http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium 滋賀県警の同僚射殺事件に思う
FC2ブログ

滋賀県警の同僚射殺事件に思う 

交番で同僚に撃たれ?警官死亡 滋賀、逃走巡査の身柄確保

 11日午後8時45分ごろ、彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で、同交番に勤務する井本光(あきら)巡査部長(41)が、頭と背中から血を流して倒れているのを同署員が発見した。井本巡査部長は同市内の病院に搬送されたが、午後10時過ぎに死亡した。傷痕から拳銃で撃たれたとみられる。当時一緒に勤務していた男性巡査(19)が行方不明になり、滋賀県警は、巡査が交番内で井本巡査部長を拳銃で撃った後、パトカーで逃走したとみて行方を追ったが、愛荘町内で身柄を確保した。

 県警によると、同日午後8時15分ごろ、同交番から南に約4・5キロ離れた愛荘町目加田の田んぼにパトカーが突っ込んで放置されているのが見つかった。110番通報があり、確認のために同署員がパトカーの配備先の同交番に向かったところ、井本巡査部長を発見した。交番の出入り口は施錠されていたという。井本巡査部長は机に突っ伏した状態で見つかり、後頭部と背中に傷があった。椅子に座った状態で背後から撃たれたとみられる。井本巡査部長の拳銃は交番にあり、実弾は全部残っていた。

 パトカーは巡査が乗り捨てた可能性があるという。県警は、巡査が最大で3発の実弾が入った拳銃を持って逃走しているとみて付近の住民に外出を控えるよう呼びかけた。

 県警の説明では、巡査は2017年4月に採用され、今年1月29日に彦根署に配属された。同交番は3人体制だが、11日午前8時半から井本巡査部長と2人で勤務に当たっていた。      【 2018年04月12日 01時50分 】

滋賀県彦根市で若い警察官が同僚とは言っても、
教育係の先輩警察官を射殺して、
パトカーで逃走するというショッキングな事件が起きました。

一時はどうなる事かと心配したのですが、意外に早く犯人逮捕となりました。
犯行に及んだ警察官は意外に従順で、
逮捕された時、素直に罪を認めたそうです。

犯人が逮捕されるまで私は、犯人は縁故で警察官になったけれど、
能力に於いても人格に於いてもレベルが低すぎて、
先輩警察官の不評を買い続けていて、何をやってもこっぴどく叱り付けられ続けて、
後輩の警官は先輩警官の教育的言辞を、意地悪としか受け取れなくなってしまって、
そこ迄「言わなくても・・・・」と恨むだけの、
最悪の関係になってしまっていたのではないかと想像していました。

しかし、逮捕された時の犯人の素直な態度や、
パトカーを乗り捨てて、徒歩で逃げていたという事、拳銃も捨てていたという事を聞いて、
この警官はレベルが低い非常識すぎる人間だった訳ではなく、
不幸な行き違いから、先輩との関係が悪化したのではないかと思いました。

この交番には3人の警官が配備されていたそうです。
想像しますに、殺された警察官が、もう一人の警官ばかり可愛がって,
この犯行を犯した警官に対して、殊更厳しかったとかで、
この警官は自分は虐めを受けている、と被害妄想に陥っていたのではないでしょうか?

殺された警官は犯人の教育係だったので、
教育の為に言っていた事だったのに、
そう思う事が出来ず、自分の事ばかり悪く言うと、
僻み心でしか先輩の言葉を聞けなくなっていたのかも知れません。

そんなこんなで、二人は不幸な関係になってしまっていたのではないしょうか?
被害者意識の虜となった若い警官の手元に拳銃があったのが、
被害者にとっても加害者にとっても、
不幸な事だったということなのではないでしょうか?
拳銃を持つには人格的に短慮すぎる人間が、
拳銃を持てるという特権を得た事が、
こんな不幸な事件の遠因となったということかも知れません。

最近の学校で虐めに対して神経質すぎる事も遠因かも知れないと感じます。
友達同士切磋琢磨して強く育つという表現がありましたが、
社会が虐めに過敏になりすぎているために、一寸でも気に障る扱いを受けたら、
「虐め」を想定する習慣をつけていると、
切磋琢磨することも出来なくなるのではないかと思うのです。

子供は何時迄も子供として、先生に見守ってもらえるわけではありません。
何時か大人になり学校という温室から、
いきなり厳しい社会に放り出されることになるのです。
虐めに過敏すぎになっていると、
社会人なら誰でもそのくらいの事は耐えているという種類のことにでも、
必要以上に反応し、
悩んで病気になったり、無茶な反撃をしたりして、
身を滅ぼす事になる恐れがあるのではないでしょうか。

少々のことなら我慢するとか、
反撃するとかは性格によって差があるかもしれませんが、
自分なりの対応を考え、
どの程度が適当であるかを弁える能力をつけさせるのも、
教育の役目の一つではないかと思います。

まだ19歳の特に悪い子でもなさそうな青年が、
上役を射殺するというような大変な事をしでかしてしまった事件を見て、
想像を逞しくしすぎたかも知れませんが、
今の学校では社会に出て対応できる人間を育てるという役目が、
ちゃんと果せられなくなっているのではないかと、
心配になって妄想を膨らました次第です。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する