http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium エコの壁
FC2ブログ

エコの壁 

養老猛司さんの次の記事を読み、記録しておきたくなりましたので、此処に転載しました。
宜しかったら御覧下さい。(去年のものですので、もう読んでおられるかもしれませんが・・・・・)

    (引用始め)
「エコの壁」(上) 環境問題はなぜ理解できないか――養老孟司さんに聞く

養老孟司(ようろう・たけし)
東大医学部解剖学教室教授を務め、95年退官。「唯脳論」「バカの壁」など著書多数。昆虫好きの自然派で環境問題に造詣が深い。政府の環境関連委員も歴任。

環境問題はなぜ理解しにくいのか。国際的な政治のテーマとなった温暖化対策で、日本はどうして存在感を示せないのか。東大名誉教授の養老孟司氏は、「環境問題を世界全体のシステムで考えるべきだ」と主張する。石油に依存した米国社会、日本での都会暮らしが失わせる人間性など、環境問題への見えない壁の数々。「バカの壁」ならぬ「エコの壁」を乗り越えるヒントを、養老氏に聞いた。
◇   ◇   ◇
■環境問題はシステム問題

――環境問題はなぜ理解しにくいのでしょうか

 環境問題はシステムの問題だからだ。社会システム全体を考えないとだめ。部分的に解決しようとしてもうまくいかないから、環境保護の推進派もその反対の人も、時々ヒステリックに反応する。そういった問題点が集約されているのが、地球温暖化問題だ。

 日本の炭酸ガスの排出量は、世界の総量のわずか数%にすぎない。日本人がまったく出さなくても数%しか改善されない。改善に効果を見込める米国、中国の2つは京都議定書に参加していない。だから、日本では温暖化問題は精神運動に終わるしかない。

 国民1人あたりの排出量は確かに多い。1人当たりの排出量を大幅に削ることは、日本人ならば十分できるはず。ただ、日本の省エネはかなり限度に近づいているとも言える。

 つまり、いまでも非常に効率がいい社会。これをさらに進めるのはコストが高くついてしまうということをどう考えるのか。「環境が商売になる」とも言われる。確かに、あるところまではなるでしょうが、あるところから先は難しい。

 原発があるじゃないかという議論がある。しかしこれも、廃棄物処理問題などさまざまな環境への影響があるし安全対策の問題もある。「原発だけで原発を作れるか」という問題もある。大型トラックが動かない状況で原発は作れない。全体として採算が合っているかというと、ちゃんと計算できない。システム全体としてみた場合、どのくらい社会全体の利益になるかがわからない。

 社会はシステム全体が絡み合っているから、ごまかしながら上手に動かしていけているだけだ。そういうところまで考えると環境問題は非常にやっかいな問題だということがわかるはずだ。

――「できることから始めよう」ではダメ?

 環境に配慮した生活を送ることも大切だ。しかしそれは生き方の問題だ。ただ、一人ひとりがどれだけがんばっても、社会システムにはあまり関係ない。そこをはっきり言わないと、かえって悪い影響がある。

■ゴアは「一番大事なこと」を隠している

 ――アメリカも環境問題に積極的になってきていますが

  アル・ゴアの「不都合な真実」は、実は一番大事なことを隠している。炭酸ガスの温暖化問題はアメリカ文明そのものの問題。そこを言っていない。彼は環境問題は倫理問題だというが、石油に依存してきたアメリカ文明そのものが倫理問題に引っかかってくる。

 20世紀に入って、テキサスから大量に石油が出た。それまでの石炭に替えて、石油の可能性をいち早く利用したのがアメリカだ。フォードが大衆車を世に出したのはそのすぐあと。アメリカの本質は自動車文明ではなく、石油文明だ。

 さらに言うと、アメリカが主導してきた自由経済と呼ばれるグローバルシステムには、1つ制限がかかっている。その暗黙の制限は「原油価格一定」ということ。同じ価格で無限に原油が供給されるという前提の上に、米経済は成り立っているわけだ。

 米国産の石油が足りなくなったから、アメリカは世界中から石油を探した。いまアメリカが石油に敏感なのは、原油価格が上がれば米経済を直撃するとわかっているからだ。石油供給に関する安全保障を徹底的に考えてきている。

■石油に頼って、人間を鍛えなくなった

 ――エネルギーに依存した便利な生活の方向転換は大変です

 一般的には文明とは「生活を便利にすること」だと思われている。しかし、それは表層的な理解にすぎない。本質的には、文明は「秩序の維持」なのだ。そして現代文明は、社会秩序を保つために、石油を使っている。

 たとえば部屋の温度は自然に任せていると勝手に変化する。だが一定の秩序を保たせるために冷暖房を入れる。その仕組みを維持しているのが石油エネルギーだ。電車が時間通りに来るのも、石油が足りなくなればあっという間に不可能になる。

