Dendrodium 大津市長選挙

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大津市長選挙 

今日は大津市長選挙で、現職(民主党系)、自民党系無所属、共産党員、無所属新人の4名の選挙戦となっている。
現職の越直美さんは40歳と一番若い。
前回は36歳の若さだったし、
嘉田滋賀県知事(当時)の応援を受けておられたから、
自民党等の公共工事をしたがる議員に、虐められるのではないかと想像される市長職であった。
まだ若い女性である越市長が、海千山千の市議会議員を相手にして、
最後まで頑張れるのかと、私は少々心配したものだったけれど、
彼女は立派に勤め上げて、再選に臨んでおられる。

先日偶々見たテレビで、自民党推薦の市長候補が、
越市長は文教予算が少なすぎると言って批判しているのを聞いた。
文教予算が低いから、文教行政が充分出来ていないという論理のようであった。
自民党推薦市長候補の。越市長批判を聞いて、
自民党市議達は無駄な公共工事をしない越市長では物足りないから
自民党市議の代表を市長候補として出したという事なのだろうと、私は確信したのだった。

保育所が文教の分野に入るのかどうかは知らないが、
大津市では越市長の時に、保育所の待機児童がゼロになったそうである。
立派な成果ではないか。
どんな事であっても行政は、お金を掛けさえすれば良いというものではないだろう。

参議院議員選挙で民主党と選挙協力しようと申し入れている共産党は、
大津市長選挙では民主党と選挙協力しようとはしなかったようで、
共産党から候補者を出している。
共産党が出たことで現職が不利になることはあっても、
有利になる事はないだろうと思えるが、
共産党は誰に援護射撃しているのだろう?

選挙結果は今夜にも出るが、如何なることだろう。
国政選挙程には、私達の生活に影響が出る分けでもないかもしれないけれど、
滋賀県でも無駄な公共工事が再開されるようになるとしたら一寸悲しい。

Comments

希望が持てそうな

共産党候補にわずかでも当選の可能性があるなら独自候補を出すのは意義があるかもしれませんが、それでも裏方に回ってより大きな可能性を勝ち取ろうという意識が望まれるのでしょうね。おそらくは自民党補完勢力として機能してしまうのでしょう。穿った見方ですが、共産党は「そうやって生きながらえる術」を身につけてきたのかも知れません。
先日、ひょんなことから地方の共産党の事務所で留守番の党員と話す機会がありまして、彼は入党一年目の新人・・といっても私よりも高齢・・でしたが、そういった体質を鋭く批判していました。私が「ここでそんな批判をして大丈夫?」と言ったら、「私は批判するために入党したんです」と胸を張っていました。私にはいくらかは希望でした。

パンダ様

コメント有難うございます。
>共産党は「そうやって生きながらえる術」を身につけてきたのかも知れません。

そういう事なのかも知れませんね。
今回の大津市長選では立候補が遅れたからとかで、
共産党推薦候補が最下位でしたが・・・・・

もうニュースでご存知かと思いますが、
越さんが無事再選されました。
自民党推薦候補に約8500票差でした。
この差が大きいかどうかは兎も角として、
自民党や経済界の応援を受けた自民系候補を破ったのは、
快挙と言えるのではないでしょうか。

参院選もこの調子で行けたら良いのですが・・・・・

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2552-06d9bff9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。