Dendrodium 公務員給与と民間給与との格差が出来ていった経過

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公務員給与と民間給与との格差が出来ていった経過 

先日私が書きました記事「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)今年7~9月期7兆8899億円の運用損 」に、とろさんから、公務員給与があがるのは、民間が上がっているからだと思いますよ。人事院勧告に基づいているわけですし。という反対コメントがあったのですが、私が無知をさらけ出す前に、
隠居老人さんがコメント欄で、公務員の昇給は民間に合わせて(上げて)いるだけというのが、如何に出鱈目な言い分であるかを下記のように詳説して下さっていました。

嘘つきに騙されるな

>公務員給与があがるのは、民間が上がっているから

霞ヶ関のシロアリどもがよく言う台詞だな。

国税庁によれば、全国約258万社ある法人の
一人当たり給与はこの9年間、ずっと下がり続けている。
(詳しくはアカハタを読んでね。)

ただし、経団連に加盟するような大企業だけは
この3年間ほど、給与が上がっている。

じゃ、経団連の加盟企業数は? 約1650社しかない。
日本の全法人の0・00064分の1しかない。
0・064パーセントだよ。宝くじみたいな確率だ。

ついでに書いておくが、白蟻どもがよく口にする
「日本の官僚は約400万人しかいないので、
人口比率では先進国の中でも少ないほうです」
↑ これも大嘘だ!

確かに、正式な役人は400万人しかいない。
だが、「隠れ官僚」というべき○○機構といった名称の
外郭団体や、それにぶらさがった特殊法人に所属する
白蟻や蛆虫どもが600万人以上もいる!
あまりに多いので、誰もその全体数が把握できない。

政府の借金1千兆円は、全部この蛆虫どものせいだ!

今まで規制改革、制度改革を主張してこの戦前から続く
旧体制を本気で変えようとした政治家が何人かいたが
全部、潰されてしまった。

国民も馬鹿なんだ、すぐに忘れてしまうから。

坂篤郎 1947年生まれ。東大卒。大蔵官僚。
内閣府審議官、内閣官房副長官を経て日本郵政株式会社社長。
社長退任後、同社顧問。週に1回出勤し、年収1千万円。
批判が出て顧問を退任したのが、2014年3月5日。

ほら、こんな白蟻がゴマンといるのだよ。
そんな1年も昔のことは覚えていないって?
[2015/12/05 01:47] 隠居老人



すると、とろさんはこれでも納得する事を拒んで、色々と書いてきておられました。
それに対する隠居老人さんのコメントが下記のものです。

盗人猛々しいとはお前のことだ

>アカハタの記事がどこにあるかわからなかった

自分で探しなさい。

1991年、公務員の年収は約480万円で、民間とほぼ同じだった。

大きく変化するのは、1998年のこと。
1997年、消費税3%を5%に引き上げたために
山一證券など多くの企業が倒産した。
1998年の人事院勧告はマイナス1・1%だった。
マイナス10%の間違いではなかったのか?

霞ヶ関の白蟻・蛆虫どもの間違った施策によって
とんでもない不景気と混乱を巻き起こしたというのに、
誰一人として責任をとろうとしないんだ、お前らは。

それ以後も、「上げる時は民間と同じ」だが
「下げる時は知らん振り」が続いて、格差が拡大する。

が、10年も前の話だともう「知らない」「忘れた」だ。

では「忘れた」と言わせない昨年の話をしよう。

2014年4月より国家公務員(約56万人)の給料は
前年度より約8%アップした!

昨年の4月といえば、消費税が5%から8%になって
国民の関心がほとんど将来の生活不安に脅えていた時期だ。
そんな時に、国家公務員という名の蛆虫どもは
自分たちの給料を8%もアップしたのだよ。

おい、よもや忘れたとか知らないとは言わせないぞ。
どれくらいアップしたかと言えば、35才モデルで
月額給与が2万1千円、ボーナスも含めた年収では
約36万7千円もアップしたのだ。モデル年収で
465万2千円になる。
これだけアップすりゃ、消費税なんぞ関係ないだろ?


