Dendrodium 甘利TPP担当大臣の受けた褒賞(懲罰)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘利TPP担当大臣の受けた褒賞(懲罰) 

衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」
週刊文春掲載記事
2016.01.20 16:00
 甘利明TPP担当大臣(66)と公設秘書に、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることが週刊文春の取材でわかった。千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、メモや録音を基に金銭の授受を証言した。

 この男性によれば、独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている道路建設の補償を巡り、甘利事務所に口利きを依頼。過去3年にわたり、甘利大臣や地元の大和事務所所長・清島健一氏(公設第一秘書)や鈴木陵允政策秘書に資金提供や接待を続け、総額は証拠が残るものだけで1200万円に上るという。


50万円を甘利氏に渡し終えた後のツーショット。撮影は清島所長が

 2013年11月14日には、大臣室で甘利大臣に面会。桐の箱に入ったとらやの羊羹と一緒に、封筒に入れた現金50万円を「これはお礼です」と渡したという。

 面会をセットした清島所長は、週刊文春の取材に「献金という形で持ってきたのではないですか」と回答した。ただ、甘利氏の政治資金収支報告書に記載はない。

 元東京地検特捜部検事で弁護士の郷原信郎氏は、一連の金銭授受は政治資金規正法違反、あっせん利得処罰法違反の疑いがあると指摘した。

 TPPが国会承認を控える中、甘利大臣の適格性を問う声が上がりそうだ。


今朝京都新聞に甘利氏の収賄事件が一面に出ているのを見た時、
「地方新聞だから取り上げてくれたのかな?」と想像し、
甘利大臣を罷免しなければならなくなったら、安倍政権にとっても痛手だろうと、
一寸にんまりしかかっていたのだけれど、
NHKお昼のニュースで大々的に放送しているのを見た時、
「あれ~?」と思った。

今や安倍政権応援団と成り下がっているNHKが、お昼のニュースの時、
この問題を取り上げている国会でのやりりとリを、詳しく報道していた。
又、このスクープを出したのは、安倍政権の応援団の一つ週刊文春である。
例え甘利大臣を罷免する事態になったとしても、
安倍政権にとっては痛手とならない様に、収束させる手はずになっているのではないだろうか?

もしかしたら、甘利氏訴追によって、
安倍政権が終わる事態になっても、致し方なしとの考えの下、
何としてもTPPを成立させたい世界的金融資本一味が、
甘利氏の収賄事件を仕組んだのかも知れない。
マスコミに載らない海外記事が「マーチン・ルーサー・キング」の記事の終わりのコラムの中で、
この問題について
賄賂の余りに絶妙な時期のスクープ。週刊文春という政府御用達週刊誌が、自民党の足を引っ張るはずはない。TPPの本質議論から、目をそらして、TPPを推進する肉を切らせて骨を断つ、高等戦術だろう。
と書いておられた。
これを見た時、疑問が一気に解け、上記のような推測が生まれたのだったが・・・・・

参加各国があれ程抵抗していたのに、近いうちにTPPは調印される運びになっているらしい。
そのTPPの詳細に付いて国会での議論を避け、
甘利担当大臣の収賄問題でお茶を濁させようとしているのだろう。
甘利TPP担当大臣の収賄事件を議論して、
TPPを議論した事にし、国会を通過させようという魂胆なのだろう。

国会でTPPの詳細を明らかにして、
国民の利益になるかどうか本気で議論したなら、
TPP等絶対に容認出来る様な条約ではないのは誰の目にも明らかな事だから、
TPPに付いての議論を避ける方策として、
甘利TPP担当大臣を犠牲の羊に仕立てたのだろう。
(この策に乗って、甘利大臣罷免に現を抜かす野党代議士は、
TPP応援団と言っていいのではないだろうか?)

甘利担当大臣が国民を裏切って、金融資本家の利益に尽くしたご褒美が、
収賄罪の被疑者の地位だったという事なのだろう。
世界的金融資本家達の集まりが強欲集団であるとは分かっていても、
彼等に尽くせば、見返りに良い目にあわせてもらえると、
甘利氏は一生懸命奉公したのだろうが、
受けた褒賞は、「前科もん」にされる事だったとは!
(ホリエモンが別のニックネームにして欲しいと言ったら、「ゼンカモン」という新しいニックネームが奉られているのだとか)

武器産業を儲けさせる為とか、石油利権を得るためとかの為だったら、
何百万人でも平気で殺す指令を出す輩達が、
日本のケチな政治家の、国民裏切り行為に、褒美など出すはずがない事位、
日本の政治家諸氏は肝に銘じて置かれるべきであろう。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2556-3dd98cd5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。