 古代にも文明はあったが、このとき使える資源は石や木材しかなかった。それでも秩序を維持するために彼らは何をやったかというと、むしろ人間を訓練した。そうする中で「偉い人」が生まれた。

 石油文明は人間を訓練しない。だからマニュアル主義となる。根本的にはエネルギーが秩序を支えてくれる。人間は役に立たないという前提で、それでも社会が成り立つようにシステムができている。

 その結果何が起きたか。人間の質が劣化したのだ。「なぜ日本人は劣化したか」という最近の本がある。面白いことにこれを読んでも「なぜ劣化したか」はひとことも書いない。劣化したのは、実は本来人間がやるべきことを石油にやらせているのが理由だったのだ。

 昔は「努力・辛抱・根性」という言葉があった。よりよい生活をするためではなく、根本的には、社会秩序を維持するためにこそ「努力・辛抱・根性」は必要だった。それを消しちゃった。それでも秩序が保てるのは、エネルギーを大量に使っているからだ。

 ところがここにきて、この仕組みを維持できなくなってきた。それが地球温暖化と石油埋蔵量問題だ。米国は京都議定書に入らなかった。日本は大変なコストをかけて議定書を守るだけでは、国際競争上、大損をすることになる。しかも日本がいくら節約したところで、温暖化にはほとんど関係がないのだから。

 残念ながら石油はなくなる。短い計算ではあと40年とも言われている。石油がなくなるとき、日本はどうするのか。シミュレーションをやってみるべきだろう。

 しかしわかっていても、手を打てない。「死の壁」でも書いたように「あなたは死にますよ」と言われても、本気で死ぬことについて考えることは難しい。それぐらい、人間はバカで、そこに大きな壁があるのだ。

■ラディカルに考えなければ負ける

――これからポスト京都議定書に向けた駆け引きが本格化します

 日本政府が掲げる「2050年に炭酸ガス半減」という目標は、日本だけでやるなら十分に可能な数字だろう。ただ、温暖化防止を本気で考えるなら、アメリカ、中国がコミットしなければもはや意味がない。そのとき大切なのは、相手の土俵に乗らないということだ。

 「不都合な真実」は確かに温暖化の危機を提示した。しかし、米国が今回も正しい、というところから始めるのは得策ではない。アメリカには「脱石油社会はあなた方の問題でしょう」と問い、中国には「温暖化で困るのはあなた方でしょう」と説得すべきだ。私のようにとことんラディカルに考えておかないと負けてしまう。 なぜなら、日本はもともと石油無しで文明を作ってきた歴史がある国だ。そのために人間をいかに訓練しないといけないかもわかっていた。「モッタイナイ」という言葉もそうだが、新しい社会のモデルは実は日本にこそある。

――地理的に近い中国は運命共同体でもあります

 そうだ。越境汚染など、問題は一国にとどまらない。中国の植林などの支援は徹底的にやるべきだろう。利害は一致しているはずだ。
[2007年5月31日/Ecolomy



「エコの壁」(下)「ほどほどの成長」に参勤交代を――養老孟司さんに聞く

都会のサラリーマンは1年に数カ月、田舎へ「参勤交代」すべき――。東大名誉教授の養老孟司氏は、自然と共生するためにどのくらいの成長が適当なのかという感覚を、自然のなかで体で実感することが大事だと説く。環境問題の根本は人の脳の仕組みにあるとする養老氏に、「エコの壁」を超える方策を聞いた。

■「ああすれば、こうなる」は成り立たない

――環境問題は部分最適ではダメだと主張されています

 環境問題を生物で例えるとわかりやすいかもしれない。生物は細胞1つ1つが複雑に絡まり合って、数万の化学物質が集まって1つのシステムを構成している。外からエネルギーを取り込んで、自分自身を再生産している。それが生きているということ。社会も同じだ。

 1つの細胞を動かして全体がなんとかなるかというと、そうはいかない。だから僕は薬を飲まない。根本的にはシステム問題だから、対処療法ではだめだ。

 本当に大切なのは、生き物と同じように、環境問題もちゃんとそのシステムを理解すること。残念ながら全体を把握するための学問は存在しない。

 人間が陥りがちな「ああすれば、こうなる」式の思考は、限られた条件の実験室のなかでは成り立つが、自然を相手にした複雑系の世界には当てはまらない。実際には「あちらを立てればこちらが立たない」ということばかり。単線的に考えて局所最適を追求しても意味がない。ホリエモンもそういった人物のいい例だ。

 株価総額という、単純なことを目指して徹底的に追求していくというのは得意。しかし、社会全体からみて自分のやっていることが役に立っているのかということの判断ができない。全体から考えるのは面倒だからと、思考を止めてしまうのだ。 

