http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 瀬田川の水の色
FC2ブログ

瀬田川の水の色 

昨日(2月7日)は旧正月ということで、近所にある立木観音に久し振りに登った。
今月は1日も、3日の節分もお天気が悪くて登れなかったので、旧正月はどうかなとちょっと心配していたのだけれど、やっとお天気にも恵まれて、無事お参りすることが出来た。

 立木さんに行く時、瀬田川に架かる橋を渡り、瀬田川のほとりを歩いて行くので、何時も瀬田川の水に目が向くのだけれど、昨日の河の水の色は何時もの河の色とは違う色をしていた。雨で濁っている時は黄土色になるので、雨の所為でもないと思われる。
瀬田川は元々普通の河の水とは違って、古池の水の色のような翡翠のような緑色をしているのだけれど、それがその緑に白を混ぜたような色になっていたのだった。
どうしたのかと不思議に思いながら道を歩いていた時、丁度信号待ちをしていた大きなトラックの傍をと通ることとなった。
そのトラックの運転席の前のガラスに、国土交通省という文字が白い紙に書かれたのが張られているのが目に留まった。「国土交通省か、何処の工事をしているのかな」と思いながら見て通ったのだけれど・・・・・
そのトラックの横に差し掛かったとき、偶然シュッという音と共に、瀬田川の河の水とそっくりの色の細かい粒子の粉が噴出してきた。コバルト色というのだろうか、淡い薄緑の粉が、私と主人の衣服に無数についた。
瀬田川の水の色はこの粉と関係有るのかなと思えるような、河の水の色とそっくりの色の粉であった。

瀬田川の水は京、大阪、神戸で水道水として利用されているのだから、まさか体に悪いものを工事に使うことは無いとは思うけれど・・・・・
毎年冬になると,何の工事か知らないけれど、河底を掘り返して何かしている。
余計な工事をして、体に悪いものを河に流すようなことだけはしないで欲しい。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/311-53d0bb04