で、和泉首相補佐官のやっている事は、倫理に反するだけでなく、
明らかに公務員制度に違反する越権行為であると言えるでしょう。

しかし、安倍総理は自分の数々の法律違反を、
絶対に裏切らずかばい続けてくれる補佐官を失わないためだったら、
和泉首相補佐官の越権行為を容認し続けても平気なようです。
という経緯で、
安倍総理その人が和泉首相補佐官の守り抜きたがっているの大坪審議官を、
出世させ、したい放題を許している主体になっているという状況になっていると言えるでしょう。

そんないい加減な人事で大坪審議官は国民の健康と安寧に関わる
重大な公務の責任者になっているのです。
大坪審議官が厚労省の会見で大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに10人の感染者が判明したことを発表していたそうですから、(こちら)
あのコロナウイルスに汚染されまくってしまったクルーズ船ダイヤモンド プリンセス号の管理にも、
大坪審議官は1枚かんでいるのではないでしょうか?
そして好きなことを言いまくったり、
真面な仕事をしようとしている担当者の邪魔をしても絶対に処罰されない「アンタッチャブル」として、
大坪審議官はダイヤモンド プリンセス号を現在の様な、
汚染された船にしてしまう責任者・重要人物の一人になったのではないでしょうか?

普通の事だったら仲良しクラブでの仕事でも何とかなるかも知れませんが、
パンデミックになる恐れのあるウイルスへの対応の様な、
一つ間違ったら日本国中だけでなく、世界中が迷惑する様な重大な仕事の時には、
その及ぼす災禍は計り知れないものとなるでしょう。

人事の面から見ても安倍政権は、
一刻も早く退陣させねばならない政権であると思います。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3366-a7d6b87d