■世界のどこかに無秩序がたまる

――どうすれば理解できるようになりますか

 先ほど、文明は秩序を維持するということだと話した。ところが、もともと地球全体で考えた場合、文明社会は秩序を一方的に維持することはできない。少しややこしい話になるが、熱力学の第2法則、つまり、「エントロピーは増大する」という法則通り、「秩序は同量の無秩序をどこかに作る」ことになってしまうのだ。

 たとえば、部屋を掃除することを考えてみてほしい。床の上が汚れているということは、床の上に無秩序に、ランダムにゴミがちらばっているということ。掃除すれば当然、床の秩序は高くなる。しかし、掃除したことで「世界全体の秩序が増したことになるのか」と考える。掃除機の中も視野に入れると、秩序は増していないとわかるだろう。

 しかも、掃除機を使うにはエネルギーを消費する。エネルギーを使うということを物理的に説明すると、高分子を低分子に変換しているということで、きちんと並んだ分子が勝手に動き出すことを意味する。そこに無秩序が生まれる。つまり部屋を秩序立てて片付けたように見えても、実は世界の無秩序を増やしているということだ。
もっというと、掃除機にたまったごみを捨て、最後に燃やす。そうするとランダムに運動する分子がさらに増えて、空気が温まる。つまり、温暖化につながる。その関係に普通は気づかないのだが、実は掃除をすれば温暖化につながっているとも言えるわけだ。秩序のかたまりである都会で生活していると、秩序だけの世界を実現できると思い込んでしまうが、そうではないのだ。

――目の前が片付いたということだけを見ていてはわかりませんね

 さらに悪いことには、われわれの意識というのは、秩序的にしか働かない。無秩序的に考えるということはできない。たとえば無秩序にしゃべることはできない。五十音をランダムに言ったり、まったくランダムな数字を言ったりすることができないことがその証拠。意識は秩序そのものだとわかる。

 ということは、先にお話した法則でいくと、意識がある間中、脳は無秩序をどこかに発信しているはずだということになる。ごみの掃除と一緒で、脳の中に無秩序はどんどんたまるわけだ。

 だから、人間は夜になると意識がなくなる。眠るというのは、脳のなかにたまったエントロピーを片付ける、脳の無秩序を元へ戻すという作業なのだ。

――眠っている間、脳は休んでいないのですか

 働いている。わかりやすい比喩は図書館だ。

 朝、客が入って、昼間にたくさん本が読まれると、最後は本棚が空になって机の上に本が散らばる。夕方に閉館すると、こんどは司書たちが元の本棚の位置に本を戻す。朝と同じ状態まで本を戻せば、また図書館を開けられる。脳も同じようにしているから目を覚ますことができる。

 寝ているとき、脳は休んでいると思われているが、実は休んでいない。脳の中の無秩序を片付けている時間なのだ。この脳の働きを裏付けている最大の証拠は、寝ていても起きていても、脳が使っているエネルギー量は変わらないということだ。

 こうして、脳の中にたまった無秩序は寝れば元に戻る。ところが、人間は起きているあいだ、頭を働かせて「脳の外の世界に」秩序を作る。文明や都市はこういった意識の結果なのだ。

 脳の外に作られた秩序の反動で世界のどこかにたまった無秩序は、寝ても元に戻るはずがない。文明や都市の秩序が増えるほど、エントロピーがどんどん増えていく。その典型が炭酸ガス、温暖化問題だということに、そろそろ気づくべきだろう。

■無秩序を減らすには秩序を減らすしかない

 ――エントロピー増大を抑える方法はありますか

 われわれがタダでたくさん手に入れることができているエネルギーがある。太陽だ。植物はそれを上手に使って生産をしている。経済成長が大事だというが、植物は黙っていたってずっと成長している。一番効率のいい太陽エネルギーの変換の仕組みだ。

 生物はこれに依存して生きてきた。この仕組みの全体を生態系という。人間の社会システムもそこに組み込まれざるを得ない。

 そう考えると、経済の成長至上主義はおかしい。植物は放っておいても、社会システム全体に負担をかけずに成長している。どれだけの成長が適切なのか。「ほどほどの成長」というバランスが自然に取れているのだ。

 もう一度言うと、エネルギーを使えば社会の秩序が上がり、必ず自然界に無秩序を生み出す。無秩序を減らすには秩序を減らすしかない。そのためには、自然界をありのままに任せるということが必要だ。

 ところが人間はそれでは納得しない。行くところまで行ってぶっ倒れる。石油も同じで、なくなるところまで使い切る。もっと植物を見習えといいたい。

■年数カ月は参勤交代を
――日本は自然と共生できる社会に戻ることが可能でしょうか

 日本は本来、世界中でもっとも有利な国だ。なぜなら、最も重要な資源である水がとても豊かにある、自給自足しやすい国なのだ。本気で日本が食糧生産を始めたら、十分食べていけるはず。石油をたくさん使わなくても社会を回していける知恵を本来持っていることを、もっと見つめなおす時期だ。

