http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 荒れそうで荒れなかったG20の天候
FC2ブログ

荒れそうで荒れなかったG20の天候 

大阪はG20一色になっているようです。
令和初の台風(3号)は、27日未明頃西日本の太平洋側に上陸するかも知れないと言われていたようですが、(こちら
沿岸を通過してくれて西日本に上陸する事はありませんでした。
台風がそれてくれ、G20が直撃されるような事にならなくて良かったですね。

6月26日は近畿地方に、やっと梅雨入りが宣言された日でした。(史上最遅とか)
6月26日から27日に掛けて、G20に参加するため世界の首脳陣が続々と大阪入りしていました。
飛行機を降りた大統領や国家主席のような人々が、自分で傘を差しておられる姿に、
大雨の時には、傘を人に差し掛けるてもらったのでは、充分雨よけにならないからだろうと、
詰まらないことに私は納得したのでしたが・・・・・

G20初日は米中の利害対立が浮き彫りになっていた様ですね。
今日29日午後2時頃G20は終幕となるそうですが、
ちゃんと首脳宣言の採択はできるのでしょうか?

ちょっと私事ですが、
我が家を建てた業者さんが、毎年メンテナンスに来てくれているのですが、
今年4月中頃に来た担当者の人が、
ソーラーシステムの1枚にひびが入っていました、まだ保障期間中だからシャープが直してくれる筈です。
修理の時シャープは足場を組む筈だから、この際その足場を利用して古くなった屋根の葺き替えと、壁の塗り替えをしなさい、
と勧められたのでした。

主人が亡くなって間もなくに壁の塗り替えまでする事は憚られるが、
屋根の修理だけはして置かなくては、雨漏りする様になったら大変と、
屋根の葺き替えと、樋などの塗装をお願いする事にしたのでした。
私は梅雨に入る前に工事して欲しいと何度も言ったのですが、
シャープとの兼ね合いで工事日が、6月26日からという事になってしまったのでした。

西日本は6月半ばを過ぎても入梅とならず、
今年は入梅はないのかと思っていましたら、
工事を始める予定日、26日遂に入梅が発表されたのでした。

これでは雨で工事が何時終るか知れないと半分覚悟していましたら、
入梅とされた日も、夕方まで雨が降らず、
足場の工事は雨に妨げられることもなく、予定日の26日に予定通り終了しました。
前日の台風情報の様子から、
翌27日には台風が大津にも近づくかもしれないと思って心配していたのでしたが、
台風は沿岸を通り過ぎ、朝には関東地方に近づいていました。

大津は晴れ間こそ見えないものの、雨は降っていませんでした。
ソーラーシステムの取替えは1枚だけなので、
工事は予定通りに始められ、雨の降る前に無事終了したのでした。

工事3日目も雨は降っておらず、大津市の天気予報は1日中曇りマークだったので、
貴重な雨のない日だからと工事業者さんが来られ、
これも予定通りの日に、屋根の葺き替え工事が始められました。

この日も日暮れてから雨が降りはしたのですが、
屋根をはがして新しい屋根を張り替える、雨だったら絶対に出来ない工事を、
無事終了することが出来たのでした。

こうして工事始の日が、入梅の日で台風接近の日だったのに、
予定していた大きな仕事は、予定通り総て完了したのでした。

夫は生前、「何かある時、晴れるにしても降るにしても、お天気に影響力がある」と私は、何度も感じさせられていたので、
この度のお天気も夫の計らいなのではないかという気がしてならないのですが、
やっぱり迷信的でしょうか?

現在世界中が混迷の時代になっていますが、
世界各地は今猛烈な天候が荒れ狂っているらしいです。
下記のような記事を見ても、
天候は人間の(不安な)気持ちを反映している部分が、有るのではないかという気がしてならないのですが・・・・・

2019年の狂気の気象はさらにエスカレートし、ほぼ地球全域がカオスの真っ只中に
「フランスの叫び」が示すヨーロッパの環境的崩壊が示すものは「食糧流通サイクルの時限爆弾」か「2019年 地獄の夏」か

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/3068-4bb28b55