http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 皇室典範特例法(譲位特例法)に思う
FC2ブログ

皇室典範特例法(譲位特例法)に思う 

昨年天皇陛下が生前退位に付いてのお言葉を発信されてから、
天皇陛下のお言葉の真意を巡って、様々な解釈がなされていましたが、
結局安倍政権の「天皇陛下は勝手に象徴天皇像に拘られてお疲れのようだから、ご希望どおり退位させて差し上げよう。」という解釈の下、
一代限りのご退位という特別法が作られることになったのでした。

皇室の継承は皇室典範によると憲法に定められているのに、
安倍政権は特例法で対処しようとしているとの非難に
安倍政権は皇室典範の付則に、特例法の根拠規定を設けるという裏技を使って、
天皇陛下の生前退位を決めたのでした。

生前退位について
天皇が一定の年齢(例えば80歳)に達した時には譲位するという規定を、
正式な手続きで皇室典範の改正をしていれば、
政府が恣意的に天皇を挿げ替えることは出来ないけれど、
今回のように「天皇陛下が高齢のため公務が出来ないと言われたから」と言って、
特例法で対処したのでは、
今後内閣が時の天皇では物足りなくなって、
天皇を挿げ替えたくなった時でも、
特例法を創れば天皇を退位させ事が出来るという先例に、
今回の特例法が利用されかねません。

と言うより、恣意的に天皇を譲位させる為の先例とする為にと、
安倍政権は特例法に拘ったのではないかとの疑いを、私は禁じえないでいるのですが・・・・・

共謀罪法と言い、
皇室典範特例法と言い、
安倍政権は今国会で、きな臭い法改正を2つも強行してしまいました。
恐らくアメリカに強引に要求されたのでしょうが・・・・・
それにしても2つも、こんなに大急ぎで決めることはなかっただろうにと残念でなりません。

安倍政権と言うより安倍総理は以前から、秋篠宮ご一家に対しご執心のようで、
ウヨさんたちの悠仁さまへのご執心は、相当のもののようです。

それに対抗するように出来た雅子妃応援ブログによると、
秋篠宮妃紀子様は、皇室費の少ないことがご不満で、皇室費増額にご執心なのだそうです。
安倍政権が秋篠宮様に希望を見つけているのは、
多分紀子妃の皇室費増額へのご執心に対してではないでしょうか。
詰まり、「秋篠宮は利によって動かれる。」と安倍総理(とアメリカ)は見ているのでしょう。

意思堅固な皇太子様では、自分たちの傀儡に出来ないだろう事は、
10年以上続いたご病気の雅子妃攻撃にも、
少しも動じられる事なく、一貫して雅子妃を守りぬかれた事によって、
安倍総理一派は痛い程身に沁みている事でしょうから、
皇太子様ご即位後の事を考えて、
今回、安倍総理は譲位特例法に拘ったのではないかと思うのです。

紀子妃が皇室費増額を熱望しておられたとしても、
秋篠宮様は今上天皇から、
天皇が再び戦争責任者にされる事の危険性について学んでおられるから、
戦争を遂行するのに天皇を利用したい政府の、意のままにはなられないかもしれません。
その時の為にも、譲位特例法は利用できるという事なのでしょう。

こんな風に書いて行くと紀子様が皇室にとって、
忌まわしい存在だと私が思っているかと誤解されるかも知れませんが、
私は紀子様が秋篠宮妃だったからこそ、
皇室は国民の信頼を維持することが出来た(米国から許された)のではないかと、思う様になっているのです。

平和立国に対し、意思堅固な今上天皇皇后両陛下の後にも、
意思堅固な皇太子様とご聡明な雅子妃だけだったら、
アメリカは日本兵を利用する時の、皇室の利用価値はゼロと見て、
マスコミに対し、国民が皇室に信頼を置かないような報道に徹しさせ、
日本人の皇室への親愛の情は、
現在ほどには残っていなかったのではないかと思うのです。

紀子妃殿下はお誕生日が9月11日、米軍の大好きな日のお生まれなのです。
これを知った時私は、
秋篠宮様は忌まわしい妃殿下を貰われたものだと思ったものでしたが、
最近になって、
紀子様は現皇室にとって、なくてはならないお方だったのかも知れないと気付いたのでした。

紀子妃のような方が皇室に入られたのも、
40年間皇室に男子が生まれて来られなかったのも、
皆、故なきことではなかったのではないでしょうか。

皇太子様のお子様が女子のみなのも、
敬宮愛子様が即位されたら、男女平等の世の中を象徴する存在として、
世界的に好感されるだろうとのお計らいだったのではないかと・・・・・

これから暫らくは、色々とごたごたが起きたとしても、
きっと総ては、なる様になって行くのではないかと思うのです。

愚人(私)の夢に過ぎないかも知れませんが・・・・・

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2852-4c99ed51