Dendrodium オバマ大統領が慰安婦問題の解決を日韓政府に求めたわけ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマ大統領が慰安婦問題の解決を日韓政府に求めたわけ 

田中宇さんは「日韓和解なぜ今?」で、
日韓の慰安婦問題の解決を急いだのは、
オバマ大統領が日韓を和解させる事によって、
日韓の駐留米軍を撤退させるのが目的であったと主張しておられ、
慰安婦問題の解決は、もっと奥深い日韓の対米従属からの脱皮や、東アジア新秩序の構築への作業の再開であると感じられる、と言っておられる。
全文を読むとそうかも知れないという気がして来る。

一方米国が日韓を和解させたがったのは、北朝鮮殲滅戦を企んでいる戦争屋勢力が、
日韓が対立したままでは、日韓の兵に協力して働かせ難いから、
急遽強引に日韓を和解させたのだろうと言っている人もあった。(こちら
この説を読んだ時には、そうかも知れないという気がしたのだけれど・・・・・

今日午前10時半頃北朝鮮が水素爆弾の実験を行った(こちら)。
北朝鮮が今核実験を強行したのは、アメリカが北朝鮮を潰そうとしているという噂に金正恩が、
「そんな事をしたら黙って殺される自分ではないぞ」と表明する為に、
周辺国から指弾されるのを承知で、核実験を強行したのではないかという気もしてくる。

金正恩にしたらリビアのカダフィーは、
アメリカに言われるまま核兵器を廃棄したばっかりに、
あの様に虐殺される事になってしまったというもっぱらの噂から、
カダフィーのような目に会いたくないとの一心で、
北朝鮮攻撃目前と噂されている今、敢えて核実験を強行したのかも知れない。
まだ若い金正恩にとって、リビアやシリアの騒動は他人事ではなく、
日々米軍の手の者に虐殺される恐怖心に、苛まれているのかも知れないし・・・・・

しかし、北朝鮮の核実験に日本人がおたおたする言われは何所にもないと私は思う。
北朝鮮が日本を攻撃するとしても、
北朝鮮にとって虎の子の核兵器を、使ってしまうような馬鹿な事をするはずがない。
日本では現在も原発が動いているのだから、
原発をミサイル攻撃すれば、北朝鮮は核兵器と同じダメージを日本に舐めさせる事が出来ると計算するだろう。

政府が本気で北朝鮮の狂気を恐れており、
日本人を北朝鮮の攻撃から守りたいと、真実思っているのだったら、
どんなに経済的利益が有ろうと(実際は経済的にも原発は余計な経費がかかり過ぎるが)、
原発の再稼動は厳に慎む筈である。

政府は反対住民の声を押しつぶし、地方自治体の長を飴と鞭で抱き込み、
原発の再稼動を強引に推進しながら、
北朝鮮の核実験に、あたふたとしている振りをしている。
この北朝鮮の核実験は、
今国会で戦争法案に異議を唱える者を、折伏するのに好都合と、
政府は思っているのだろうと邪推したくなって来る位である。

もしかしたら今日、北朝鮮が核実験を強行したのには、
この国会で安保法制が廃案にでもなったら、取らぬ狸の皮算用になりかねないと危惧したアメリカの戦争屋勢力の、働きかけがあったのかもしれないとも思えてくる。

真実は何所にあるのか見当も付かない。
多分、どの説も真実であって、
実際は、それぞれの勢力による綱引き状態であるという事なのかもしれない。

出来れば、田中宇さんの説が真実になると良いのだけれど・・・・・

Comments

米国の中国対策の一環と思います

いつも興味深い記事を有り難うございます。今回米国が日韓和解を促した意味は、中国を敵性国家と軍事的にも経済的にもみなすようになった米国が、アジアでの種々の施策を行う上で日韓が対立したままであると「やりにくい」と感じたからだと私は理解しています。
特に慰安婦問題は昨年暮れに中韓が共同戦線を組んで日本との対立に使おうと画策を始めたことが明らかであり、「戦前の日本は議論の余地なく悪」と決めつけることが「戦後秩序の原則」であることから、慰安婦問題で中韓共同反日戦線が完成してしまうと表立って米国も反対しにくいという背景があったのだと思います。
私は「反戦平和」と「戦後秩序維持」は明確に分けて別の概念として取り扱うべきだと日頃考えていますが、今や有効期限の切れた「戦後秩序」は各国の勝手な思惑で自分達に都合が良いように使われるのがオチであり、少なくとも日本自身が有り難がって大事にするような代物ではないと思っています。

rakitarou 様

コメント有難うございます。
こちらこそ、興味深いお話を有難うございます。
慰安婦問題解決の動機は、数々ある様ですね。

この日韓和解で戦争がし易くなったなんて、戦争屋勢力が思う事によって、
日本が戦争に引きずり込まれる事がない様祈られます。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2544-dca111d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。