もちろん、これにはカラクリがある。
2011年の東日本大震災について、復興財源が
不足することから、2013年1月より25年間
復興特別税として所得税を2・1%上乗せして払う。
また2014年より10年間、住民税にも上乗せされる。

ところが、だ。公務員の皆様だけは2012年と2013年の
たった2年間だけ支払えば充分です! って、
どこの世界にこんな馬鹿な話があるというのだ?

一般国民は25年間、復興特別税を払い続けなさい。
公務員の皆様は2年間だけで充分ですだって???

霞ヶ関の蛆虫どもをゴキブリに例える人がいる。
この前、ゴキブリが嘆いていたよ。
「俺たちはあんなに酷くない。一緒にするのは止めてくれ!」
蛆虫からの反論を待っています。
[2015/12/06 18:17] 隠居老人


反対コメントを下さる人の中には、とろさんだけでなく時々、
どんなに理の通った説明であっても、何故か酷く物分りの悪くなる人があります。
彼等は自分自身の考えを述べているのではなく、
権力機構が国民を「騙す」為に、マスコミ等色々手を尽くしている隠し事を、
暴いていると感じた時、そのブログ等の「言い分」を否定して見せて、
既に騙されている人々(所謂馬鹿ウヨ)が、その信念(信仰)をぐらつかせたりしない様に、手を打つのが仕事なのではないかと感じられます。

誰かのブログを読んで、馬鹿ウヨが疑問を持った様な時、
「そのブログの記事だったら、それは大嘘だ。私が一寸批判して見せたら、そのブログ主はグーの音も出なかったんだよ」
と言って、反論したコメント欄のURLを書いて、
政府や彼等が信奉している政治家に対し、疑問を持った馬鹿ウヨを騙し納得させるのに使う為とか・・・・・

しかし、考えようによっては彼等も気の毒な人たちです。
自分達の将来を壊そうとしている人たちの手先となって、
一生懸命ワルジエを捻らねばならないのですから・・・・・

真に国のためになる仕事に打ち込んでいる者が上司にいてくれたら、
下の者は皆の為になる仕事をすることが出来、心から誇らかに働けるのですか、
売国奴が政権を取ってしまったとき、
その部下達や権力に抗えない経営者を持ったマスコミや広告業界の従業員達は、
政府が売国的行為をしていても気付かない振りをしたり、庇ったりせねばならなくなるのですから・・・・・

今、本当に国の為に働く政府を持つことが出来ないのも、
日本が戦後ずっと属国状態を抜ける努力をしてこなかったからだと思うと、
そんな事に気付きさえしなかった私自身にも、幾許かの責任があるのかもしれません。
民主主義という制度はある意味厳しい制度でもありますね。

Comments

給与格差の怖さ

和久希世様、私のコメントで記事をたてていただき
本当にありがとうございます。

日本では一億総中流と言われた栄光はすっかり過去となり、
国民の格差は拡大し続けています。

以下に数字を並べます。じっくりとご覧ください。

国家公務員の平均年収 662万6千円
(賞与164万1千円を含む 平成26年)

サラリーマンの平均年収(平成26年)
厚生労働省の「民間給与実態調査」による


サラリーマンの平均年収 415万0千円

■ 正規雇用者 477万7千円

 ▲ 正規雇用者(男性) 532万3千円
 ▲ 正規雇用者(女性) 359万3千円

■ 非正規雇用者 169万7千円

 ▲ 非正規雇用者(男性) 222万3千円
 ▲ 非正規雇用者(女性) 147万5千円


日本では、年収222万円以下を貧困層と呼びます。

隠居老人様

コメント有難うございます。
引用の事快くご了承下さり有難うございます。

>正規雇用者  477万7千円  
>非正規雇用者 169万7千円

正規雇用と非正規雇用の給与差が倍半分処か、3倍近いなんて、
昔(昭和40~50年代)だったら考えられなかった位に、大きくなっているのですね。

それで、派遣会社の役員をしている某という小泉内閣で悪名を馳せた元大学教授が、格差を是正する為に正規雇用を失くせ等と言っていたそうですが、
派遣をなくせとは言わないのですよね。
現在の彼は派遣業で暴利を得ているのですから・・・・・

公務員給与を下げず民間給与を挙げよ

皆さん議論されているように、公務員給与と民間、特に非正規雇用者の給与との格差があまりに付いてしまったのは問題と思います。過疎化が進む地方では御殿に住んで高級車に乗っているのは公務員だけ、という話もあります。

