http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 安倍政権の計画している自衛隊の艦船派遣の危険
FC2ブログ

安倍政権の計画している自衛隊の艦船派遣の危険 

今朝天木直人さんのブログ「理解に苦しむホルムズ近海への海自艦船派遣」で、
安倍政権のホルムズ海峡近辺への自衛隊派遣は、実際のところまだ何も決まっていないそうだから、
これは安倍政権特有の「やってる感」を出すための政策であり、
やってる感の安倍外交、ここに極まれりである。と迄書いておられたので、
そんなものかと思っていたのですが、
リテラの「安倍政権がホルムズ海峡への自衛隊派遣で使った姑息な詐術と本当のシナリオ!米国の戦闘に巻き込まれ、なしくずし改憲へ」を読んで、
安倍政権がホルムズ海峡へ自衛隊を派遣することがどんなに危険なことであるか、
その恐ろしさを痛感させられました。
     (一部引用)

 だいたい、いくら安倍政権が隠そうとしても、ホルムズ海峡周辺で日本の自衛隊が哨戒をすれば、イランからは敵対行動に映る。自衛隊機による偵察が得た情報を米国側に差し出すことは“公然の秘密”であり、それは米軍と一体化した“軍事行動”に他ならないからだ。また、単純に周辺海域で他国間の武力衝突が発生すれば自衛隊が巻き込まれるリスクは高まる。さらに、哨戒任務中に不測の事態が起こると、それこそ世論は安保法等に基づいた武力行使に一気に傾くだろう。
 菅官房長官が「今後、様々な方法を検討する」と語るように、“第二・第三の矢”が用意されている可能性は極めて濃厚だ。最終的な安倍政権の目標を「集団的自衛権を行使した米艦防護」におけば、防衛省設置法の「調査・研究」を名目とするホルムズ海峡周辺への自衛隊派遣は、その“撒き餌”となる。当然、海外で自衛隊が武力行使に出れば、日本は第二次世界大戦での敗戦後、初めて直接的に戦争へ参加することになる。
 そして、この「ホルムズ海峡周辺への自衛隊派遣」から始まるシナリオは、まさに安倍首相が悲願とする改憲へとつながる。ひとつは、“軍事目的”による自衛隊海外派遣を既成事実化することで、9条改憲の「必要な自衛の措置」「そのための実力部隊」(自民党の改憲条文イメージ)を国民に飲み込みやすくさせるという狙いがあるだろう。もうひとつは、ひとたび自衛隊が任務中に何者かに攻撃されたり、海峡周辺で米軍関連の不測の事態が起これば、安倍政権が「なぜ自衛隊は反撃できないんだ」と世論を煽っていくのは火を見るより明らか。一気に改憲に雪崩れ込もうとするはずだ。
 いずれにしても、任期が残り少なくなってきた安倍首相にとって、自衛隊の海外派遣は、改憲を達成するため“最後のワンピース”だ。これまで以上に無理を押し通し、めちゃくちゃな法解釈をしてくる可能性もある。自衛隊を“改憲の道具化“する政権の動きを、引き続き注視しなければならない。


元々殺気立っている海域に自衛隊の戦艦を派遣したら、どんな不測の事態が起きないとも限りませんし、
最悪の場合日本を戦争に参加させたい米軍が、テロ又はイランの攻撃を装って、
自衛隊艦に甚大な損傷を負わせないとも限りません。
自衛隊が攻撃されることこそ、自衛隊艦をホルムズ海峡くんだりまで派遣する安倍政権の狙いであるとしたら、
自衛隊の被害は最大限大げさに報道され、一気に日本の与論を戦争もやむなしに持っていき、
平和憲法の改悪を強行されかねません。

日本は必要もないのに自衛隊の艦船をホルムズ海峡などに絶対派遣させてはいけないと思います。

Comments

災害復旧最優先

そんな金と暇があれば、災害復旧最優先といって断ればいいのです

ましま様

コメント有難うございます。
本当に!!!
安倍政権は無駄遣いが趣味みたいな税金の使い方ばかりしていますね。

温暖化対策の研究目的に30兆円拠出すると決めたかと思うと、
あれだけの大災害の災害対策費に、
7億円だけだそうですね。
台風9号の電源回復には13億円出したそうですのに・・・・・

安倍総理の頭の中は如何なっているのでしょうね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3231-11966dcd