http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 度重なる自然災害に苦悩する日本  環境問題の研究費に30兆円もその上も使っている場合ではない。
FC2ブログ

度重なる自然災害に苦悩する日本  環境問題の研究費に30兆円もその上も使っている場合ではない。 

東日本大雨、10人死亡・3人不明…千葉は15河川で氾濫
10月26日(土)13時32分 読売新聞

 東日本を襲った記録的な大雨から一夜明けた26日、冠水や土砂崩れが相次いだ千葉県などで次々と被害が明らかになった。読売新聞のまとめでは午後1時現在、千葉、福島両県で死者は10人、行方不明者は3人。河川の氾濫が起きた地域では、住宅や道路に押し寄せた水が引かず、住民らが朝から対応に追われた。

 気象庁によると、26日午前9時半までに観測された24時間の最大雨量は、千葉県市原市で10月の観測史上最大となる285ミリ、同県佐倉市で248ミリ、福島県いわき市で198ミリを記録した。いずれも、10月1か月分の平年雨量を超えた。

 千葉県では、茂原市と長柄町で、いずれも一宮川に流されたとみられる中年男性1人と、88歳、54歳の男性が死亡。長南町では水没した車内などから91歳と81歳の男性遺体が見つかった。

 千葉市緑区では25日に発生した土砂崩れで60歳代と40歳代の女性、60歳代男性が亡くなった。市原市でも50歳代女性が死亡した。

このほか茂原市で男女2人が行方不明となっている。

 福島県相馬市では26日朝、海水浴場で60歳代女性とみられる1人の遺体が見つかり、女性の30歳代の息子が行方不明という。

 千葉県によると、県内では市原市の養老川や茂原市の一宮川など15河川が氾濫した。茂原市では26日朝も中心部が浸水。JR総武線や東関東道が通る佐倉市でも鹿島川の氾濫で市街地が広範囲にわたって水につかり、水没したトラックや車もあった。

 同県の交通機関は、総武線の八街—成東駅間で路盤が流失し、復旧まで数日かかる見込み。成田空港では25日、電車の運休などで足止めされた利用客約3000人が一夜を過ごした。

 同県教育委員会などによると、県内の公立学校では25日に帰宅できなかった児童・生徒834人が学校などに泊まった。


東日本各地 中でも千葉県では台風15号 台風19号の被災に続き、
又大変な被害を蒙ったようです。
今回の豪雨に見舞われた各地は、半日で1か月分の雨が降ったのだそうです。

近年世界中がこの異常気象に見舞われているようですが、
「スペインやイタリアで記録的な豪雨による壊滅的な洪水被害が発生」
突然の自然の猛威には、何所の国でも打つ手がないのが実情のようです。

そんな中異常気象対策の国際機関に、
「トランプ大統領が「地球温暖化CO2原因説」を否定している為、
アメリカからの出資がない分を補う意味もあって、日本は2年間で1兆円出すことになった。」と、
今朝偶々見た6時台のニュース(TBS?)で言っていました。

それは、この前安倍総理が『革新的環境イノベーション戦略』を策定しこの分野に官民で、10年間に30兆円の投資を決めたという(こちら
その30兆円以外のものなのか如何か調べようと思って検索したのですが、
環境問題に日本政府が1兆円支出するという話は見つかりませんでした。

今や日本は環境問題の研究に何兆円も支出できる状況にはないのではないでしょうか?
地球は既に強烈な異常気象下にあるのです。
これからCO2を減らして温暖化を押さえようと、CO2を減らす研究をしても、
既に起きた災害の被災地や、今年か来年起きるかも知れない災害の被災地を救う事は出来ないのですから、
今後、日本全国の何所に起きるか知れない災害の対策について研究し、
早急に予防策を誠実かつ確実に実施してほしいものです。

今頃、地球温暖化の予防策を研究する等、
不誠実極まりない事に、30兆円もその上も支出する計画は取りやめにして、
そのお金は実際に起きた、又は起きるかも知れない災害対策費にこそ当ててほしいものです。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3239-25542b7d