ただ一方的に「ならば公務員の給与もどんどん下げて生活レベルを落としなさい」、というのも結局日本人全体の生活レベルが落ちる結果になるだけのように思いますし、個人消費が益々落ち込み経済が停滞するだけのようにも思います。公務員の生活を標準として民間の給与も上げる事、組織内に利潤の剰余蓄積をさせないよう法整備することの方がやるべきことのように思います。国民全体の給与が上がって経済が活性化されれば、消費税を上げなくても税収は増えます。

米国は組合が強くて同一労働同一賃金の規則があったのですが、それが徒になって単純労働をアウトソーシングされて労働者が中間層に留まることができなくなりました。要は公務員給与が高いのが根本悪ではなく、グローバリズムによる労働という商品を海外の安い商品で賄うことを可能にしようという制度が悪いのだと思います。

TPPを進める安倍政権は「愛国の衣をかぶったグローバリスト革命左翼政権(米国では民主党はグローバリズムを進める革新政党ということになっている)」だと思います。表面的に戦前回帰の右翼政権のように見せていますがよく見れば保守的な所などかけらもありません。

日本人、日本の労働者を大事にする法案を作る政府・公務員であれば多少高額の給与をもらっていても私はOkを思います。ちなみに私は元公務員ですが今は民間人です。

rakitarou 様

コメント有難うございます。
>日本の労働者を大事にする法案を作る政府・公務員であれば多少高額の給与をもらっていても私はOkを思います。

全く同感です。
ここに尽きるでしょうね。

しかし現実の公務員は多国籍企業の意を受けて、
TPPや戦争法案(集団的自衛権の行使容認)などで、
国民の生活を破壊し、
格差を広げる政治を、
政治家を誘導してさせているのですから、
そんな者の給与を上げる等、国民としたら言語道断の事です。

しかし、陰の権力が日本の公務員を嘉し給もうていたら、
主権者である筈の私達国民には、どうしようもないのが現実なのです。

それなのに彼等権力者達は、日本(米国)が民主主義国であるという看板に偽りがあるという事さえ、認めようとしないのですから・・・・・

一応当事者なので

8%上げと復興特別税の件について
理が通っている説明とは思えないのですが。
私が間違っているんですかね。

とろ様

コメント有難うございます。
>8%上げと復興特別税の件について
理が通っている説明とは思えないのですが。

その件に関しましては、私にはよく分かりかねますが、
その様にディベートの様なものを吹っかけても、相手を論破しようとなさる姿勢に、疑いを禁じえなくなるのです。

貴方がそうであるかどうかは置いておいて、
そういうミッションを負っている人にも、それぞれに事情があり、
そんな事をしている事に。哀しくなることもあるだろうと、同情を禁じえない部分もありますが、
政府の諸悪を論じて、国民同士手をつなぎ、悪政からの開放をめざしてブログを書いている者としては、
国民を食い物にしようとしている権力の為に、ディベートを仕掛けてくる人は、無視出来ません。(無視するのが一番なのかも知れませんが・・・・・)

私は議論するのが好きな方なので、色んな人のお相手をしてきましたが、
それだけではなく、悪徳権力の代弁者が勝手な事を言いっぱなしで、逃げるのを許したら、
その記事が馬鹿ウヨを騙し続けるのに利用されるかも知れないので、
やっぱりある程度は、論破せねばならないとも思います。

その時どういう言葉遣いをするかは、それぞれの芸風(?)の違いで、
枯れているかどうかの違いではないと思いますよ。

勘違いだと思ったので指摘させていただいただけなんですけどね。

論破とかのレベルの話じゃないですよ。

勘違い蛆虫界代表 とろ殿

とろ殿 お前は本当に暇そうだね。それともこれがお仕事?

