Dendrodium これで津波を防ぐ事が出来るの? 浜岡原発の防波壁

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで津波を防ぐ事が出来るの? 浜岡原発の防波壁 

浜岡原発で防潮壁が完成したそうです。(こちら
浜岡原発防潮堤
浜岡原発の防波壁は標高22メートル全長1・6キロだそうです。
壁をすぐ傍で見たら、もっと部厚いのでしょうが、
高さ長さとの比較からすると、こんな風に見えるのですね。

22メートルの津波でも大丈夫なように、壁の高さを高くしたのでしょうが、
水槽の壁だったらこの程度の厚さでも、水を支える事が出来るかもしれませんが、
膨大なエネルギーを孕んで押し寄せてくる、高さ22メーターもある津波が、
この様に薄い壁で防げるとはとても思えませんね。

もし原発運転中に津波が来たら、
この壁の残骸で原発が壊され、
現場は防波壁がなかったよりももっと大変な事態となる事でしょう。
この防波壁の建設費用に1500億円も掛かったのだそうです。

この様な百害あって一利なし的な防波壁でも、
電力会社は発電の為に必要なお金という事で、
その費用は電気代に上乗せされ、
消費者から徴収されるのでしょう。

原発の再稼動を中止にさえしていたら、
この様な無駄遣いをせずに済み、
電気代も余計な費用を上乗せされずに済んだ事でしょうに、
どうして政府は東電であれほどの被害が出たのに、
地震国日本での原発の再稼動に執着するのでしょう?

Comments

確かにペラペラな感じの壁ですね。
ちゃんと計算されたうえで作っているんでしょうけど、これで大丈夫なのか不安になります。
周囲に住んでいる方々にとっては、津波が来そうなときに逃げこむ場所は出来たということですね。ここでダメなら周囲は全滅でしょうし。

なるほどね

確かにペラペラな感じの壁ですね。
ちゃんと計算されたうえで作っているのか不安になります。
周囲に住んでいる方々にとっては、津波が来そうなときに逃げこむ場所になるのでしょうか?周囲が全滅ならここもだめそうですね。   

・・・という見方もできるのですが、どっちの見方をするにも壁のチェックが必須です。壁の強度の実際をチェックできない限りは「安全を思わせる」よりは「危険を思料する」べきが批判的精神というものです。

追記

周囲が全滅するのと原発がダメージを受けることは被害の意味において重大な差異があることを認識しましょうね。

パンダ様

周囲の全滅と原発のダメージ、
どちらが重たいと思われます?

どうして壁のない周囲がダメな場合、壁のある場所もダメなんですか?

頑張ってね

以前、私が「原発は危険だ」と言ったら、ある御仁が「どこが危険ななのか言ってみろ?」と食い下がったが、切り返しとしちゃあそれと同じレベルだね。あまりに根幹のことは説明しずらいものだが、そこを狙って突いた場合、切り返されたら自分が基本的にダメなことを暴露することになるのだけどね。

> 周囲の全滅と原発のダメージ、
> どちらが重たいと思われます?

どっちも重たいよ。けどね、異質なダメージだよ。私は「差異がある」と言ったよ。被害というものはその大きさや質を「重さ」けどね。

>どうして壁のない周囲がダメな場合、壁のある場所もダメなんですか?

もう一度私の文を読んでね。それでもなお同じ質問がしたいのならそうしてね。ちゃんと解説するからさ。以下、私があなたをパクった「例文」↓↓

>>確かにペラペラな感じの壁ですね。
>>ちゃんと計算されたうえで作っているのか不安になります。
>>周囲に住んでいる方々にとっては、津波が来そうなときに逃げこむ場所になるのでしょうか?周囲が全滅ならここもだめそうですね。

どうですか?まだ解りませんか?(笑)

   

訂正

× 被害というものはその大きさや質を「重さ」けどね。

○ 被害というのは「重さ」以前に「大きさと質」に分けなきゃいけないのね。その上で規模に合わせて重さを語れるのね。

パンダ様

まだ解りません。
無学な私に丁寧な解説をお願いいたします。

とろ様 パンダ様

コメント有難うございます。
とろ様
>周囲に住んでいる方々にとっては、津波が来そうなときに逃げこむ場所は出来たということですね。ここでダメなら周囲は全滅でしょうし。

冗談じゃないでしょう。
津波が来た時にどうして危険な原発のあるところ、に逃げ込まねばならないのです?

それに
>確かにペラペラな感じの壁ですね

と仰いましたよね。それなのにこの下に逃げ込んだら、地域住民の全滅が防げるなんて如何してそんな想像をされるのでしょうね。

津波の時は少しでも高い所というのは、東北大地震で繰り返し聞いた所ですのに・・・・・

パンダ様
この様に彼の前提(この防波壁で村民の全滅が防げる)は、事実無根なのですから、
パンダさんは彼の質問を、もう無視なさっても良いと思いますよ。

彼は只、引き伸ばし戦術に出ているだけなのですから

ブログ主様

何も防ぐものがない平地にいて津波が来たときに、目の前に壁つきの原発があったら、真っ先にそこに逃げ込むと思いません?私ならまず津波を避けることを考えますけどね。おかしいかな?
そりゃ山なり高いところに行ける人はいいでしょうけど、そんな人ばかりじゃないですからね。
高いところに行くには時間がない、近くにこれといって津波を防げるような施設は原発しかない。確実に防げるかはわからない、原発は危険だからそんな所に行くぐらいなら津波に飲まれても・・これはこれで一つの選択ですね。

引き伸ばし戦術って・・面白いですね。

とろ様

>引き伸ばし戦術って・・面白いですね。

引き伸ばし戦術など、ちっとも面白くなんかありません。
もう無意味なコメントは入れないで頂きたく思います。

面白いですねっていうのは、面白いこと言われますねってことだったんですが、言葉足らずで失礼しました。私が引き伸ばし戦術なんてとる意味ありませんし。
今年も記事を楽しみにしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2539-f1181f6b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。