http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 又米国人を月に送り込むと言っているアメリカ大統領
FC2ブログ

又米国人を月に送り込むと言っているアメリカ大統領 

In Deepに【「人間は地球の磁気圏の外では生存できない」:ロシア科学アカデミーの科学者が、アメリカの過去の月探査ミッション、そして将来の火星ミッションの「すべてを不可能」と断定】という記事が出ていたので、
地球と月の間にあるヴァン・アレン帯の所為と書いてあるのかと思ったら、
ヴァン・アレン帯の事には全然触れられていませんでした。
こちらの記事では、
ヴァン・アレン帯の放射能は20シーベルトで小さいものではないけれど、宇宙船は数時間で通過するし、それなりの対策が取られていただろうから、人間が通過することは不可能とは限らないというような意見を書いておられました。
(私は以前ヴァン・アレン帯があるから、地球と月との間を人間が生きたまま往復することは、不可能な筈と書いていましたが、それは訂正せねばならないのかも知れません。)

In Deepさんのこの記事で紹介しておられるロシア科学アカデミーの科学者スヴォーロフ博士が
「過去の月探査ミッションも、将来の火星ミッションも、すべて不可能」と判断された理由は、
ヴァン・アレン帯のような放射線帯でもなければ、強い磁場でもありませんでした。
地球の磁場は 50マイクロテスラで、地球の他の惑星、たとえば火星や水星の磁場よりも数千倍強いのだそうです。
(という事は、宇宙空間の磁場は地球の磁場の数千分の一しかない)

宇宙空間の低すぎる磁場が宇宙飛行士たちの身体と精神的状態に大きな変化を起こすと言うから、
人間を宇宙空間で生活させることは不可能であると言う理由なのでした。
NASA のアポロ計画での医療報告に、アポロ乗組員たちの深宇宙での低磁気状態での健康に関する言葉がない事が、
アポロが人間を月に連れて行っていない証拠と言えるでしょう。

1970年にソユーズ9号で18日間、宇宙空間に滞在したニコラエフは、
その後、2度の心臓発作を起こし、合計 5回の心臓発作を起こして死亡されたそうです。

下にアレクサンダー・ウラジミロヴィッチ・スヴォーロフ博士のインタビュー記事の一部を複写します。

地球の高層大気でさえ問題を起こす
宇宙空間だけではなく 、重力と磁場が弱められている地球の上層大気でも、人体に影響が出ることがわかっています。
宇宙船やステーションでの宇宙での長期滞在は、循環系に悪影響を及ぼし、深刻な健康問題を引き起こす可能性があることが国際的な科学者グループにより見出されているのです。
ロシア科学アカデミーの生物医学問題研究所のイリナ・アルエロバ博士たちの研究グループは、国際宇宙ステーションで平均で約 6ヶ月を費やした宇宙飛行士たちの健康状態をチェックしました。
フライトの前と、ISS滞在 50日目と 150日目および帰還後 40日目に、頭部の血管の超音波検査を実施しましたが、その結果、7人の被験者たちが血流の停滞を示し、人によっては、頸静脈の血液が「逆流」している場合があったのです。そのうちの 2人は脳に血栓が見出されました。

頸静脈は、人体で最も大きな血管の1つであり、首、顔、脳への血液供給に関与しています。潜在的に肺に到達する可能性のある血栓は、特に軌道上では致命的な状態です。
科学者たちは、このような血流障害は重力の欠如に関連している可能性が最も高いと指摘しています。地球の重力は私たちの体のほぼすべてのプロセスを調節しているため、無重力状態は深刻なストレスを引き起こします。
まして深宇宙では、その影響は甚大です。
結局、地球の磁場圏を超えて、月に飛んだ人類は一人もいません。
地球の大気と磁気圏の外側では、生きている細胞は死滅します。
人類は地球上にしか生きられません。あるいは、人類が他の惑星に行くことができないように、私たちは作られているのかもしれません。
地球からの出口は人類にはないのです。


アメリカのトランプ大統領は最近「宇宙政策指令No.1」に署名し、NASAに対して今後の10年間に米国人を再び月へ送り込むよう指示を出した。そして、議会はこの新計画のために207億ドルを割り当てたそうですね。
それで 軌を一にした様に、芳ちゃんのブログでもアポロ計画のことについて書かれたのだと思いますが、
「BC:米国は本当に月面着陸をしたのか? 」という記事に、
ウラジミール・プラトフという人の記事を紹介しておられます。

米国は汚名を挽回するためにも今後の10年間に月への有人飛行を行う心積りのようだ。宇宙服や新型ロケットの開発といった技術的な難問が間違いなく今も残っているようだ。お手並み拝見である。
と、芳ちゃんさんは(多分揶揄を込めて)言っておられますが、
地球の数千分の一しか磁気がない宇宙空間で、
足りない磁力を補う事の出来る宇宙服を開発するすることが本当に可能なのでしょうか?
もし、不完全な宇宙服だったら、月に行かされる宇宙飛行士は、
酷い目に合わされることになるかと思いますが・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3265-77b8b8ae