自分に都合が悪いことを無視する癖があるんじゃないのか。
だからこちらからの質問への回答は、選択式にした。
ABCから選んでちょうだいね。

1991年、公務員の年収は約480万円で、民間とほぼ同じだった。
しかし2014年、民間給与は415万円と下がっている。
しか~し、公務員の給料はどんどん上がっている。
これはおかしいよね。人事院勧告通りにしていただけだって?
では、人事院がおかしい。この経緯はアカハタの記事で確認を。

>アカハタの記事がどこにあるかわからなかったので
>宜しければ教えてください。
>>自分で探しなさい。

私が↑の「自分で探しなさい」と書いたのは12月6日だ。
1週間近く経っているのに、返事がないのはなぜかな?
次の3つから選んで答えなさい。

(A) まだ探してない。
(B) 探したが、自分に不利な記事ばかりなので無視した。
(C) 探したが見つからなかった。

なおCの場合のみ、どのようなキーワードで検索したのか
その詳細を書いてください。「時間がなかった」は駄目だよ。


>「平均7・8%の給与削減が2012年4月から始まった。」
>給料が上がったのは間違いないですが、正確に言うなら元に戻ったですね。

2012年4月からすると、2014年4月に国家公務員の
給料は、正確に言うなら8・5%上がっているぞ!
蛆虫界では7・8%下げて8・5%上げることを
「元に戻す」というのかい。えっ、どうなのだ?
0.7%くらい、大目に見ておけっていうのか?

いいか、ここはよく聞け。
同じ2014年4月から年金支給額は0・7%引き下げられた。
国民年金を満額で受け取っている人は2013年度と比べ
月額で475円減の6万4400円となったのだ。
厚生年金を受け取る標準世帯では、毎月1666円下がった。

年金生活者にとって、この0・7%は大変な意味がある。
蛆虫は0・7%くらいは誤差の範囲だって言うのか。
勘違いでしたじゃ済まないからな。この嘘つきめ。

元々の記事は、GPIFが7~9月期の運用実績で
7兆8899億円の損失を出した、というものだった。
「国民の大事な年金資金がカラッポになる不安が現実味を帯びてきた。」

この損失額は、国民一人あたりにすると6万5000円位。
ここで質問を出すと3ヶ月で6・5万円という金額だが、

(A) とろにとって6万5000円はたいした金ではない。
(B) とろにとって6万5000円は大金である。

さあ、どっちだ?

GPIFが運用していたのは、厚生年金と国民年金だけ。
公務員が国から多額の援助を貰う共済年金は含まれない。
つまり、公務員は1円の損もしていない。
ところが、こんな返事をした馬鹿がいた。お前さんだよ。

>今年の10月から共済と厚生が統合されたんですが、その資金は
>どうなっているんですかね。一緒になって投資されている
>ような気もしますが、ちょっとわかりませんでした。

「わかりませんでした」って、何が分からないんだ?
いいか、ここで問題にしているのは7~9月期の実績だ。
10月から共済年金が統合したって、関係ないだろうが。

蛆虫界代表として頑張ってきたが、とうとう年貢の納め時だ。
さあ、元記事の冒頭部分は、次のどちらか選んでくれ。

(A) 国民(蛆虫含む)の大事な年金資金がカラッポに
なる不安が現実味を帯びてきた
(B) 国民(蛆虫抜き)の大事な年金資金がカラッポに
なる不安が現実味を帯びてきた

勘違いなんて言い訳はするなよ。とろ殿は蛆虫界の
ご立派な代表なんだから。(パチパチパチ)


私にとって、お前ら税金泥棒に掠め取られた金は全部
○○○○○だ。

隠居老人様

お元気そうで何よりです。

ちょっと古いですが、国家公務員の給料がどんどん上がってるわけじゃないという資料です。
http://www.jinji.go.jp/kankoku/h22/pdf/22setumei.pdf
ただ、民間もそうですが、平均というのは曲者なんですよね。

アカハタの問いは(A)です。

0.7%くらい、大目に見ておけっていうのか?
→いや、ごもっともです。物事は正確に書かないといけませんね。
2年前と比べて0.7%上がった!・・ですね。隠居老人様の認識もこちらで宜しいということですか。?

3ヶ月で6・5万円という金額だが・・・
→これはBですね。

元記事の冒頭部分は、次のどちらか選んでくれ。
→これに関してはどちらでもないですね、今のところ。GPIFのホームページ御覧になってるようなので運用成績載っていたと思うのですが、現状利益を出していますから今すぐにからになる不安はないでしょう。

ちなみに、私は公務員ではありませんよ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2524-6118f897

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。