Dendrodium アメリカの命令に従って慰安婦問題に決着をつけた安倍総理

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの命令に従って慰安婦問題に決着をつけた安倍総理 

日韓慰安婦問題合意 米、日韓関係改善を強く後押し
毎日新聞2015年12月29日 11時44分

 【ワシントン西田進一郎】ケリー米国務長官は28日、慰安婦問題の最終決着に向けた日韓両政府の合意について「米国の最も重要な同盟国である日韓両国の和解を促し、改善につながると信じている」と歓迎する声明を出した。ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)も同趣旨の声明を出し、米国が合意の履行と両国の関係改善を強く後押しする立場を明確にした。

 ケリー氏は声明で「米国は日韓両政府が慰安婦問題という敏感な歴史問題で合意に至ったことを歓迎する」と評価した。さらに「国際社会に対し、今回の合意を支持するよう呼びかける」とした。

 オバマ政権は、日韓関係の悪化が日米韓の連携を軸とする東アジア戦略をほころばせかねないとして、両国首脳らに関係改善を促してきた。ケリー氏は「米国は日韓両国と地域および地球規模の課題で引き続き協力し続けることを楽しみにしている」と強調した。

 また、ライス氏も声明で「今回の合意と合意の完全な履行を支持する」と表明し、国際社会に歓迎されるべきものだとの認識を示した。

 米国の2人の政府高官が声明を出し、いずれも「国際社会の支持」にも言及したのは、日韓関係改善への期待感を示すとともに、合意が覆されることなく履行されるように外堀を埋める狙いがある。同時に、米国内で起きている韓国系米国人らによる慰安婦碑や慰安婦像の設置などの動きを沈静化させたいという思惑もにじむ。


慰安婦問題について安倍総理が余計な発言をしなかったら、
日韓関係に於いて、この問題は遠の昔に折り合いがついていたのである。
それを安倍総理が独りよがりの発言をして、ええかっこしたばっかりに、
日韓関係はここまで拗れ、
世界中に慰安婦の像を作られて、
日本は大恥をかかされる事になったのである。

安倍総理が信念を持って主張し、最後まで突っ張っているのなら兎も角、
アメリカに要求されたら、イチコロデ転んで終って、
日本は10億円もの予定外のお金を払わされる事になってしまった。

この合意をアメリカがもろ手を挙げて、褒め称えるのは当然の事である。
元々アメリカに要求されて、安倍総理が例の如くアメリカに隷従しただけの事なのだから・・・・・

「これで日本と韓国と共同戦線を張らせる事が出来る」とアメリカ軍部はほくそ笑んでいることだろう。
そんな事にならないために、安倍総理には地位を掛けてアメリカに抵抗して欲しかったが、
安倍総理にはそんな愛国心等皆無である事が、今回の事で益々明白になった。

安倍総理は徹頭徹尾、芯からの買弁政治家だったようである。

Comments

安倍さん何か言いましたっけ?
たとえ安倍さんが何を言っても、その前から拗れていたし、挺対協なんてそれでご飯食べているわけですから、まとまるわけなかったと思いますよ。まとまると困る人達が日本国内でも騒いでいるようですが、文句言う先は日本政府じゃなく、その条件で合意をした韓国政府だと思うんですよね。
アメさんの指示はもちろんあったのでしょうけど、日本国内でも評価の高い合意みたいですね。対中国という意味でも日米の勝利と書いている新聞もあったようですし。
韓国がそのうち蒸し返すんでしょうけど、どういった理屈をつけるのか。それが楽しみです。

とろ様

コメント有難うございます。
安倍さんは2007年と2013年に問題発言をしていますよ。

先ずは2007年3月
従軍慰安婦「強制の証拠ない」=河野談話の見直し否定せず-安倍首相(時事通信)
http://www.asyura2.com/07/senkyo31/msg/492.html
投稿者 片瀬テルミドール夏希 日時 2007 年 3 月 03 日 07:24:53: x0P0raHFBfKZU
3月1日23時2分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000217-jij-pol

 安倍晋三首相は1日夜、従軍慰安婦問題を謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話について「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実だ」と述べ、旧日本軍が従軍慰安婦を強制的に集めて管理した証拠はないとの認識を示した。また、談話見直しの必要性に関しては「定義が大きく変わったことを前提に考えなければならない」と語り、否定しなかった。首相官邸で記者団の質問に答えた。


http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/911.html
安倍首相(日本政府)は、日米首脳会談で従軍慰安婦認識問題の謝罪をしなくて済むよう、訪米前の電話首脳会談でブッシュ大統領に謝罪を行った。

 外務省は、その電話会談については、“なぜか”、外務省サイトの第一次「安倍総理大臣 首脳会談記録」の履歴から除外し“秘密”にしている。

 そのような理由から、現在でも見られるAFPの関連記事を紹介する。
 タイトルは、「「従軍慰安婦問題の謝罪」、ブッシュ大統領が安倍首相を評価 - 米国」(2007年04月04日 09:03 発信地:米国)というものである。
 記事には、「国家安全保障会議(NSC)のゴードン・ジョンドロー報道官によると、2人はこの日、電話で会談した。ブッシュ大統領は、安倍首相が「旧日本軍が強制的に連行した証拠はない」との認識を示した自身の発言に対し前月の参議院予算委員会で謝罪したことについて、満足感を示し、「今の日本は第2次大戦時の日本ではない」とコメントした」と書かれている。( http://www.afpbb.com/article/politics/2206510/1485757 )


2007年に慰安婦問題を蒸し返す発言をしたために、アメリカ(ブッシュ政権)の怒りを買った為に、アメリカ政府に謝罪の電話をいれている。

しかし、
2013年第2次安倍内閣になってから、慰安婦問題の質問を受けたとき、
安倍総理は慰安婦問題で謝罪していないと、真っ向から否定する事によって、
再び慰安婦問題を巻き起こし、韓国からだけではなくアメリカ及び世界各国からの非難をウ、得る事になり、
韓国だけでなく、アメリカ合衆国ないにも慰安婦の像が作られたことは記憶に新しい。

これ総て、ブッシュ大統領に慰安婦問題で謝罪した覚えはないと、辻事議員の質問に答えた事に端を発している様です。
http://d.hatena.ne.jp/dj19/20130309/p1
 

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2541-9015f0cc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。