http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 消費税減税に関する勉強会
FC2ブログ

消費税減税に関する勉強会 

れいわ山本氏らが減税勉強会=消費税5%で野党連携
2019年10月30日19時54分

 れいわ新選組の山本太郎代表と無所属の馬淵澄夫元国土交通相が主宰する消費税減税に関する勉強会の初会合が30日、衆院議員会館で開かれた。次期衆院選で消費税率5%への引き下げを主要野党の共通政策として掲げることを目指し、各党に働き掛ける考え。
 会合の冒頭、山本氏は野党が政権交代できない理由を経済政策の甘さだと指摘。「5%というところで力を合わせられないか話し合いたい」と述べた。馬淵氏は「次期衆院選に向けた大きな公約とすべく、ゼロベースでしっかりと議論し、政策をまとめていきたい」と意欲を示した。


近現代の税制は格差拡大防止の為のリベラルな税制として
「累進課税」の推進に努めていた筈ですのに、
消費税は最も貧しい者に、最も高い税率が掛かる「逆進税率」となるものです。
生活費に全収入を使い切る所帯にとって、10%の消費税は「所得税率10%」と同じ事になるのです。
生活費には全収入の10%しか使う必要のない(例えば年収1億円で生活費1千万円)所帯の支払う消費税は
1百万円で沢山払っている様に見えますが、
総収入1億円にとって1百万円は1%に過ぎない事になるのではないでしょうか?
貧乏人にから10%取って、高額所得者からは1%しか取らないのでは、
余りに不公平不合理ではないでしょうか?
これでは消費税は格差拡大目的の税制と言われても仕方ないでしょう。

格差拡大こそ大恐慌や大不況の引き金になる忌むべき存在である事は、
ピケティーもその著書「21世紀の資本」で検証していますが、
万民の為の安定した経済体制を維持する為には、
貧富の格差拡大は極力避ける努力をせねばならないのに、
政府はどうして消費税の導入など始めたのでしょうね。

今、野党議員が消費税を先ずは5%に下げる為、力を合わせようと
「消費税減税に関する勉強会」が出来たのは喜ばしいことですが、
この勉強会に早くも暗雲が立ち込めている様です。

馬渕議員が4日三重県内で交通事故にあわれたのだそうです。(こちら

馬淵議員は腸に損傷を負う大怪我だったそうです。
命に関わる程の怪我ではなかったそうで、
1~2週間で退院できる見込みだそうですから、
消費税減税の勉強会の将来に差し障りが出来るほどの事はないのかも知れませんが・・・・・

雨降って地固まるで、この勉強会は強固な意志を集めて、
消費税減税 → 消費税廃止
を着実に進める国会議員の集まる所となるのかも知れませんね。

どうか消費税減税勉強会が、断固消費税を廃止する国会議員の集まりにと
順調に成長しますように!!!

Comments

ほぼ毎日読んでます。
いつもの名無しです。
消費税廃止は可能だと思います。
なぜなら、日銀が国債を買い続け、政府の借金が減り続けているからです。
ただ、野党がどれだけ財務官僚と渡り合えるかという問題があります。

名無し様

コメント有難うございます。
見解の相違でもうお見放しかと思っていましたら、
毎日読んで下さっていたとか!
意見の違うものも参考になさっているとは、
見上げた態度だと思います。

消費税を廃止できるとか出来ないとかは、
与党にもその気が有るのでしたら、
野党にだけでなく与党にも求めたら良いのではないのですか?

一寸そこに引っかかりましたが・・・・・

この件に関しては、与党に全く期待していません。
債務が減っているのを知っていながら、増税する与党には期待しませんよ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3249-394faf61