http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 逮捕を避けるため近隣諸国との紛争を画策しているネタニヤフの真似だけは安倍総理に許してはならない
FC2ブログ

逮捕を避けるため近隣諸国との紛争を画策しているネタニヤフの真似だけは安倍総理に許してはならない 

マスコミに載らない海外記事「ビビの免罪符、イランとの戦争」に、
イスラエルのネタニヤフ首相が権力を離せない理由に、
ネタニヤフが犯してきた犯罪(収賄容疑)で、
       (一部引用 紫字部分)
首相の座から追い出されれば、彼はすぐさま裁判を受けるはずだ。
全ての告訴に関する有罪判決で、彼は最高13年の禁固刑にされかねない。
という状況にあるからだそうです。

ネタニヤフ首相は在職し続けるために、パレスチナとの安全保障上の緊張を高めようとガザ,を攻撃したり、イランを攻撃したりしたりと、周辺の緊張を高めてばかりいるようです。
又、イスラエル入植地を不法だとする国際法と国連決議にもかかわらず、
ネタニヤフはもし彼が再選されれば、彼の政府は、西岸の広大なパレスチナ領土を併合すると宣言していそうです。

そしてトランプ米大統領はパレスチナ領土の全てのイスラエル入植地を合法的と認知すると発表して、
ネタニヤフ首相を側面から援護しています。
又、トランプ米大統領は、3,000人のアメリカ軍を「イランの挑発を防ぐ」ためと言って、サウジアラビアに派兵したしたり、
エイブラハム・リンカーン空母打撃群をペルシャ湾に入れたりして、
ネタニヤフを援護射撃するのが目的で中東の緊張を高めているのではないかと思われます。
この記事この最後の文章、
 トランプとネタニヤフは、イランとの緊張を高めるため協力しているように思われる。明らかに、ネタニヤフは戦争の陣太鼓の音が、収賄容疑での彼の裁判に対する検察要求をかき消すことに賭けている。イスラエル首相は、司法に直面するより、自分の身を守るために、イランとの戦争を燃え上がらせる準備を整えているように思われる。は、
自分の犯した罪の刑罰を逃れるため、
近隣諸国の軍人・非軍人を無差別に殺戮して、近隣諸国の緊張を高めることによって,
自身の存在感を示そうと、悪あがきする失職すれすれのネタニヤフ首相の残酷な身勝手さは酷いものですが、
それを援護射撃で応援するトランプ大統領の、平和への思いとか公正さとは真逆の態度にも辟易させられますね。

我が国の総理大臣安倍晋三も自分の犯した数々の罪に慄いて、
総理の椅子にしがみ付いて、さらなる罪を重ねているようです。
世に倦む日々「ポスト安倍と安倍4選 - 党則改正のタイムリミットと来年早期の解散総選挙 」
によると、
安倍総理の4選はないだろうとの意見があるけれど、
安倍総理は生きている限りその地位にしがみ付き続けるだろうとの意見のようです。
       (一部引用)
国会は全く機能していないし、裁判所と検察も全く機能していない。安倍晋三とその手下がどれほど卑劣な犯罪を犯しても、検察は捜査に動かず、告発しても不起訴処分にする。準強姦の山口敬之は不逮捕となり、告訴されたが不起訴となった。経産省の大物OBは二人を轢き殺して逮捕されず、「上級国民」という概念を作り出してしまった。池袋の現場で警察による事故処理を指揮していたのが中村格だったという情報が出ていた。行政文書は次々と焼かれ棄てられる。安倍晋三に不利な記録は廃棄され、咎められることはない。ルールはすべて安倍晋三とその配下によって恣意的に運用され、原義は紙上の空文になっている。マスコミも安倍晋三の手下で固められ、安倍晋三を批判したり追及したりしない。逆に賛美のみを毎日繰り返し、プロパガンダで埋め、国民に安倍晋三を崇拝させるように刷り込んでいる。それがマスコミの仕事だ。

この独裁体制が崩れるということは、まさに革命的事態である。ポスト安倍などと簡単に言うけれど、この権力の実態を考えれば、問題はそれほど容易ではないのだ。ポスト小泉やポスト中曽根とは全く違う。安倍晋三は、4選、5選と、終身権力にどこまでも突っ走るしかない。安倍晋三が口先で言っている「4選は全く考えていない」を信用するのはナンセンスだ。安倍晋三の場合、院政だの闇将軍だのキングメーカーだのという最高権力者のあり方は難しいのである。現役でバイタルな状態でしか権力を保持できない。それは、金正恩がそれができないのと同じだ。操り人形を裏で操るということができない。安倍晋三は、地位から離れた瞬間に権力を失う。転げ落ちる。安倍晋三の場合、権力の維持はテレビに依存していて、テレビに出続けて礼賛を得続けることで人気(支持率)を維持している。首相という地位を失うとテレビに出られない。
      (中略)
政権終端はチャウシェスク的な阿鼻叫喚の図になる。

と、革命的な力が働かない限り、安倍総理と麻生副総理を辞めさせる事は出来ないだろうと思っておられるようです。

現在の安倍総理はまだ戦争を仕掛けることは出来ないでいますが、
このまま総理を続けさせていたら、
遂にはネタニヤフ・イスラエル首相と同様のことをするようにならないとは限らないのかも知れません。
日本人は、もう随分長い事安倍総理を容認してしまいましたが、
これ以上安倍晋三を泳がし続けていたら、日本もネタニヤフのイスラエルの様な事をする国にさせられかねないのではないでしょうか?
何とか政治家もマスコミ人も日本に恐ろしい将来を招きかねない安倍晋三を、
一日も早く辞任に導くために全力投球してほしいものですね。

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧様

コメント有難うございます。
仰る通り、安倍総理の末路は、マルコス,イメルダ形と言っても良いのかも知れませんね。
世に倦む日々さんは、チャウシェスク夫妻のスケールを小さくしたものが安倍夫妻と言っておられましたが、
記事にマルコス、イメルダ夫妻の写真も載せておられますね。

どちらにしても・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3271-88548d8d