Dendrodium IS爆撃帰りのロシア軍機を撃墜したトルコを庇うNATO

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IS爆撃帰りのロシア軍機を撃墜したトルコを庇うNATO 

ロシア軍機撃墜:NATO、露に警告「トルコ領侵犯」確認
毎日新聞 2015年11月25日 11時54分(最終更新 11月25日 15時00分)

 【ブリュッセル斎藤義彦、ニューヨーク草野和彦】トルコの戦闘機がロシアの戦闘爆撃機を撃墜したことを受け、北大西洋条約機構(NATO)は24日、加盟国トルコの要請で緊急理事会を開き、ロシア軍機がトルコの領空を侵犯したことを確認し「トルコが領土(領空)を保持することを支持する」と、ロシアに警告した。ストルテンベルグ事務総長は露トルコの直接対話による緊張緩和を求めた。

 事務総長は「複数の加盟国の状況分析とトルコの情報が合致している」と述べ、NATOとして露軍機が領空侵犯したと判断したことを明らかにした。事態は「深刻だ」と述べた。今後も「NATO(と域外)の境界での事態を注意深く追う」として、ロシアが報復などの行動に出ないよう警告した。

 ロシアの軍事行動について「過激派『イスラム国』(IS)がいない地域を標的にしている」と批判。「共通の敵はISだ。あらゆるISとの戦いを歓迎する」と述べ、ロシアに軌道修正を求めた。その一方、事態を「沈静化すべきだ」と強調。露トルコ間で、双方の行動を透明化し、衝突のリスクを減らす対話の仕組みを構築するよう促した。

 ロイター通信が米当局者の話として伝えた内容によると、露軍機は撃墜される前、シリアの反体制派でトルコ系トルクメン人の部隊を爆撃。トルコが反体制派のトルクメン人を支援する一方、ロシアはシリアのアサド政権を支持しており、シリアを巡る対立が撃墜に発展した可能性がある。

 一方、トルコのチェビック国連大使は同日、国連安全保障理事会と潘基文(バンキムン)事務総長に書簡を送り「国籍不明のスホイ24戦闘爆撃機2機」が自国領空を侵犯したことから1機を撃墜したと説明し、自国の対応は正当だったと主張した。

 毎日新聞が入手した書簡によると、現地時間24日朝(日本時間同日午後)、スホイ爆撃機2機がシリア国境に近い自国領空に接近したため、トルコ側は5分間で計10回、進路を南へ変更するよう警告した。さらに、同日午前9時24分(日本時間同日午後4時24分)ごろ、2機はトルコ領空に約2.52〜2.13キロ入り込み、17秒間にわたり侵犯。1機は領空外に出たが、残った1機を撃墜したと記している。


オバマ大統領は「すべての国と同様、トルコには領土および領空を保全する権利があると言っておられる(こちら
それならNATO軍は誰の許しを得てシリアの領空に進出しているのだろう?
NATO軍はISという悪者を退治する為だから、世界から許されるという立場なのだろうけれど、
それなら同様にIS撲滅に従事するロシアの戦闘機を、
証拠も提示しないまま、一方的に撃墜したトルコを庇うのは矛盾しないだろうか?

トルコがロシア軍機がIS以外の、シリアの反体制派でトルコ系トルクメン人の部隊を爆撃したから、
それが許せなかったという話もある様だが、
もしそれが本当だったとしても、相手国に抗議し相手国を納得させる努力もしないまま、
いきなり撃墜するのではトルコのやり口は、道義に反する、無茶苦茶な対応であったと言うべきなのではないだろうか?

NATO軍だってシリアでISを爆撃するという口実の下、
勝手に(シリア政府の了解を得ないまま)シリアで爆撃して廻っていたが、
ISだけでなく、シリアのインフラも爆撃して廻っていたという噂もある。
シリアがNATO軍に反撃しなかったのは、
弱小国がアメリカ主導のNATO軍に反撃等したら、
逆に返り討ちにあって、シリアは忽ち滅ぼされるだろうという見通しからで、
シリアはNATO軍の不法行為に、泣き寝入りしていただけだろう。

シリアにはNATO軍に反撃する力がないから、泣き寝入りさせられていたのに、
アメリカ大統領はシリアはNATO軍から領空侵犯されても、
全然痛痒を感じていなかったとでも思っておられたのだろうか?

それとも弱小国は大国にどんなに痛めつけられても泣き寝入りするべきで、
泣き寝入りがいやだったら、命がけで反撃すれば良いとでも思っておられるのだろうか?

もしそう考えておられるのだったら、
アメリカが国際法を持ち出して、トルコを庇われるのは矛盾しているのではないだろうか。

場合によっては法律を楯にし、
場合によっては法律を無視するのでは、
法治主義とは言えないだろう。

大体、アサドを退陣させる気のないロシアが悪いというのでは、
アメリカはシリアの主権を侵犯している。
国連決議に内政不干渉の原則があるではないか。

友好関係原則宣言、1970年国連総会決議2625には
いかなる国又は国の集団も、理由のいかんを問わず、直接又は間接に他国の国内問題又は対外問題に干渉する権利を有しない。したがって、国の人格又はその政治的、経済的及び文化的要素に対する武力干渉その他すべての形態の介入又は威嚇の試みは、国際法に違反する。いかなる国も、他国の主権的権利の行使を自国に従属させ又は他国から何らかの利益を得る目的で他国を強制するために、経済的、政治的その他いかなる形の措置も使用してはならず、またその使用を奨励してはならない。とある。

トルコが反体制派のトルクメン人を支援する一方、ロシアはシリアのアサド政権を支持しており、シリアを巡る対立が撃墜に発展した可能性があるということだったけれど、
こんな不当な理由で他国の飛行機を撃墜するトルコを、擁護するアメリカ大統領は、
内政不干渉の原則に関する国連決議を何とお考えなのだろう?


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://dendrodium.blog15.fc2.com/tb.php/2514-705c8b12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。