http://analyzer.fc2.com/ --> Dendrodium ジュリアン・アサンジ氏 真実を公開した廉で逮捕される。マニング元上等兵は恩赦後の再逮捕
FC2ブログ

ジュリアン・アサンジ氏 真実を公開した廉で逮捕される。マニング元上等兵は恩赦後の再逮捕 

4月11日、ロンドン・エクアドル大使館中に匿われていたジュリアン・アサンジ氏が、ロンドン警察によって逮捕された。
エクアドル大使館に7年間匿われていたが、大統領が替った事により新大統領がアメリカやイギリスに抗して迄アサンジ氏を匿う事をう止めることにした為であった。

ポール・クレーグ・ロバーツ氏によると、
キトにいるワシントンの手先は、アサンジが言論の自由に関与したので、アサンジの政治亡命とエクアドル市民権を取り消したと述べたこちら)そうであるが・・・・・

アサンジ氏が英米からしつこく追い回されていた理由は、
イラク戦争当時米軍がやった惨忍極まりない民間人虐殺行為が写されたビデオを、
世界中に流したからなのだそうである。
このビデオは1600万ビューが既に達成され、他にも、この処置に反抗して独自にアップしているビデオがあるので、米軍の信用を一気に貶めたと、軍関係者はウィキリークスを逆恨みしているのだろう。

Deeply Japan「違法行為はOK、違法行為の探索・報道は犯罪」にあるように、
米英は自分達が兵隊にさせた民間人虐殺という違法行為については、
一切解明もせねば責任者の処罰もする気は全然ないのに、
自分達の悪事を世界に広めたアサンジは、
「違法に入手した情報を流した罪人」であると言って、逮捕し処罰しようとしているのである。

桜井ジャーナル「米国からの要請でエクアドルはアッサンジの亡命を取り消し、英国警察が逮捕 」に、
ウィキリークスのジュリアン・アサンジが米英に目をつけられる様になった訳について、
下記のように書いておられる。

2007年7月にバグダッドであった事件なのだが、
この時の違法な銃撃でロイターの特派員2名を含む非武装の十数名が殺されているのに、
現在の米英のマスコミは政府の悪事について、完全に沈黙している様である。

平気で他国に侵攻し、非武装の国民を何百万人でも殺害するような神経になっている軍部に、
面と向かって抗議できる命知らずは、そうそう居るものではないだろうから、
私の様な市井の老婆がマスコミ関係者を悪し様に言う資格はないかとは思うけれど、
世界の報道関係者は現在、お寒い状況になっているらしい。

その中でアサンジ氏にアメリカ軍の犯罪的行為の情報を提供したという、
元米軍兵士マニング氏(元上等兵)の勇敢さ、潔さは群を抜いていると言えるのではないだろうか?

      (桜井ジャーナルの記事の一部引用)

 マニングが提供した情報をウィキリークスは公表するが、中でも衝撃的だったものは、アメリカ軍のAH-64アパッチ・ヘリコプターによる非武装の一団に対する銃撃。その時にロイターの特派員2名を含む非武装の十数名が殺されている。この出来事は2007年7月にバグダッドであったのだが、銃撃の様子を撮影した映像をウィキリークスは2010年4月に公開した。

 ヘリコプターからは武装集団への攻撃であるかのように報告されているが、​映像​を見れば非武装のグループだということは明白。間違いで攻撃したとは考えられない。この映像は世界に大きな影響を及ぼした。その映像を伝えないメディアがあったとするならば、国民がアメリカに対して悪い印象を持つことを恐れたのだろう。

 こうしたアメリカ軍による犯罪的な行為を告発したマニングは2017年5月に釈放されたが、今年3月に再び収監された。アメリカの司法システムはウィキリークスに対する弾圧を正当化する証言をマニングにさせようとしたのだが、それを拒否したからだという。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する