http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 諫早湾干拓事業の悲劇の責任者はだれ?
FC2ブログ

諫早湾干拓事業の悲劇の責任者はだれ? 

諫早湾干拓事業:早期開門求め、再び海上抗議デモへ 有明海漁協が準備 /佐賀
 
◇4県漁民で政治判断迫る
 
国の最終判断がずれ込んでいる国営諫早湾干拓事業(諫干)の開門問題で、早期開門を目指す有明海沿岸4県の漁民集会が22日、佐賀市であった。
佐賀県有明海漁協が9月初めの海上抗議デモを準備しており、4県漁民でデモに参加し、国に政治判断を迫ることを申し合わせた。

 
集会には漁民や諫干訴訟弁護団の約20人が参加。有明海では高級二枚貝のタイラギが大量死し、2季連続で赤潮被害に見舞われているノリ養殖期も控えていることから、集会では「この1カ月が最大の勝負になる」と位置づけた。

 
有明海漁協の海上デモについての報告があり、4県漁民で実現を後押しすることで一致した。開門を求める4県漁民の海上デモは今年5月にも実施されている。


 集会で馬奈木昭雄弁護団長は「(国の来年度予算の)概算要求で開門への予算が組み込まれるかどうかが鍵になる。(12月6日の控訴審)判決を待たずに政治判断を迫りたい」と訴えた。【姜弘修】


諫早湾干拓事業は、国内に休耕田があふれて問題化している中で、

豊かな海産物の宝庫諫早湾を埋め立てて農地を造るという目的を掲げて、

何千億円もの税金を投じて強行された。
どこから考えても、正気の沙汰とは思えない、国民を苦しめるためとしか思えないような、自称公共事業であった。


沿岸漁業者の心配は的中し、有明海は諫早湾の埋立地から出る汚水のために汚染され、

豊饒の海は死の海と化してしまった。

諫早湾を埋め立てるというような暴挙さえしなかったら、

諫早湾の干潟は、ムツゴロウや様々な貝類の宝庫で、近隣の人々の憩いの場であり食卓を賑わしてくれる宝の海でもあった。

その近隣の住民を潤してきていた生物たちが、人間の暴挙によって大量に虐殺された為、
その死骸が水を汚す元凶になってしまったのであった。


こんな勿体ないことがあるだろうか!

国民の血税を何故国民を苦しめる埋め立て工事のために、
何千億円も浪費せねばならなかったのだろう?

農地を造るためという事業目的も、すでに日本に農地を増やす必要は皆無であると、休耕田に莫大な金額の保障費用を払い続けている農水省の役人なら、熟知していることだったはずである。


今の日本では農地よりも、豊かな干潟の方が何倍も喜ばれるということは、
先刻承知のはずの人々が起こした公共工事なるもののために、
いまだに有明海沿岸漁民は苦しめられ続けているのである。


有明海沿岸漁民が、せめて堤防の開門をと願っているのに、(埋め立てた)農地に被害が出るかもしれないからと、自公政権はつれなく拒絶し続けてきた。

漁民に莫大な損害を与えたことには知らぬ振りで、

新たに入植した農民を守るために、潮受け堤防を開ける事はまかりならぬという訳である。

それなら国内の休耕田や畑地を、新しい入植地として世話をしたら良いだろうに・・・・・


民主党政権になって前農水大臣が、開門に積極的で5月には開門すると言っておられた矢先、

宮崎県に口蹄疫が起きて、その対策に不手際があったということで、大臣は辞任してしまわれ、

諫早湾の開門の事は、又振り出しに戻ることになっていたのだった。


遠く離れた土地のことであっても、こんな理不尽なことがあるだろうかと、怒りを感じるのだから、

地元の漁業従事者の方々のやりきれなさは、少々のものではないはずである。


民主党政府は1日も早く有明海沿岸漁民の願いを聞いて、対策を立ててもらいたいものである。


そして山口県の上関に原発を造る事によって、瀬戸内海を第二の有明海にしてしまうような、

暴挙だけは何としても繰り返さないと、決心を固めてもらいたいものである。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3190-ffb77453