http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 複合的ウクライナ疑惑の行方
FC2ブログ

複合的ウクライナ疑惑の行方 

ウクライナ東部、兵力引き離し完了 独仏ロと会談へ調整急ぐ
ヨーロッパ 2019/11/13 1:31
 
【モスクワ=石川陽平】政府軍と親ロシア派武装勢力が戦闘を続けるウクライナ東部の紛争で、停戦監視に当たる欧州安保協力機構(OSCE)は12日、政府軍と親ロ派の双方が10月に合意したドネツク州での兵力引き離しを完了したと確認した。タス通信が伝えた。これを受け、ウクライナと独仏ロシアは和平への具体策を話し合う4カ国首脳会議の早期開催へ調整を急ぐ。

10月に兵力の引き離しで合意したのは、東部のルハンスク州とドネツク州で親ロ派と政府軍が対峙する2つの地区。すでに撤収作業を終えたルハンスク州に続いて、ドネツク州の地区でも12日までに兵力の引き離しを完了した。親ロ派を支援するロシアは、2地区での兵力の引き離しを4カ国首脳会議開催の条件としていた。

ウクライナで5月に発足したゼレンスキー政権は「紛争の終結」を公約に掲げ、ロシアと和平に向けた対話を進める方針を打ち出した。2地区での兵力引き離しを受け、11月中にもパリで4カ国首脳会議を開きたい考えだ。ただ、ロシアのプーチン大統領は「綿密な準備が必要だ」としており、日程調整が遅れる可能性がある。

ウクライナ東部の紛争は、2014年2月に親欧米派勢力が親ロ派政権を打倒する政変が起きたことをきっかけに、同年4月に始まった。ロシアが東部の親ロ派を軍事支援したことで泥沼化し、国連によると、非戦闘員も含めて約1万3千人が死亡した。


上の記事はDEEPLY JAPAN「ウクライナ疑惑公聴会の後ろでコロモイスキーが吠えていた」に、
グローバリスト日経がロシアのTASSを引用して多分現時点で一番事実に近いであろう記事を書いていると、紹介しておられた記事です。
ウクライナのドネツク ルガンスク地方の人々にも、やっと平和な時が戻ってくるのでしょうか?

DEEPLY JAPANさんのその記事には、
2014年のマイダン革命に深くかかわっていたコモロイスキーというウクライナ第2の金持ちが
アメリカで下記のようなことを述べていたという事も書いておられます。
        (一部引用)
ニューヨークタイムスとのインタビューで、
ロシアとの関係を改善する必要がある
人々は平和を、良い生活を求めている。戦争なんかしたくないんだ。
そして、あんたら(アメリカ人)は俺らを戦争せざるを得ない状態にし、だけどそのための金さえ出してくれない
そして、
ロシアは俺らを新しいワルシャワ条約に連れていきたがってるんだ。
“There’s no use in wasting time on empty talk. Whereas Russia would love to bring us into a new Warsaw Pact.”
俺らはロシアから10兆円取れるだろう。彼らは俺らにくれたがってるんだ、今日にでも。
“We’ll take $100 billion from the Russians. I think they’d love to give it to us today,” Kolomoisky said. “What’s the fastest way to resolve issues and restore the relationship? Only money.”


同じくDEEPLY JAPANさんの記事IMF支援は受けるな、外債はデフォルトでいい by コロモイスキーによると、
元コメディアン・ゼレンスキーをウクライナ大統領にした(応援した)コロモイスキー氏は、
ウクライナのクーデターに深くかかわっていた人物だけれど、
近年IMFなどウクライナ・クーデターで一儲けした者達が、経済的に追い詰められているウクライナへの経済支援をしなくなって、
ウクライナ政府は経済的にも行き詰まり、デフォルトするしかなくなっているらしいです。

そこでコロモイスキー氏はウクライナをめちゃくちゃにしてほっとくつもりだったら
(自分たちの都合で破壊したウクライナを、このままにして経済的にも助けてくれないのだったら)、
ウクライナはロシアと結ぶぞと、ニューヨーク・タイムズでアメリカに脅しをかけているもののようです。

このインタビュー記事がニューヨーク・タイムズに載せられたのは、11月13日だったようですから、
アメリカのウクライナ疑惑の公聴会が開かれたのと、ほとんど同じころの事だったのですね。

アメリカにとってバイデン前副大統領が息子を使ってウクライナの資産を、、超高額の報酬という形で懐に入れた疑惑を調査せよ
と現ウクライナ大統領に持ちかけたというトランプ現大統領の、
次の大統領選挙への違法介入疑惑と、
コロモイスキーに脅される原因の一つを創ったかもしれないバイデン前副大統領の、
ウクライナの革命政府での職権を乱用した利権あさりと、
どちらの罪がアメリカの将来を暗くすることになるのかを、
アメリカ人はをウクライナ疑惑審判の基準にいしないのでしょうか?

どこの国の国民も岡目八目で外国の事だったらよく見えても、
自国の事はあまり見えないものなのでしょうか?
今世界の国々では,国民(住民)が正気だったらありえないような選択が、
あちこちの国でなされているようですね。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3258-cc82df08