 江戸時代が典型的だが、モノがうまくシステムのなかで循環していれば良い。それが持続可能性ということだろう。ただ、いまは江戸時代に比べて人口が多すぎる。自然環境をできるだけ破壊しないでこれだけの人口を維持するには、相当な無理が出ても当然だ。

 自然との調和を考えれば、人口は減らざるを得ない。だから現に減っています。本能的にはみんなわかっているからだ。

――養老さんは著書などで「サラリーマンは参勤交代せよ」とおっしゃっています

 まずは、このままの社会が続くわけがないということを理解することが大切だ。ただ、都会に住んでいては、生態系とバランスの取れた「ほどほどの成長」がどういうことか、実感としてわからない。私は、1年に何カ月か田舎で生活を送る「参勤交代」を、強制的にすればいいと思っている。

 都会にいると冷暖房完備で、歩くところはどこも平らで硬い地面。階段のピッチも決まっている。銀座に石が落ちていてつまづいて転んで怪我したら東京都を訴える人もいるだろう。ところが山の中で虫を取っていて転んだら、転んだ方が悪い。「ああすれば、こうなる」というわけにはいかないことがよくわかる。

 田舎に行くと山道や田んぼのあぜ道など地面は複雑ですべて違う。歩くだけでもそのつど頭を使っている。都会は面倒だから頭を使わないで歩けるようにした。しかしそれでは、人間が鍛えられずに劣化するとしてもやむをえない。

――田舎暮らしに慣れることができない人もいそうです。 

 人間は自然から発生してきたんだから、自然は気持ちいいと必ず感じるはずだ。田舎暮らしがいやで週末にゴルフに行っているとしたらおかしいだろう。

 アメリカに面白い小噺がある。ビジネスマンが成功して重役になり、休暇をとって南の島のビーチでのんびり昼寝をしている。ところが島の若者が周りでうろうろしている。そのビジネスマンは彼らに向かって説教を始めた。

ビジネスマン:「お前らもちゃんと働かないとだめだ」

島民:「働いたらどうなりますか」

ビジネスマン:「俺みたいにそのうち成功して、最後には休暇とってこういうところで休んで・・・」

島民:「俺たち最初から休んでる・・・」

――個人や経済至上主義社会にも「エコの壁」があるように思えます

 お話してきたことは、みんなが自然に気がついていることばかりだ。こういう世界が長続きしないのは、日本人の8割が本当はわかっている。

 数年前、自分たちが生きている時代より子供たちの方が悪い時代を生きると答えた人が8割いた。現在のような状況が続かないだろうということは気づいている。そういう意味で、日本の国民は、民度が高い。「変わらなきゃ」という認識は強いのだ。

[2007年6月4日/Ecolomy]




Comments

眠っている間にも脳は

貴重なエントリーありがとうございます。昨今のマスコミの環境報道はどうも偽者のような気が私はしています。消費税の増税予定分を名称変えて環境税として導入する為の露払いのような気がしています。京都議定書に反対していたブッシュ大統領に何も言えなかった日本の政治家たちの環境発言など真剣には聞け無いと思っています。環境問題はトータルで、今の生活から脱却して、消費型から不便でも循環できる社会に転換できるのかの人類全体の問題なのですね。目先の利益のみしか見えない今の日本の政治家ではとても解決など期待できないとも思います。それにしても、最近睡眠時間の少ない私には寝ている間に脳が活動していて、脳を整理整頓しているとは驚きました。睡眠ももっと大切に考えないと脳の効率が悪くなるのかも知れませんね。

scotti様

コメント有難うございます。
日付を見たら昨年の夏に出されたものだったのですが、私は初めて気がつきましたので、
他の人でまだ気付いておられない方があったら、ご紹介する値打ちのあるものではないかと、コピーしてみました。
早速お目に留めていただき、有難うございました。

変わらなきゃ、という認識…。

それはあるつもりなのですが、根本的な自己の欠如を埋めていくすべはあるのでしょうか?
日本人の8割は、変わらなきゃいけないことに、潜在的には気づいているのかもしれない。
それでも、妄執と自己愛に安住しているのは、あまりに心地よい。
わたしはいつも、喉もと過ぎればなんとやらです。
これは、勝手なボヤキです。
失礼しました。

naoko様

コメント有難うございます。
変わらなきゃと分かっていてもどうしようもないことは、どうしようもないので・・・・・
時代の流れに逆らう事はできないとしても、流れが変わった時に、慌てない心の準備が出来ている場合と、そうでない場合は違いが出てくるのかもしれませんね。
と私は思うことにしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/308-1bcddf74