http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 開門を求めた廉で、諫早湾干拓農地営農社を追い出しにかかる県公社
FC2ブログ

開門を求めた廉で、諫早湾干拓農地営農社を追い出しにかかる県公社 

県公社、営農2社提訴 諫干農地 明け渡し求め 

国営諫早湾干拓事業の干拓農地を管理する県農業振興公社が、干拓地で営農する2社を相手に農地の明け渡しを求めて長崎地裁大村支部に提訴したことが31日、分かった。
 提訴は29日付。関係者によると、2社はマツオファーム(松尾公春社長)とグリーンファーム(勝田考政社長)。いずれも農地利用権の更新手続きを巡り、提出書類の不備などを理由に、同公社から3月末での契約解除と立ち退きを求められていた。2社が要求に応じない姿勢を示していることから、提訴に踏み切ったという。
 2社は、同公社などが予防措置を怠り、同事業でできた調整池からカモが飛来し作物を食い荒らされたとして、同公社や県、国に対し、計200万円の損害賠償を求める訴訟を長崎地裁に起こしている。

諫早湾干拓農地で鴨の被害を訴えて調整池の開門を求めた営農社2社を、
県公社は諫早湾干拓農地から追い出すべく、
農地利用権の更新手続きに於ける提出書類の不備などを言い立てて、
3月末までに契約解除し立ち退かせようとしている。
何と高圧的な対応だろう?
国の方針に不服な者は即刻出て行けと言わんばかりである。

普通ならば、
これまでは農業者の為に開門を拒否していたが、
農業者が開門を求めるのだったら、もう何も問題はないから、
「漁業者の望み通り潮受け堤防の開門を実施しよう」となる筈なのに、
「いらぬ事を言い出す農業社は追い出せ」とばかりに、
契約更新時の提出書類の不備を理由に契約解除しようと言うのである。

やっぱり、諫早湾の干拓工事は国民の為に、
少しでも多くの農地を提供する目的で、
莫大な税金をかけて工事したのではなく、
高額の公共工事をさせて袖の下をせしめようと企んでいる政治家の為に、
周辺住民や有明海の漁業者の迷惑を承知の上で、
住民の迷惑は無視し、
有明海の漁師へは札束で頬をはって納得させての、
莫大な国費を浪費する為の非公共工事以外の何者でもなかったという証左であろう。

彼等はそういう不正を一切認めない為に、
「営農者の利益を守るため」と言って、
今も海の汚染に苦しむ漁業者の訴えを退け、調整池の開門を拒否し続けて来たが、
この度営農者からも開門を求める訴訟が起こされた。
その為慌てた県公社は急遽、
件の営農社2社に因縁をつけて契約更新を拒否し、
即刻立ち退かせるべく、立ち退き訴訟を起こしたのである。

こんな酷い事をやったのは干拓農地を預かる県公社だそうだけれど、
何と理不尽な対応だろう!
こんな理不尽な事を、県の公社が一存で進めるだろうか?



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3202-70278fab