http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 猫に被害が出始めている政府推奨農薬ラウンドアップ
FC2ブログ

猫に被害が出始めている政府推奨農薬ラウンドアップ 

山田正彦さんのブログ「私達の闘いはこれからです。」によると、
8月8日よりダイソーがラウンドアップの主成分と同じグリホサートを含む除草剤の販売を禁止したのは画期的なことです。
福岡県の宇美町でも、ラウンドアップを町が使用することを禁止しました。
と、
これ迄モンサントの農薬ラウンドアップを、大っぴらに売っていた業者や地方自治体に、
少しづつ反省の色が出初めているということです。
DMCホーマックは、日本では内閣府がグリホサートは安全であるとしているので販売を続けると回答、アマゾンからは何の返事もないそうですが・・・・・

月刊Г農業経営者」が6、7月号で「ラウンドアップの風評を正す」との特集を組んでいるなど、
農業関係の新聞や雑誌は、政府も推奨しているグリホサートは無害であるという立場で、
ラウンドアップ(グリホサートを含む除草剤)の使用を推進している様ですが、
猫に被害が出始めているようです。
    (一部引用  紫字部分)
大村湾漁協の組合長の話ですが「除草のためにラウンドアップを撒いたら、いっぱいいた猫がどこに行ったのかいなくなってしまった」と。

先日、テレビのワイドショーでもある島で猫が原因不明の死を遂げて激減しているとの報道が。

千葉県 茂原の猫好きな夫婦が6匹飼っていた猫のうち2匹が泡を吹くなど不審な死を遂げたので、除草剤を撒いた道端の草を食べたからではないかと。
それ以後は夫婦は一切猫を家の外に出さないそうです。

水俣病も最初は猫の変死から始まりましたが、私には不吉な予感がいたします。
 
ラウンドアップで癌になったとしてモンサントに対する賠償請求の裁判は米国だけで18000件、裁判はカナダ、オーストラリアでも始まりました。


ラウンドアップで癌になったとしてモンサントに対する賠償請求の裁判は米国だけで18000件もでており、
今年5月までにラウンドアップと癌発症の因果関係を認める判決が連続3件もアメリカの陪審裁判所で出されているそうです。(こちら)

内閣府がグリホサートは安全であるとしているそうですが、
安倍内閣は何を根拠に、グリホサートの安全性を断言するのでしょうね。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3136-b727685a